最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

ページ移動

トップページ | 次ページ>>

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編)

  1. 名前: K-01 2017/06/17(土) 18:09:00
    最終章です。

    〇2月8日
    今日は南島最南端を経由しつつ、ダニーデンという街を目指します。

    DSC_6095s.jpg
    ホントにこっちの道は気持ちいい。

    DSC_6099s.jpgDSC_6101s.jpgDSC_6102s.jpg 
    羊羊羊…

    DSC_6100s.jpg 
    羊!
    今日は人生で一番羊を見る日になりそうです。

    DSC_6103s.jpg 
    それにしてもいい天気です。

    DSC_6106s.jpgDSC_6107s.jpg
    こっちに気づいてすぐ遠ざかっていく羊たち。
    ぼっちにしないでー

    DSC_6108s.jpg 
    それにしても実にいい天気です。

    DSC_6110s.jpgDSC_6113s.jpg 
    ホントにトロけそうなほど長閑です。

    DSC_6120s.jpg 
    スロープポイント、この先がニュージーランド南島最南端です。

    DSC_6121s.jpg 
    牧場の中を延々と歩いていきます。

    DSC_6123s.jpgDSC_6124s.jpg
    南米にいなければ世界最南端の羊たち。

    DSC_6125s.jpg 
    もう少しです。

    DSC_6126s.jpg 
    到着。

    DSC_6129s.jpg 
    最南端とは言ってもこの看板が立っているだけ。

    ちなみにNZ最南端はここではなく、スチュワート島という島です。

    DSC_6127s.jpg 
    運が良ければペンギンが見れるそうですが、今日は不在のようで…

    DSC_6128s.jpgDSC_6130s.jpg
    南極見れるかなーとか思いましたが、ここから4800kmも離れていては見れる訳もありません。

    DSC_6131s.jpgDSC_6132s.jpg
    この荒涼感が実に素晴らしい。

    DSC_6133s.jpg 
    ポツーンと立ったこの錆びた灯台よ。

    DSC_6138s.jpgDSC_6139s.jpg
    また羊たちの間を通り抜けて戻っていきます。

    DSC_6142s.jpgDSC_6146s.jpgDSC_6147s.jpg
    あー長閑ですねー

    DSC_6150s.jpg
    イルカに触れないでね。

    DSC_6151s.jpg
    サーファーたちが喜びそうな海岸。

    DSC_6152s.jpgDSC_6153s.jpg
    この辺りも運が良ければペンギンが見られるそうですが生憎留守のようです。

    DSC_6157y.jpg 
    ん?あそこにチョビチョビいる豆みたいなのは…?

    KemonoF.jpg 
    ketsudekaP.jpg
    前期の2大覇権アニメ(大嘘)にも登場した彼らですね。
    一応この目で見ることが出来ました。

    DSC_6155s.jpg 
    また海岸ギリギリまで羊がいますね。

    DSC_6164s.jpg 
    どこも風光明媚過ぎて、徐々に飽きてきます。

    DSC_6169s.jpg 
    ナビ通り進んでいたら、こんな道まで通らされる。

    DSC_6170s.jpg 
    SUV車で良かった。

    DSC_6199s.jpgDSC_6177s.jpg 
    ナゲット岬といういい感じの灯台があるというので降りてそこまで行ってみる。

    DSC_6179s.jpg 
    あれですか。

    DSC_6180s.jpg 
    確かにこれは良さげな灯台。

    ふと道の途中で通行人が崖の下を指しながらザワザワしているので
    私もそちらを見てみたら…

     DSC_6182s.jpg
    なんか岩盤の上でまた豆のようなものがモゾモゾしてますね。

    DSC_6181y.jpg 
    もしかしてこれは…

    Robimama.jpg 
    ロビ!ロビじゃないか!

    DSC_6185s.jpg DSC_6188s.jpg

    DSC_6190s.jpg
    到着。

    DSC_6191s.jpg 
    ナゲット岬。あの先端の岩がナゲットに見えなくも…なくもない。

    さて、今宵の最終目的地ダニーデンを目指します。

    DSC_6202s.jpg 
    もう十分堪能しました。

    DSC_6208s.jpg 
    ダニーデン市街地に突入。

    DSC_6211s.jpg
    今宵の宿「Law Courts Hotel」
    今回の宿で一番安いけど、一番満足したホテルでした。

    DSC_6225s.jpgDSC_6227s.jpg
    ダニーデンはクライストチャーチと違って、
    スコットランド系の移住者の街らしく、こんな感じの古めかしい建物が目立ちます。

    DSC_6213s.jpg
    ホテルからほど近くにダニーデン駅。

    DSC_6214s.jpgDSC_6217s.jpgDSC_6218s.jpg
    定期旅客用としては使われてはいない駅ですが、タイエリ鉄道という観光列車がここから出ているので駅舎は立派です。

    DSC_6230s.jpg 
    また怪しげな日本料理店…
    こういうネオサイタマちっくな装飾をしてる店ほどオーナーは日本人じゃない。

    DSC_6224s.jpg 
    さすがに2連続でこういう店に入るのはどうかということで、
    今日はホテル近くの海鮮レストランでホタテのホワイトソース煮を喰う。

    DSC_6231s.jpg 
    さらにテイクアウトでつまみを買ってホテルで喰う。
    オレンジラフィーとかいう日本では聞いたこともない魚のフライ。美味しかったですけど。
    ワインは近くのスーパー…
    DSC_6235s.jpg 
    この「COUNT DOWN」で買ったミニワイン。
    ニュージーランドを旅してる間、至る所で見ました。

    DSC_6238s.jpg 
    夜のダニーデン駅。
    それではおやすみなさい。

    〇2月9日
    今日はこのダニーデン駅から、タイエリ渓谷鉄道に乗車します。

    DSC_6242s.jpg 
    朝!

    DSC_6244s.jpg 
    停車中の列車。

    DSC_6246s.jpgDSC_6245s.jpgDSC_6250s.jpg
    三菱製ディーゼル機関車。

    DSC_6252s.jpg 
    横を貨物列車が通過。

    DSC_6243s.jpg 
    座席。ノーザン・エクスプローラーよりは狭いです。

    タイエリ渓谷鉄道は一度廃線になった路線を復活させて、自治体や議会が中心になって観光列車を走らせている保存鉄道の一つです。

    発車。

    DSC_6254s.jpg 
    車庫。

    DSC_6256s.jpg 
    競馬場?

    DSC_6261s.jpg 
    デッキから。

    DSC_6263s.jpg 
    徐々に町を離れて…

    DSC_6269s.jpgDSC_6274s.jpgDSC_6276s.jpg
    山の中へ。

    DSC_6278s.jpg 
    途中に駅はあるんですが、誰も降りる気配はありません。
    というかこんな一日2,3本の観光列車の路線で途中で降りてどうすんだという…

    DSC_6289s.jpgDSC_6292s.jpgDSC_6295s.jpg
    川沿いをグネグネ。
    なんか予土線みたい…

    DSC_6296s.jpg 
    また駅。

    DSC_6297s.jpgDSC_6303s.jpgDSC_6306s.jpg
    徐々に渓谷めいてきました。

    DSC_6308s.jpgDSC_6309s.jpgDSC_6311s.jpg

    DSC_6310s.jpg
    こう川を渡っているときって下を撮りたくなりません?

    DSC_6315s.jpgDSC_6318s.jpgDSC_6321s.jpg

    DSC_6326s.jpgDSC_6329s.jpgDSC_6335s.jpg
    なんか似たようなアングルばかりですが、座った席がちょうどいいポジションだったので…

    DSC_6348s.jpgDSC_6349s.jpg
    渓谷を抜けて高原地帯へ。

    DSC_6350s.jpg
    対向列車とすれちがい。

    DSC_6355s.jpg 
    多分あの観光バスでやってきた客が乗り込んだ列車だと思います。

    DSC_6356s.jpgDSC_6357s.jpgDSC_6358s.jpg
    終点のプケランギ駅に到着。
    列車はさらに奥地のミドルマーチというところまで運行もしているのですが時期限定なので今回は辿りつけず。
    まあ、ここまでで十分車窓は堪能できましたが。

    DSC_6359s.jpgDSC_6361s.jpgDSC_6362s.jpg
    DSC_6363s.jpgDSC_6364s.jpgDSC_6368s.jpg
    機関車の付け替え中。

    DSC_6370s.jpgDSC_6371s.jpg
    停車中、駅付近を徘徊する乗客たち。
    出店も数軒出店してました。

    DSC_6369s.jpg
    しかし周りは基本的にこんな荒野。

    DSC_6375s.jpgDSC_6376s.jpg
    待ち合わせ小屋の中。

    DSC_6373s.jpg 
    約30分の停車後、ダニーデン目指して出発。

    DSC_6377s.jpgDSC_6378s.jpg
    列車が離れていくと同時に即座に店じまいを始める出店。
    この辺りに住んでいるんですかね?

    DSC_6380s.jpgDSC_6383s.jpgDSC_6387s.jpg
    来た線路をリターン。

    DSC_6392s.jpgDSC_6395s.jpg

    DSC_6396s.jpg 
    なんか下に狼みたいなのがいました。

    DSC_6403s.jpg 
    え?ここ駅?

    DSC_6397s.jpgDSC_6401s.jpgDSC_6405s.jpg

    DSC_6410s.jpgDSC_6413s.jpgDSC_6414s.jpg

    DSC_6416s.jpg
    え?ここも駅?

    DSC_6419s.jpgDSC_6420s.jpg
    なんか見覚えのある植樹の山。

     DSC_6422s.jpg
    平野部に戻ってきました。

    DSC_6425s.jpg
    斜面を下って…

    DSC_6426s.jpg 
    新種の生物?と思ったら、毛を剃られた羊でした。

    DSC_6427s.jpg 
    散々見慣れたNZの光景。

    DSC_6428s.jpg 
    見覚えのある競馬場?

    DSC_6430s.jpgDSC_6432s.jpgDSC_6433s.jpg
    ダニーデン市街地に突入。

    DSC_6435s.jpg 
    到着。

    DSC_6437s.jpg 
    いやー、今回全体的に鉄分が少ない中、なかなかいい補給が出来ました。

    DSC_6439s.jpgDSC_6440s.jpg
    ダニーデン駅近くに状態保存されてた蒸気機関車。

    ダニーデンを離れる前に少し街を散策。

    DSC_6443s.jpg 
    リヴァイアサンホテル?
    中二病心をくすぐるホテルですね。

    なんだか街中で目立つ尖塔があったので
    そちらの方へ行ってみると…

     DSC_6453s.jpg
    案の定教会でした。

    DSC_6449s.jpg DSC_6451s.jpg
    オタゴ・ファースト教会。

    DSC_6452s.jpg
    ステンドグラス。

    ここから駐車場に置いていたレンタカーに乗ってクライストチャーチに帰ります…が、その前に。

    DSC_6454s.jpg 
    今回最後の目的地、ボールドウィン・ストリート。

    一体この通りが何かといいますと…

    DSC_6455s.jpgDSC_6457s.jpg 
    よくTVでも取り上げられてた世界一急な坂です。
    ダニーデン市街地から車で10分くらいのところにあります。

    DSC_6459s.jpg 
    脇の家もご覧の通り。

    DSC_6460s.jpg DSC_6472s.jpg
    なんか樹も電柱もおかしい…

    DSC_6469s.jpg 
    車もこんなんです。

    DSC_6462s.jpg 
    ザ・スティーペスト・ストリート(直球)

    DSC_6463s.jpg 
    徒歩でなんとか昇って…

    DSC_6464s.jpg 
    頂上に到着。

    DSC_6465s.jpg 
    坂はここで終わりというわけではなく、90度に折れてまだ続きます。

    DSC_6467s.jpgDSC_6471s.jpg
    今度は下り。こんな急な坂だからホント危ないです。

    DSC_6477s.jpg 
    下に着きました。ホントなんて坂だ…

    DSC_6478s.jpg 
    そもそもこんな急な坂が出来たのは、当時ここに街をつくる時に地形のことを考えずただ直線に道路を引いてしまったから。
    チャールズ・ケトルという設計士が悪いみたいです。
    ボールドウィンさんが悪いわけではないです。

    Gaerio.jpg 
    ※この人はボードウィンさんです。

    DSC_6484s.jpg
    さて、いよいよクライストチャーチに帰ります。

    DSC_6496s.jpg 
    途中、ようやく走行中の貨物列車に遭遇しました。
    旅客は衰退しても貨物は盛況だそうです。

    DSC_6500s.jpg 
    無事クライストチャーチ空港に到着、車を返却。 

    DSC_6499s.jpg 
    3日間おつかれさまでした。
    なお、このホールデンというメーカー、オーストラリアの自動車メーカーらしいです。
    初めての外車がBMWとかアウディとかプジョーではなくホールデン…

    DSC_6501s.jpg 
    最後のホテル、空港近くの「JUCY Snooze Christchurch」

    DSC_6502s.jpg 
    夕食はもう面倒だったので近くのマクドで買ってきた奴。

    それではおやすみ。

    〇2月10日
    おはようございます。朝5:00です。

    DSC_6503s.jpgDSC_6504s.jpg
    早朝のクライストチャーチ空港。

    DSC_6506s.jpg 
    オークランド行き。

    DSC_6509s.jpg 
    到着。

    DSC_6510s.jpg 
    国際線ターミナルへ。

    DSC_6524s.jpg 
    関空行きは10:30分発。

    DSC_6511s.jpgDSC_6514s.jpgDSC_6518s.jpg
    出発するまで離発着する飛行機を眺める。
    この手前のキャセイ・パシフィックの機種が分からなかったけど、後で調べてみたらこれがエアバス社の新型機A350XWBだったんですね。

    DSC_6515s.jpgDSC_6516s.jpgDSC_6523s.jpg
    あの黒い模様好きですね。
    あとニュージーランド航空の模様はマオリ族の伝統模様をモチーフにしていることを初めて知りました。

    DSC_6531s.jpg 
    またあのふざけた安全ビデオを見て離陸。

    DSC_6532s.jpg 
    さらばNZ!

    DSC_6533s.jpg 
    10時間後、無事に関空に着きました。

    というわけで、ニュージーランド旅行終了です。
    とにかく羊だらけの国だった…

    今回初めてレンタカーを利用しましたが、まずは無事に行程を終えることが出来て何より。
    ニュージーランドは日本と同じ左側通行で、交通量も全然少ないので海外レンタカー初心者向けの国だと思います。
    鉄道では行けないようなロケーションにも行けて、いつもと違う旅が楽しめました。
    というか、そもそもこの国は公共交通手段だけじゃ観光は無理です。

    一方で鉄道は、行く前に地震で路線が不通になったり、行ってる最中に山火事で運航休止になったりと何かとついていない旅になってしまいました。

    これはまたリベンジしろということなのでしょうか?

    さて、次はスペイン&ポルトガルの記事だ…
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [未分類]

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編)

  1. 名前: K-01 2017/06/17(土) 12:16:00
    〇2月6日

    さて、今日から南島です。
    まずは空港へ。

    DSC_5787s_20170417002522f98.jpg 
    空港行きバス。

    DSC_5788s.jpg 
    ウェリントン国際空港到着。

    DSC_5789s_20170417002524d16.jpg 
    初めてのジェットスター。

    DSC_5790s_201704170025253bf.jpg 
    なかなか開放的な空港です。
    そういえば保安検査場がなかったような気がするのですが…
    国内線だったから?

    DSC_5792s.jpg 
    ガンダルフ!ガンダルフナンデ!?

    どうでもいいですが,ニュージーランドには昔ハーストイーグルとかいう巨大猛禽類がいたそうですね。
    同じくニュージーランドに生息していた巨鳥モアを食っていたそうな。

    DSC_5795s_20170417002533669.jpg 
    クライストチャーチ行きジェットスター。

    DSC_5793s_20170417002528606.jpgDSC_5794s_201704170025308da.jpg 
    他に停まっていたやつ。
    ほぼニュージーランド航空。

    DSC_5797s.jpg 
    というわけで出発。

    DSC_5799s_201704170025369af.jpg 
    クック海峡横断中。

    本当はこの海峡をウェリントンから南島のピクトンまでフェリーで渡って、ピクトンから長距離列車コースタル・パシフィック号でクライストチャーチに乗り込む予定だったのですが…

    昨年11月に南島で発生した北カンタベリー地震で,線路が土砂崩れで不通になっ
    てしまったのでこうして空から入る羽目になったわけです。

    先の山火事で運行中止になったトランツ・アルパイン号といい,ニュージーランドには近々もう一度来ないといけないですね。

    DSC_5801s_20170417002537ee0.jpgDSC_5802s_20170417002539300.jpg
    でもこれはこれでこうやって空中からの景色が楽しめて良かったですが…

    DSC_5805s_201704170025415ce.jpg
    その地震で大きな被害を受けたカイコウラ付近。

    DSC_5807s_201704170025432a3.jpgDSC_5808s.jpg
    平野部が出てきました。

    DSC_5810s_201704170025464d3.jpg
    クライストチャーチ市街地。

    DSC_5812s_20170417002547322.jpg 
    なんだか幾何学的。

    DSC_5815s_2017041700255162c.jpgDSC_5816s_201704170025204e7.jpg
    着陸。

    DSC_5817s.jpg 
    クライストチャーチ空港に到着です。

    ここから市街地までバスで20分ほど。

    DSC_5819s_20170417002616fba.jpg 
    クライストチャーチのバスターミナル。

    DSC_5821s.jpg 
    ホテルはここからすぐ近くの「BreakFree on Cashel」

    DSC_5821_1s.jpg 
    シンプルで機能的なホテル。

    DSC_5822s.jpgDSC_5911s_2017041700313191d.jpg
    しかし…廃墟多いですね。
    というかどれが解体中の廃墟なのか、建設中のビルなのか分からない…

    日本人も多く犠牲になったクライストチャーチ地震が起きたのは2011年2月。
    あれから6年経ってるんですが,半壊状態の建物が未だに残っているということに驚きました。

    DSC_5824s.jpg 
    トラムだ!トラムがいるぞ!(ワーワー)

    DSC_5825s_2017041700262647e.jpgDSC_5826s.jpg
    早速これに乗って市街地散策に行きます。

    20NZドルを払えば一日乗り放題。
    日常で使われるトラムというよりは,観光客用のトラムという感じ。

    DSC_5828s.jpg 
    やっぱり廃墟が目立ちますなぁ。

    DSC_5832s_20170417002632f9d.jpgDSC_5835s_201704170026350c5.jpg
    ガタゴト…

    DSC_5878s_20170417002951581.jpg 
    中心地にあるカンタベリーミュージアム。

    DSC_5875s_20170417002942b2b.jpgDSC_5876s_20170417002943b57.jpg
    ニュージーランド開拓やマオリ族の歴史に関する展示物や南極探検基地のクライストチャーチらしく南極に関わる展示物があったりするのですが…

    DSC_5873s_20170417002728caf.jpgDSC_5874s_20170417002731a3c.jpg
    この中の特設ブースでやっていたニュージーランド航空75周年記念特別展が面白かったです。

    DSC_5877s_201704170029455b5.jpg 
    博物館前にあったB767の生首。

    博物館を後にして街中をブラブラと。

    DSC_5879s_20170417002948afb.jpg 
    本場UKでは見なかったトラディショナルな2階建てバスが!

    DSC_5869s_201704170027257c1.jpg 
    そしてペンギンバスが!

    DSC_5848s_20170417002734d5c.jpg 
    鉄道模型店!鉄道模型店があるぞ!(ワーワー)
    休みでしたが。
    あのノーザン・エクスプローラー号やトランツ・アルパイン号も模型化されてるんですかね?

    DSC_5850s.jpg 
    「追憶の橋(意味深)」

    DSC_5870s.jpg 

    DSC_5842s_201704170026433e4.jpg 
    卓球で対決!

    DSC_5841s_20170417002641d5e.jpg 
    巨大チェスで対決!

    DSC_5861s_2017041700271241e.jpg 
    コンテナモールという商店街。
    震災後に出来た仮設商店街ですかね。

    DSC_5860s.jpg
    たこ焼きを食う。日本人製です。

    DSC_5844s_201704170026447a1.jpgDSC_5855s_201704170027073cb.jpgDSC_5857s_20170417002709e96.jpg
    DSC_5882s.jpg
    色々やってくるトラム。

    DSC_5864s.jpg 
    DSC_5862s_20170417002714d3a.jpgDSC_5863s.jpgDSC_5866s.jpg
    クエイク・シティ。6年前の地震を紹介した記念館みたいなものです。
    ちょうど東日本大震災のあった年,ここクライストチャーチでもこんな悲惨なことになっていたことがよく分かります。

    またトラムに乗車。

    DSC_5881s.jpg 
    何あれ?

    DSC_5840s_20170417002640c66.jpg 
    クライストチャーチ大聖堂…だったもの。

    DSC_5885s.jpgDSC_5886s.jpg
    ネオゴシック建築の立派な教会だったのですが地震で半壊し,また崩れる可能性もあるということで解体することが決まった教会です。
    とりあえず尖塔は解体したようですがそれ以外は当時のまま。

    DSC_5884s.jpg 
    教会前の広場にあったアイスクリームのコーンみたいなオブジェ。

     DSC_5893s.jpgDSC_5892s.jpg
    そしてこちらが仮設の大聖堂。
    復活した女川駅とか設計した坂茂さんが手がけた三角のステンドグラスが目立つ建物。

    DSC_5891s.jpg
    内部は坂さんが得意とする紙管で作られてます。

    DSC_5837s.jpg 
    またトラムに乗車。

    DSC_5838s.jpg 
    続いてモールの中に停車したので下車。

    DSC_5899s.jpg DSC_5900s.jpg
    まるでトラムが建物の中に突っ込んだようです。

    DSC_5901s_2017041700300930b.jpg 
    ゲームショップ。
    店の前に置いてあるゲーム機、レトロなゲームでも入っているのかと思ったらデドアラ5。

    DSC_5898s.jpg 
    しかしこういうモールの中を通る線路というのも面白いですね。

    ここに着く直前,飲食店街のテラスの真っ只中を走っていたのでそこまで戻ってみる。

    DSC_5902s_20170417003011e3b.jpgDSC_5905s_201704170031260a8.jpgDSC_5906s.jpg
    おー。

    DSC_5904s_20170417003133ec7.jpg 
    というわけで,クライストチャーチ中心地をある程度見て回ったところで夕食。

    DSC_5907s.jpg 
    ラム肉が喰いたかったので手っ取り早く中華料理店でラム肉炒め。
    青島ビールと一緒に。え,ここはNZ?細けぇことはいいんだよ。

    ホテルに戻って就寝。


    ○2月7日
    本当はトランツ・アルパイン号に乗る予定だったこの日。
    予定を変更して,レンタカーを早めに借りて色々立ち寄りつつニュージーランド最南端のインバーカーギル市を目指します。

     
    というわけで,初めての海外レンタカー。
    クライストチャーチ空港前のHertz事務所で予約していた車を借りるわけですが…

    初めてのレンタカーに異常に緊張して事務所の手続きでも相手が何言ってるかさっぱり分からず
    タブレットで出された日本語の説明書を見てようやく理解してなんとか出発。

    一番安い車を選択していたらよく分からない車種があてがわれました。

    DSC_6499s.jpg
    ホールデン?
    聞いたことがないメーカー…

    ともかく出発です。
    まずは星空で有名なテカポ湖へ。

    とにかく初めての海外レンタカーということでびびりまくってましたが…

    走りやすーい!
    そりゃ車の量が日本と比べたら圧倒的に少ないし…

    DSC_5926s.jpgDSC_5927s.jpg
    しかし曇りがちなのが残念…

    DSC_5933s_20170417003150249.jpg 
    しかし2時間くらい走ると…

    DSC_5935s_20170417003154f9a.jpg 
    サニーデイ!!
    そしてこの湖こそあのテカポ湖です。

    DSC_5939s.jpgDSC_5941s.jpgDSC_5944s_20170417003156713.jpg
    星空が綺麗なことで有名なテカポ湖ですが、日中もご覧の通りいいローケーションです。

    DSC_5945s_20170417003158d94.jpgDSC_5946s.jpg
    コテージやモーテルも多い。

    DSC_5947s.jpgDSC_5952s.jpgDSC_5949s.jpg
    それにしても雲がなんか凄いですね。
    圧倒感というか…日中でこんなんだから夜空がきれいというのも分かるような気がします。

    DSC_5953s.jpg 
    それにしてもこのベンチ高すぎませんか?
    積雪時用?

    昼食を食べて1時間くらい滞在した後,出発。

    DSC_5966s.jpg
    洗剤みたいな色した湖。

    DSC_5970s.jpgDSC_5968s.jpgDSC_5971s.jpg
    石垣島に行ったときに見た海と同じ色ですね。

    DSC_5995s.jpg 
    いかにもニュージーランドらしい景色。

    DSC_6005s.jpg 
    また湖。

    DSC_6026s.jpgDSC_6027s.jpg
    ワイン畑が広がってますね。

    DSC_6030s.jpg 
    ちょっとワイナリーに立ち寄ってみる。
    なんかバスでやってきた中国人が大量に押し寄せてました。
    今日びどこにでも中国人はいますが,特にニュージーランドは多かったような気がする…

    DSC_6036s.jpgDSC_6037s.jpg
    クイーンズタウンに到着。
    いわずと知れたニュージーランドで名の知れた保養地ですね。
    バンジージャンプの発祥地として有名。

    しかし今回の旅では通過。

    DSC_6041s.jpg
    やっぱり羊。

    DSC_6044s.jpg 
    またまた湖。

    DSC_6060s.jpgDSC_6061s.jpg
    ニュージーランドは絵になる湖が多いですね。

    DSC_6063s.jpg 
    キングストン?

    KSF.jpg 
    キングストーンフラッシュ!

    DSC_6066s.jpg
    インバーカーギルまでラストスパート。

    DSC_6072s.jpg DSC_6071s.jpg
    それにしても実に気持ちの良い道路です。

    DSC_6078s.jpg 
    インバーカーギルに到着。

    DSC_6084s.jpg 
    ニュージーランド最南端の町,インバーカーギル。
    人口は5万人ほど。イメージ的に稚内みたいなとこですかね?

    DSC_6079s.jpg 
    写真左の「Grand Hotel(直球)」にチェックインして早速飯です。

    DSC_6081s.jpg 
    日本料理屋。

    こういうところってちゃんと日本人がやっているところなんて少ないんですが(大
    概中国人か韓国人)
    せっかくニュージーランドの最南端(もしかしたら世界で最南端)にある日本料理屋なのでここで食事をすることに。
    ちなみにオーナーは案の定韓国人でした。

    DSC_6080s.jpg 
    ドリンクメニュー。
    この真ん中の日本酒メニューに書いてある「Beautiful Boy」が一体何なのか一瞬試行してしまいました。

    beautiful_Boy.jpg 

    で、オーナーこそ韓国人でしたが、この店でワーキングホリデーで働いている日本人のアンちゃんがいたので色々会話。

    名古屋出身だけど北海道が好きで現地の企業に入ったけど4年でやめてワーホリを始めたこと。
    カナダのイエローナイフやら色々巡って今、このニュージーランドの果てくんだりにきていること。
    聞いていてなかなか面白かったです。

    あとクライストチャーチの復興がなかなか進まないのは、そもそも財源が無いこととか…
    国土は日本の2/3のくらいですが、人口に至ってはおよそ1/25の450万人しかいない国なので税源もそれ相応しかないということです。

    というか改めて日本の人口密度が異常なのを実感。

    色々だべって店を後にして、ホテルに戻る前に駅に向かいます。

    DSC_6088s.jpg DSC_6089s.jpg
    インバーカーギル駅。
    旅客営業はとうの昔にやめて今は貨物専用駅ですが、ここが一般鉄道で世界で最南端の駅です。
    (軽便鉄道だとアルゼンチンにある南フエゴ鉄道が最南端)

    ついにここまで来たか…と感慨深くホテルに戻り、
    明日もまたレンタカーの旅なので就寝。

    (南島後編に続く)

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [未分類]

KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編)

  1. 名前: K-01 2017/06/17(土) 00:04:00
    どうも、もはや長距離旅行に行った時しか更新してないK-01です。

    その旅行記事も溜まりにたまってしまっている訳ですが、泣き言言っても始まらないので今年2月に行ったニュージーランドをなんとか勢いで上げてしまうのです。

    というわけで2月に行ったニュージーランド旅行の行程。
    new-zealand-map.jpg 
    相変わらず汚い手書きですが、オークランドから入国してまず北島を鉄道で縦断してウェリントンへ。
    そこから飛行機でクライストチャーチに飛んでレンタカーを借りて、南島を周遊。
    またクライストチャーチに戻って、オークランド経由で帰国するというルートです。

    実は当初のルートから大幅に変更しておりまして、滞在中にも変更させられるという事態となってしまったのですが、それはまたおいおい…

    〇2月2日
    仙台空港を出発して、成田空港へ。
    DSC_5297s_201704170011432d4.jpg 
    いつものターミナルからオークランド行き。
    ユナイテッドのマイレージを溜めてるので、スターアライアンス系の航空会社をよく使うのですが、大概この辺りから出てるのな。

    DSC_5298s_20170417001145cda.jpg 
    お隣からは去年のGW時に乗ったバンクーバー行きが。

    ちなみに今回、航空券は溜まったマイレージで購入しました。
    国内線は何度もやってるけど、海外は初。

    初めてのニュージーランド航空(写真撮り忘れ)

    DSC_5301s_201704170011483c3.jpg 
    まともにやる気のない機内安全ビデオ。面白いけど。
    NZ航空の安全ビデオは何かと凝ってるという話は聞いてましたが…

    DSC_5302s_2017041700114998c.jpg 
    10時間ちょっと。
    ヨーロッパや北米が10時間前後だけど、NZも意外と遠い…

    〇2月3日
    DSC_5304s_20170417001150a51.jpg 
    到着。完全にレッドアイです。

    DSC_5305s_201704170011528c8.jpg 
    オークランド国際空港。

    DSC_5307s_20170417001156e0e.jpg 
    なんだかウルトラマンコスモスあたりで出てそうな巨神。

    DSC_5308s_20170417001155584.jpg 
    ここからこのスカイバスに乗って市街地へ。

    バスに乗ってる途中…
    DSC_5310s_20170417001156ea6.jpg 

    DSC_5310_1.jpg 

    takeshobo.jpg 
    まさかのあの指定暴力団がNZにまで進出していたとは…

    というわけで、ホテルに到着です。
    DSC_5311s_201704170011581c2.jpg 
    いつものごとくBooking.comでとった安宿。
    安宿といっても7.5Kくらいしましたが。
    このオークランドに限らずNZは全体的に宿代が高かった…

    さて、早速オークランドを散策開始。
    DSC_5314s.jpg 
    いまいち優れぬ空ですが…

    DSC_5315s_20170417001201683.jpg 
    いきなりオタショップ発見!
    お兄さんこういうの見逃さないよ。

    DSC_5316s_201704170012128ce.jpg 
    「日本から直接100%本物輸入してます!」
    当然ですが日本で買うより高いです。
    まんだらけで売ってるぼったくり価格くらい。

    さて、飛行機を降りてから何も食べてないこともあって腹がすいてきました。

    『鉄道乗り潰しは相当なカロリーを消費する』
    『鉄オタは神ではない』
    『爆発的に代謝を促すにはそれに見合う良質なエネルギー補給が必要だ』
    『即ちスシである』

    sushi.jpg 

    DSC_5317s.jpg 
    と、いうわけで古式ゆかしきニンジャ・セオリーにのっとり
    スシを食べます。

    c18a54e0-s.jpg 

    DSC_5318s.jpg 
    エネルギー回復もしたところで散策再開。

    DSC_5319s.jpg 
    とりあえず向かった先はオークランドのメインステーション、ブリトマート駅。

    DSC_5321s_2017041700121042f.jpg 
    メインステーションというからには来ざるを得ない。

    DSC_5322s_201704170012118f9.jpg 
    UKで見た車両と似てますね。
    というか英連邦仕様?

    ここから隣のニューマーケット駅へ。

    DSC_5323s_201704170012307b9.jpg 
    到着。

    DSC_5324s_20170417001227dfb.jpg 
    特に…何もないですね。
    ここからバスと徒歩でまた戻る。

    DSC_5326s_201704170012280e1.jpg 
    教会。

    DSC_5328s_20170417001231110.jpg 
    スカイタワー!
    328mとそこまでは高くないのですが、
    なんか周りの建物が低いこともあって東京スカイツリーっぽく見える…

    DSC_5329s_201704170012333f9.jpg 
    オークランド・アートギャラリー。
    マウイ族の作品とかありました。

    DSC_5320s_201704170012099a2.jpg 
    港へ。
    巨大客船が入港中。
    後で調べてみるとパシフィック・パール号という6万tクラスの客船でした。
    飛鳥Ⅱが5万tなのでなかなかのクラスですね。

    DSC_5330s_20170417001234166.jpg 
    ここからシーバスに乗って対岸へ。

    DSC_5331s_2017041700123695d.jpgDSC_5332s_201704170012374db.jpg
    DSC_5333s_20170417001239016.jpgDSC_5334s_20170417001240566.jpg

    DSC_5335s_2017041700124222f.jpg 
    対岸のデボンポートに到着。

    ここからオークランドを見ると…
    DSC_5336s.jpg 
    おおー

    DSC_5340s_20170417001245635.jpg
    さらにオークランドがよく見える小高い山が近くにあるので徒歩で向かいます。

    DSC_5341s_20170417001246df6.jpg 
    到着。そんなに高い山じゃないのですがマウント・ヴィクトリアとか大層な名前がついてます。

    ここからオークランドを見ると…

    DSC_5347s.jpg 
    お、お…ゴウランガ!おおゴウランガ!!
    なんたるグッドサイト・ベイ・ビューか!

    しかもさっき港で見たパシフィック・パール号がちょうど出港してるとこですね

    DSC_5349s_201704170013300f5.jpg 
    こうして見るとやはりデカい(確信)

    DSC_5342s_20170417001248075.jpgDSC_5343s_20170417001249aab.jpg
    DSC_5345s_20170417001251e39.jpgDSC_5346s.jpg
    ちょうど半島部にある小山なのでほぼ360度海を見渡せます。

    DSC_5350s_20170417001329d27.jpg 
    最期にまたオークランド市街地を一枚。

    DSC_5353s_2017041700133570c.jpg 
    再びオークランド。

    DSC_5354s_201704170013351d5.jpg 
    この辺りで夕食。

    DSC_5355s_201704170013365a3.jpg 
    とりあえずビールとイカリング。

    DSC_5356s_20170417001338c69.jpg 
    飯も喰って本日最後のアトラクション、スカイタワー登頂。
    高い建物があればとりあえず昇る。

    DSC_5357s.jpg 
    なんか入り口でアジアンチックな見世物やってました。

    DSC_5358s_201704170013417cd.jpg 
    頭頂部に到着。

    DSC_5359s.jpg 
    高いところお約束のシースルー床。
    シカゴのウィリス・タワーにも似たようなのがありましたね。

    DSC_5360s.jpgDSC_5361s_201704170013459c3.jpgDSC_5362s.jpg
    オークランド・ハイ・ビュー。

    ここで日が沈むのを待ってオークランドの夜景を待っていたのですが…

    DSC_5363s_201704170013180e6.jpgDSC_5365s_20170417001320140.jpgDSC_5366s_20170417001321214.jpgDSC_5367s_201704170013232a1.jpgDSC_5368s_20170417001324941.jpgDSC_5369s_201704170013598e2.jpgDSC_5370s_20170417001401e63.jpg
    全然陽が沈まない…
    日の入りが20時半頃なのは分かってましたが、陽が沈まない

    DSC_5373s_20170417001402aeb.jpg 
    まあこれくらいで十分…ですかね。

    DSC_5374s.jpg
    というわけで、タワーから降りてホテルに帰ります。

    DSC_5375s.jpg 
    ホテルに向かう途中見かけたDAISO。
    商品一個で3NZドル、三個で10NZドル…高いのか安いのかよく分かりませんね。

    〇2月4日
    今日はオークランドから長距離列車「ノーザン・エクスプローラー」に乗ってNZの首都、ウェリントンを目指します。

    まずは駅へ。

     DSC_5379s_201704170014259ca.jpg
    オークランド大学?東大みたいなものですかね?

    DSC_5380s_201704170014304c5.jpg 
    派手なレンタカー屋。

    DSC_5382s.jpg 
    昨日乗った近郊列車。

    DSC_5385s.jpg 
    オークランド・ストランド駅に停車中のノーザン・エクスプローラー。
    このストランド駅は昨日行ったブリトマート駅と違ってこのノーザン号専用の駅です。

    DSC_5386s_20170417001433442.jpg DSC_5384s_201704170014317f5.jpg
    このノーザン・エクスプローラーは週3回しか運航してなくて完全に観光用の列車です。
    わざわざビジネスでウェリントンまで12時間もかけていく酔狂ものなんてまずいないて。

    ニュージーランドの鉄道事情について触れときますと、今ニュージーランドで運行されているのは、
    オークランドやウェリントンのような大都市の近郊路線、
    わずかに観光用として残ったこのノーザン号のような長距離路線、
    そして貨物列車のみです。
    あ、あと南島のクライストチャーチに走っている路面電車。

    アメリカやカナダと同じような鉄道衰退国なニュージーランドですが、鉄道が走っているからには乗りにいかないといけないのが乗り潰しに懸けた者の宿命です。

    DSC_5387s_20170417001434847.jpgDSC_5395s_20170417001440fb3.jpgDSC_5479s_20170417001538c9b.jpg
    車内。
    グリーン車くらいのシートピッチにパノラミックウィンドウ。
    今どこを走っているのか分かるモニターも。

    DSC_5391s.jpg 
    しばらくは近郊列車の路線を走行。

    DSC_5393s.jpg 
    近郊路線の終着駅一つ手前のパパクラ駅。
    もう少しするとこのノーザン号と貨物列車のみの路線になります。

    DSC_5398s_201704170014426d9.jpg 
    ニュージーランドらしい光景になってきました。

    DSC_5400s_20170417001445b2e.jpgDSC_5404s_20170417001447a45.jpg
    展望用車両もあるのでしばらくかじり付き。

    DSC_5401s_201704170014450e3.jpgDSC_5420s_20170417001448cce.jpgDSC_5421s_2017041700145007d.jpg

    DSC_5423s_201704170014511dc.jpgDSC_5434s_20170417001453257.jpgDSC_5435s.jpg
    基本的にこんな光景が延々と続きます。

    DSC_5440s_201704170015220bf.jpgDSC_5441s_2017041700152447b.jpg
    時折こんな集落の駅に停車。

    DSC_5443s_201704170015269cc.jpgDSC_5445s_20170417001528aec.jpgDSC_5447s_201704170015296b3.jpg

    DSC_5448s.jpgDSC_5451s_20170417001532700.jpgDSC_5462s.jpg

    DSC_5472s.jpgDSC_5478s_2017041700153771c.jpgDSC_5480s_201704170015407ee.jpg

    この辺りはなかなか見ごたえがある光景ですね。

    DSC_5483s_201704170015418c4.jpg 
    車も滅多に通らない…

    DSC_5488s.jpg 
    なんか向こうに雪山が見えてきました。

    DSC_5492s.jpg 
    それにしても羊…

    DSC_5494s_201704170015469ab.jpgDSC_5495s_201704170015476fb.jpgDSC_5498s_20170417001549c0f.jpg
    ここらへん、ループ線で昇っていきます。

    DSC_5553s_201704170018444a9.jpgDSC_5567s.jpgDSC_5564s_2017041700184887a.jpg
    島国なのに、なんでこんなアメリカ大陸っぽい光景なんでしょうかね?

    DSC_5569s_20170417001849e15.jpg 
    カッコいい緑色のトレーラー。

    DSC_5515s_20170417001853447.jpg 
    さっきの雪山。
    後で調べてみると、トンガリロ国立公園とかいう世界遺産だったようです。
    マウイ族にとっての聖山で、よく噴火する山だそうで…

    DSC_5516s_20170417001855f77.jpg 
    山岳の鉄道橋。

    DSC_5517s_201704170018564dc.jpg 
    おそらく昔使っていたであろう橋を利用した歩道橋。

    DSC_5519s_201704170018571f0.jpg 
    また平坦部。

    DSC_5524s_20170417001859f94.jpg 

    maruta.jpg 

    DSC_5527s_20170417001901f5f.jpg
    後ろに遠ざかっていくトンガリロ国立公園。

    DSC_5534s.jpgDSC_5537s_201704170019045d8.jpgDSC_5552s.jpg

    DSC_5574s.jpgDSC_5571s_2017041700192662d.jpg 
    どの風景にも必ずいる羊。

    DSC_5550s_2017041700190887a.jpg DSC_5551s_20170417001909d8f.jpg
    座席のポケットに入っていたパンフを見る。
    KiwiRailの機関車一覧とウェリントンと南島のピクトンを結ぶフェリー一覧。

    DSC_5576s_20170417001928d51.jpg 
    なんか曇ってきたなぁと思いながら、スマホでメールチェックしていたところ
    KiwiRailから何やら穏やかならぬメールが来ていることに気づく…

    KiwiMail.jpg 
    (要約)
    『大きな山火事が起きたので8日までトランツ・アルパインの運行をやめるね☆』

    umi.jpg 

    その後代行バスを出すのでそれに乗る場合は代金を半分にするとか書いてますが、そんなことどうでもいいんですよ!!

    な、なんでこれから私が乗ろうとする日に限って…こんな…こんな……

    ECDC.jpg 

    と、「スッキリ」はしませんでしたが、
    嘆いても仕方ないので、すぐその場でこの後のプランを練ることに。

    その間まったく景色見ないでいたら、いつの間にか海に出てました。
    DSC_5578s.jpg

    DSC_5580s_2017041700193537a.jpgDSC_5582s_201704170019370a6.jpgDSC_5579s_20170417001932a5f.jpg 
    なんか久々に海を見た気分です。昨日オークランドで普通に見たんですが。

    DSC_5592s.jpg 
    もうすぐウェリントン。

    DSC_5594s.jpgDSC_5595s.jpgDSC_5597s.jpg
    機関庫や車両基地を横目に入線。

    DSC_5598s.jpg 
    ウェリントン駅に到着。

    DSC_5603s_20170417001948250.jpg 
    オークランドからおよそ12時間、おつかれさまでした。

    DSC_5604s_20170417001949f79.jpg 
    ウェリントンの近郊列車。

    DSC_5605s_20170417001951e2d.jpg 
    駅構内。

    DSC_5606s_20170417001952c6e.jpgDSC_5608s_20170417001954a62.jpg
    ウェリントン駅。首都だけあってなかなか立派な駅舎です。
    DSC_5612s.jpg 
    すぐ近くには南島行きのフェリー発着場が。
    ホントはコレに乗って南島に上陸したかったんですが…

    DSC_5611s.jpg 
    駅の目の前にある今宵のホテル「Hotel Waterloo & Backpackers」
    その名の通りバックパッカー向けのホテルですが、ドミトリーだけではなく個室もあるリーズナブルなホテルです。

    DSC_5610s_201704170019242ae.jpg 
    部屋。まあ値段にしては十分。

    DSC_5613s.jpg 
    今日の飯はホテル内のバーでフィッシュ$チップス。
    まあ、英連邦ですからね。

    というわけで、就寝。

    〇2月5日
    今日はウェリントン観光。

    DSC_5614s.jpg
    国会議事堂。

    DSC_5619s.jpg
    海沿いに歩いて…

    DSC_5621s.jpgDSC_5626s.jpgDSC_5627s.jpg
    神戸っぽくも見えますね。

    DSC_5624s.jpg
    何故か日本語の銘板が…
    こういうことらしいです。

    DSC_5625s_201704170021129bc.jpg
    ラバーメン!

    DSC_5628s.jpgDSC_5629s_20170417002118006.jpg
    なんか青果市場みたいなのやってます。

    DSC_5630s_201704170021196b6.jpg
    その隣にニュージーランド国立博物館。

    DSC_5632s_201704170021214c1.jpg
    入り口。

    美術作品から、ニュージーランドらしいネイチャーな展示物まで幅広くあって
    なかなか楽しめました。

    DSC_5633s_201704170021221d5.jpg
    裂けるニュージーランド。

    DSC_5635s_20170417002124523.jpgDSC_5637s_2017041700205798d.jpg
    博物館のテラスから。さっきの市場も見えますね。

    DSC_5639s_20170417002059aeb.jpg
    路面電車ではなくトロリーバスの架線。

    DSC_5643s_20170417002101f8d.jpg
    昼食を食べて向かった先はウェリントン動物園。

    DSC_5652s.jpg 

    DSC_5665s.jpg

    DSC_5668s.jpg   DSC_5674_1s.jpg

    DSC_5675s_201704170021508f3.jpg

    DSC_5676s_201704170021521a1.jpg

    DSC_5681s.jpg

    DSC_5678s.jpg
    なんか全体的に皆ぐったりしていた動物園でした。

    DSC_5679s_20170417002155a1c.jpg
    「!」

    DSC_5680s.jpg
    エミューとダチョウの2ショット。
    こうして見ると全然違いますね。

    まあこれらの動物はオマケで一番の目的はニュージーランドの国鳥、
    ニュージーランド人の愛称にもなってるキーウィ。
    夜行性な彼らは専用の真っ暗な室内で飼われているいるのですが…

    DSC_5684s.jpg 
    よく見えませんね。
    真っ暗な部屋の中でガサガサと音がしてる方をなんとか目を凝らして分かるくらい。

    DSC_5686s_20170417002203043.jpg
    いた!可能な限り接近する!

    DSC_5691s_20170417002204c2a.jpg
    なんとかスマホの暗視カメラで撮れた一枚。
    係員のお姉さんが差し出した餌にぴょんぴょんと飛び跳ねながら啄む様に心がぴょんぴょんするんじゃ~

    目的のキーウィを見たところで次に向かったのはこれまたウェリントン名物ケーブルカー。

    DSC_5695s_20170417002250d4e.jpg 
    入り口。

    DSC_5696s_2017041700225254a.jpg 
    赤い小さなケーブルカー。

    DSC_5699s_201704170022541eb.jpgDSC_5701s_20170417002255689.jpgDSC_5702s_20170417002257141.jpg 
    派手なトンネルをくぐりぬけて頂上に到着。

    DSC_5703s_20170417002258490.jpg 
    山頂駅。

    隣にはケーブルカー博物館が。
    DSC_5704s_20170417002259fa0.jpg 

    DSC_5705s_20170417002301298.jpgDSC_5707s_20170417002302132.jpgDSC_5708s_2017041700230532d.jpg
    神戸みたいに山と海が接近して高低差が激しいウェリントンで活躍していたケーブルカーたちが展示されてました。

    DSC_5710s_20170417002305753.jpg 
    頂上駅からの景色。

    DSC_5715s_201704170023077c8.jpg 
    降っていくケーブルカー。

    帰りもケーブルカーに乗って帰るつもりでいたら、
    この写真のケーブルカーがこの地点でずっと止まったままで、中の乗務員がバタバタしていたので何かトラブルがあった模様。

    なので歩いて降ることに。
    DSC_5719s_20170417002308578.jpg 
    斜面に作られた住宅街。

    DSC_5721s.jpg 

    DSC_5724s_201704170023120e9.jpg 
    ホント急な斜面。

    DSC_5726s_201704170022459b3.jpg 
    また駅に戻ってきました。
    せっかくなのでウェリントン近郊鉄道に乗ってみる。
    程よい距離のところに「ジョンソンヴィル」という終着駅があるので
    そこまで行ってみることに。

    DSC_5733s_20170417002402c17.jpg 
    きっぷ。

    DSC_5727s.jpg DSC_5728s.jpg
    昨日ノーザン号から降りた時にも見た近郊列車。
    基本2両編成の電車です。

    DSC_5734s.jpgDSC_5737s_20170417002405279.jpgDSC_5738s_20170417002406427.jpg
    出発。本線から離れて山を登っていく単線の支線へ。

    DSC_5741s_20170417002407bdf.jpg 
    支線に入ってからトンネルをくぐりながらグネグネと走っていたのですが…

    DSC_5743s_201704170024095e0.jpg
    え?家…?

    DSC_5746s_201704170024106f0.jpg
    なんか森の中にポチポチと家が…

    DSC_5748s.jpg
    山に家が沢山生えてます。

    DSC_5751s_20170417002418981.jpg
    なんだか日本じゃあまり見ない光景ですね。
    なんとなく神戸電鉄の鈴蘭台あたりが思い浮かんだけど。

    DSC_5755s_20170417002421506.jpg
    一瞬だけ見えた海。

    DSC_5750s_201704170024148f9.jpgDSC_5753s_20170417002417d44.jpgDSC_5754s_201704170024220ed.jpg
    この山間の街の駅を次々と停車していって…

    DSC_5758s_20170417002423ad0.jpgDSC_5759s_2017041700242646b.jpgDSC_5757s.jpg
    終着のジョンソンヴィルに到着。高原の住宅街です。
    駅前に接続のバスが待機中。
    あとはスーパーマーケットが多少…

    特段じっくり見て回るところはなさそうだったので、来た列車で即リターン。

    DSC_5764s_201704170024274ee.jpgDSC_5765s_20170417002429c8c.jpgDSC_5769s.jpg
    DSC_5771s_201704170024303f5.jpgDSC_5772s_20170417002441995.jpg
    いや、この車窓が見れただけでも8.2NZドル払って来た甲斐がありました。

    DSC_5775s_20170417002442a7e.jpg
    また本線と合流。

    DSC_5776s_20170417002443fea.jpg

    maruta.jpg
    いい丸太列車だな…

    DSC_5782s.jpg 
    ウェリントン駅にリターン。

    DSC_5781s_201704170024511b4.jpg 
    夕食です。ムール貝のホワイトソース煮。
    うん、ウマい!

    DSC_5777s_201704170024450e1.jpg
    せっかくなので別の店で埠頭沿いのテラス席にも座ってみる。

    DSC_5778s_20170417002446ec4.jpg
    実に爽やかな風が。気に入りましたウェリントン。

    DSC_5779s.jpg
    あのトイレのマークの人、我慢し過ぎではないですかね?
    恥らっているようにも見える…

    DSC_5783s_20170417002454a8d.jpg 
    ホテルに戻りました。
    まだ21時ですが明日早いので寝ます。

    (南島その1編に続く)

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [未分類]

北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~

  1. 名前: K-01 2016/10/08(土) 00:25:00
    ○平成28年5月4日(水)
    エンパイアビルダー号にてシカゴ・ユニオン駅に到着し,五大湖周辺特有の寒さに早速やられた私。

    とにかくまずは暖を取るためにもホテルへ。
    ここから予約したモーテルまで徒歩およそ20分。

    DSC_3902_R.jpg DSC_3903_R.jpg
    シカゴのビル群。

    DSC_3905_R.jpg 
    (地上走ってるけど)地下鉄も。

    DSC_3906_R.jpg 
    ボートも。
    DSC_3907_R.jpg 
    到着。オハイオ・ハウスモーテル。

    DSC_3909_R.jpg 
    今回の旅で初のモーテルタイプのホテルです。
    チェックインして荷物を置いて暖をとったところで,夕飯がてら付近を散策。

    DSC_3910_R.jpg 
    モーテルのすぐ道向かいにあった派手なマクドナルド。
    どうやらこれが噂に聞いたマクドナルド1号店…を模した店舗の模様。
    シカゴはマクドナルド発祥の地なのです。
    本当の1号店はシカゴの郊外にあります。

    でもいくら発祥の地とはいえ,マックで夕飯は虚無すぎるので(ニースで経験済)
    スマホで調べた評判よさげなバーに入ってみる。

    DSC_3912_R.jpg 
    いいんじゃネーノ。

    DSC_3913_R.jpg 
    まずはシカゴの地ビール「312」

    そういえばエンパイアビルダーがシカゴに着く直前に
    「ピザ食ってみたほうがいいよ」と客室清掃員のピザ野郎に言われたので
    それを頼んでみる。

    DSC_3914_R.jpg 
    これが噂のスタッフドピザ。実にシカゴアンズな夕食。
    ピザというよりパイみたいな…

    こんなもんばっか喰ってっから太るんだよおめーら。
    でも美味しかった。

    本日はこれにて。

    ○平成28年5月5日(木)
    DSC_3916_R.jpg 
    昨日と打って変わって天気は快晴。
    しかしミシガン湖からの風が結構強い…さすが『風の街』。

    DSC_3917_R.jpg DSC_3918_R.jpg
    本日は1日シカゴ観光。
    まず向かった先はシカゴ科学産業博物館。
    街中から少し離れているので,郊外鉄道のMETRAを利用。

    DSC_3922_R.jpg 
    切符。

    DSC_3921_R.jpg 
    車内は2階建てで吹き抜けという珍しい構造。
    2階に座っていたんですが,いきなり下から車掌の手が伸びてきたのにはビックリ
    した。

    DSC_3928_R.jpg 
    到着。

    DSC_3929_R.jpg 
    車両はプッシュプルの客車列車でした。

    ここから歩いて十数分。

    DSC_3934_R.jpg DSC_3932_R.jpg
    到着。
    旧ドイツ軍のUボートとか収めているだけあって
    かなり巨大な博物館です。

    DSC_3937_R.jpg DSC_3942_R.jpg
    エントランスホールと地図。

    DSC_3938_R.jpg 
    チケット。

    DSC_3944_R.jpg 
    とりあえず入った先にあったのが
    何故かドールハウスコーナー。

    DSC_3943_R.jpg DSC_3945_R.jpg
    まあ嫌いではないですがこういうの…

    DSC_3961_R.jpg 
    何よコレw

    DSC_3946_R.jpg 
    船のコーナー。

    DSC_3947_R.jpg
    DSC_3948_R.jpg
    DSC_3949_R.jpg
    DSC_3950_R.jpg 
    DSC_3973_R.jpg
    DSC_3962_R.jpg

    DSC_3953_R.jpg 
    車のコーナー。

    DSC_3951_R.jpg
    DSC_3952_R.jpg
    DSC_3957_R.jpg
    DSC_3956_R.jpg
    DSC_3958_R.jpg 

    DSC_3974_R.jpg 
    鉄道&航空機コーナー。

    DSC_3975_R.jpg 
    蒸気機関車999エンパイアエクスプレス。
    銀河を走りそうなネーミング…

    DSC_3976_R.jpg 
    そして上にはボーイング727。

    DSC_3977_R.jpg 
    HOゲージレイアウト。

    DSC_3980_R.jpg 
    このスケールでシカゴの街を再現とかなかなか気合が入ってますね…

    DSC_3981_R.jpg 
    DSC_3982_R.jpg 
    DSC_3984_R.jpg 
    DSC_3987_R.jpg 
    DSC_3990_R.jpg 
    行きかう車両たち。

    DSC_3988_R.jpg 
    DSC_3991_R.jpg 
    先乗ったMETRAも。

    DSC_4004_R.jpg 
    スペースニードル!

    DSC_4005_R.jpg 
    シアトルの街まで再現されてました。

    DSC_4009_R.jpg 
    間違いなくシアトル・キングストリート駅。

    DSC_4006_R.jpg 
    DSC_4007_R.jpg 
    シアトル沿岸部をいくエンパイアビルダー号。
    まさに今回の旅の再現じゃネーノ!

    DSC_4010_R.jpg 
    コンテナ船も。

    DSC_3992_R.jpg 
    DSC_3994_R.jpg 
    DSC_3996_R.jpg 
    DSC_3998_R.jpg 
    DSC_3999_R.jpg
    DSC_4000_R.jpg
    DSC_4002_R.jpg
    DSC_4003_R.jpg
    DSC_4011_R.jpg 
    DSC_4012_R.jpg 
    DSC_4015_R.jpg 
    DSC_4017_R.jpg 
    DSC_4018_R.jpg 

    レイアウトに見とれていると,いきなり上の方で駆動音が。

    DSC_4021_R.jpg 
    DSC_4022_R.jpg 
    DSC_4023_R.jpg 
    DSC_4024_R.jpg 
    ボーイング727のランディングギアが収納されていくとこでした。

    というわけでHOゲージレイアウトも堪能したところで727の方も見てみる。

    DSC_4019_R.jpg 
    上から俯瞰したレイアウト。

    DSC_4038_R.jpg 
    DSC_4032_R.jpg 
    ユナイテッド航空から寄贈されたボーイング727。

    DSC_4036_R.jpg 
    機内。実機は乗ったことないですね…

    DSC_4035_R.jpg 
    エンジン。
    なんかほんの少し前も似たようなもの見た気がしますね…

    DSC_4031_R.jpg DSC_4030_R.jpg
    727と編隊飛行してる機体たち。

    DSC_4025_R.jpg 
    機界四天王を制覇したところで、他のコーナーもさらっと。

    DSC_4026_R.jpg 

    凄ェ! 
    竜巻発生機。

    DSC_4043_R.jpg 
    人体コーナー。
    DSC_4044_R.jpg 
    DSC_4045_R.jpg
    DSC_4046_R.jpg
    やっぱりこういうオーガニック的なものより先のメカニック的な方がいいですね。

    DSC_4040_R.jpg 
    元素記号コーナー。

    DSC_4039_R.jpg 
    ジルコニウム。

    DSC_3964_R.jpg 
    そしてこの博物館の目玉の一つであるUボート。
    第二次大戦中に拿捕されたやつだそうです。

    DSC_3967_R.jpg 
    DSC_3968_R.jpg
    DSC_3971_R.jpg
    Q「何か光ってるぞ?」
    A「魚雷でしょう」



    DSC_3966_R.jpg 

    以上、なかなか見応えのある博物館でした。

    と,帰ろうとするところ最後に見忘れていたものが…

     DSC_4054_R.jpg
    世界初のステンレス製流線型ディーゼル式旅客列車パイオニア・ゼファーの展示。
    1934年から60年頃まで活躍していたアメリカ鉄道史で一時代を築いた車両…らしいです。

    DSC_4047_R.jpg
    DSC_4048_R.jpg 
    確かにラピートっぽくてなかなかカッコいい…

    DSC_4052_R.jpg 
    エンジン。

    ちなみにゼファーの名は,サンフランシスコとシカゴを結ぶAmtrak「カリフォルニア・ゼファー」が引き継いでますね。

    博物館見学後は近くのファーストフード店で昼食。

    DSC_3935_R.jpg 
    これがシカゴ名物,シカゴドッグ。
    ご覧のとおり今まで喰ってきたホットドッグとなんか違います。
    ピクルスをまるまる入れるとか言う暴挙、それにマスタードもたっぷりと…大丈夫なのコレ?

    Goro_umai!!.jpg 
    (喰ってるのはホットドッグです)
    結構好みかもしれない味。

    DSC_3936_R.jpg 
    店のテレビ。
    スーパー成金おじさん対ヒステリーおばさん。
    やっぱりサンダースさんの方が良かったんじゃあ…

    シカゴのソウルフードを食したところで
    路線バスで中心地へリターン。

    DSC_3931_R.jpg 
    このシカゴのバスだけではなく、シアトルのバスにもバンクーバーのバスにも
    こんな自転車キャリアーがついてました。

    欧州人のこういう合理的なところ好きよ。
    日本も見習わにゃいかんとちゃうんか?

    DSC_4059_R.jpg 
    バスの中から。

    DSC_4055_R.jpg 
    ミシガン湖のほとりで降りて、散歩。

    DSC_4063_R.jpg 
    DSC_4064_R.jpg 
    METRAの留置線。

    DSC_4065_R.jpg 
    実にシカゴアンズ。

    DSC_4069_R.jpg 
    桜…じゃないですよね?

    DSC_4070_R.jpg 
    DSC_4075_R.jpg 
    DSC_4071_R.jpg 
    そしてミシガン湖。やはりデカい(確信)

    DSC_4076_R.jpg 
    お,リス先輩!

    DSC_4079_R.jpg 
    DSC_4080_R.jpg 
    DSC_4081_R.jpg 
    湖からミレニアム・パークへ。

    DSC_4083_R.jpg 
    DSC_4084_R.jpg 
    アリーナ。

    DSC_4085_R.jpg 
    これは…!
    よく写真とかで見る銀色の豆!

    DSC_4089_R.jpg
    DSC_4090_R.jpg
    DSC_4093_R.jpg 
    正式名称はクラウド・ゲートというらしいです。
    シカゴを代表するオブジェですね。

    DSC_4096_R.jpg 
    近くにコミックショップがあったので入ってみる。

    DSC_4097_R.jpg 
    案の定,中はアメコミだらけでしたが,フィギュアコーナーの中に何故か一体だけいたティガさん。

    DSC_4098_R.jpg 
    DSC_4099_R.jpg 
    (高架を走っているけど)地下鉄にも乗ってみる。

    DSC_4101_R.jpg 
    ビルの合間を縫うように走る地下鉄。
    なんか他の都市ではあまり見られない感じで新鮮。

    DSC_4103_R.jpg 
    DSC_4105_R.jpg 
    到着。

    夜はウィリスタワーに昇ることにしているので
    今のうちに夕食を摂ることに…

    シカゴはピザ,ホットドッグ以外にステーキも有名らしいので
    これまたスマホで調べた店に行ってみることに。

    DSC_4106_R.jpg 
    派手なミキサー車。

    DSC_4108_R.jpg 
    DSC_4113_R.jpg 
    というわけで,入ってみた店。
    なんか高そう…高そうじゃない?

    DSC_4110_R.jpg 
    でも美味かった。

    今日がアメリカでの最後の夕食なので奮発してデザートを。
    DSC_4112_R.jpg
    デカいアイス…これが後に悲劇を生む元凶に。

    DSC_4114_R.jpg 
    DSC_4115_R.jpg 
    再び地下鉄に乗って,最後の目的地ウィリスタワーへ。

    DSC_4116_R.jpg 
    やはり高い(再確信)

    DSC_4117_R.jpg 
    入り口。

    DSC_4118_R.jpg DSC_4119_R.jpg
    通路を通ってエレベーターへ。

    DSC_4120_R.jpg DSC_4121_R.jpg
    今いる高さを他の構造物で説明してくれるエレベーター君。

    ちなみにウィリス・タワーは1973年から1998年までマレーシアのペトロナスツインタワーが出来るまで世界一の高さのビルで
    まさにシカゴの摩天楼を代表するビルであります。
    というか、このシカゴこそ摩天楼の発祥の地なのです。

    DSC_4123_R.jpg 
    到着。

    DSC_4128_R.jpg DSC_4127_R.jpg
    シカゴ市街地とミシガン湖を一望。

    DSC_4125_R.jpg 
    上空から見る鉄道駅はやっぱりいいものです。

    で、このウィリス・タワーには『ザ・レッジ』なるものがついているとのこと。

    DSC_4131_R.jpg
    こういうものです。

    DSC_4132_R.jpg 
    DSC_4134_R.jpg 
    DSC_4135_R.jpg 
    ビルからガラス張りの一角が飛び出していて,ちょっとスリル感が味わえるというわけです。

    DSC_4129_R.jpg DSC_4130_R.jpg
    徐々に沈んでいく夕日。
    いよいよ待ちかねた刻が来ました。

    DSC_4154_R.jpg DSC_4156_R.jpg
    シカゴの夜景!
    エンパイアステートビルから見たニューヨークの夜景に続き
    これでシカゴの夜景も制覇。

    DSC_4162_R.jpg 
    DSC_4163_R.jpg 
    いやー旅の最後を締めくくるに相応しい光景ですなぁ。

    と,ここで先喰った巨大アイスの影響か腹の調子が悪くなる…
    やむをえずトイレへ駆け込み、地上400mで用を足すワイ。

    用足後,改めて最後に夜景を目に焼き付けときます。
    DSC_4166_R.jpg
    DSC_4170_R.jpg 
    DSC_4171_R.jpg
    DSC_4172_R.jpg 
    DSC_4174_R.jpg 
    DSC_4177_R.jpg 
    展望台に留まることおよそ1時間,ようやく地上へ。

    DSC_4180_R.jpg 
    地上から見る夜の摩天楼もなかなか乙。

    DSC_4183_R.jpg
    北米の都市って,ヨーロッパと比べてあまり面白みが無いですが
    夜景の綺麗さは上回っていると思います。

    というわけで就寝。

    ○平成28年5月6日(金)
    本日は空港に行くだけ。

    DSC_4184_R.jpg DSC_4185_R.jpg
    早朝のシカゴ市内。
    土曜日ということでサラリーマンの姿はあまりなく,
    目立つのは早朝のマラソンに勤しむおっちゃんらと浮浪者。

    昨日はあまり気になりませんでしたが,やはり多いんですよね。
    昔と比べると数は少なくなったものの,今でも全米平均よりも4倍近い犯罪発生率。
    まあ,自ら危険な場所に近づかなければ普通に観光できる街です。

    DSC_4188_R.jpg 
    今度は正真正銘の地下鉄ブルーラインに乗って,シカゴ・オヘア国際空港へ。

    DSC_4189_R.jpg 
    DSC_4194_R.jpg
    到着。

    DSC_4195_R.jpg 
    帰りもエアーカナダ。
    一回トロントまで行って,乗り継いで成田へ。
    シカゴから一回さらに東進するので,なんだか気が滅入ります。

    DSC_4196_R.jpg DSC_4199_R.jpg
    シカゴ・オヘア国際空港。

    DSC_4197_R.jpg 
    待ち時間で買ったポップコーン。
    このポップコーンもシカゴ名物らしいです。

    DSC_4198_R.jpg
    キャラメルソースでコーティングされた甘いポップコーン。
    まあ美味いですけど,確実に太りますね。

    DSC_4200_R.jpg 
    エアーカナダ便。

    DSC_4202_R.jpg 
    DSC_4203_R.jpg 
    DSC_4204_R.jpg 
    DSC_4205_R.jpg 
    あー,あのJALのB777に乗れればなぁ…

    DSC_4206_R.jpg
    DSC_4207_R.jpg
    DSC_4209_R.jpg 
    DSC_4210_R.jpg
    DSC_4212_R.jpg
    DSC_4213_R.jpg
    DSC_4216_R.jpg 
    2時間後トロントに到着。
    そういえば今回の旅はカナダから始まったんでしたね。

    DSC_4221_R.jpg 
    同じエアーカナダで成田行きと羽田行きが30分差で出るとか…

    DSC_4223_R.jpg 
    DSC_4224_R.jpg
    予定通り日本に向けて出発。

    DSC_4230_R.jpg 
    成田到着。おつかれさまでした。
    さらにここから仙台行きに乗り換えないといけないけど…

    というわけで,2013年GW以来となりました北米大陸。
    バンクーバー,シアトル,そしてエンパイア・ビルダー号の列車旅を経てシカゴと移動して来てま
    いりましたが、
    今回の旅で一番よかったと思うのは,ボーイングのエバレット工場。

    乗り物好きであれば,誰もが興奮できる場所だと思います。

    じゃあエンパイア・ビルダー号は?というところなのですが,
    確かに良かったといえばよかったのですが,やはり2泊3日は…長い。

    グレイシャー国立公園やミシシッピ川沿いを通っている時は景色も楽しめたのですが,
    グレートプレーンズの景色がとにかく単調!
    アメリカらしいといえばアメリカらしいんですが…

    まあでも人生初の大陸長距離列車を体験することが出来たのでよしとします。

    narabayoshi!!.jpg 

    バンクーバーは住みやすいと言われている通り,街としては綺麗だったんですが,
    観光地としてはあまり面白みの無い感じがしました。
    トレッキングとかスキーとかそういうアウトドア系の方にはいいんでしょうけど。
    まあ…街としては綺麗です(申し訳程度のフォロー)

    シアトルとシカゴはなかなか面白い街でした。
    特にシカゴ。行く前はそこまで期待もしていなかったのですが,
    実際行ってみると,摩天楼群や街中をクネクネ走る地下鉄とか
    色んなB級グルメとか夜景とか意外と楽しめる街でした。

    前回の旅行とあわせると東海岸北部,西海岸北部,五大湖沿いと巡ったので
    次行くとしたら南側ですかね。
    あと5年くらいは行かないと思いますが…


    で,次回!

    次に行く国は…中国!
    ってか、もう行った後なんですけどね。
    また写真まとめたらここに記事載せときます。

    で,さらに次に予定しているのは意外!ニュージーランド!
    次の2月に計画しているので,どうせなら暖かいところに行きたいなぁと…

    鉄道についてはかなり衰退してしまった国ですが,
    それでもトランツ・アルパイン号を初めとして風光明媚な路線を走る列車が残ってますので
    それらを制覇しに行ってきます。

    それでは~

    コメントを書き込む コメントを読む(3) [未分類]

北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~

  1. 名前: K-01 2016/10/06(木) 00:03:05
    前回から大分空いてしまった…
    すまん…すまん…

    ○平成28年5月2日(月)

    さて,シアトルを定刻どおりに出発したエンパイア・ビルダー号。
    まずは駅を北進,昨日カスケード号で通ってきた線を通っていきます。

    s-DSC_3446.jpg
    s-DSC_3447.jpg
    s-DSC_3449.jpg
    西日の海岸沿いを悠然と走っていく列車。

    s-DSC_3451.jpg
    s-DSC_3459.jpg
    その間に荷物の整理して、くつろぎスペース確保。

    s-DSC_3458.jpg
    s-DSC_3460.jpg
    s-DSC_3461.jpg
    またまたエバレット。ようやくここからカスケード号が通ってきた線路から分かれて内陸部へ。

    s-DSC_3462.jpg
    馬ー

    ここいらでシャワールームへ。

    s-DSC_3463.jpg
    ここが共用シャワールーム。
    各車両に1つずつ設置されてます。

    s-DSC_3464.jpg
    タオルはここに山積みになっているのを自由に使っていいのです。
    お湯の出もまず上々。

    s-DSC_3470.jpg
    s-DSC_3471.jpg
    s-DSC_3475.jpg
    部屋に戻ったら,山岳地帯に入ってました。
    もうロッキー越えかと思っていたら,ここはまだまだその手前のベイカー=スノコルミー国立森林公園。

    s-DSC_3476.jpg
    山岳地帯合間の集落。
    林業とかで生計立ててるんですかねぇ。

    s-DSC_3478.jpg
    貨物列車とすれ違い。
    これから飽きるほど見ることになります。

    s-DSC_3482.jpg
    川。

    s-DSC_3485.jpg
    s-DSC_3486.jpg
    s-DSC_3487.jpg
    先より大きな集落。

    s-DSC_3488.jpgs-DSC_3490.jpgs-DSC_3492.jpg
    山間部をグネグネと走るエンパイア・ビルダー号。
    窓に電気コードが移り込んでしまう…

    s-DSC_3501.jpg
    ここもまた実にアメリカンな光景。

    s-DSC_3516.jpg
    夕食。

    寝台車利用客は飯代も込みになっているので、
    3食追加料金なしで食堂車で食えます。

    朝、昼は時間内の好きな時に。
    夜はあらかじめ時間を聞きに来るので、その時間に行けばいいのです。
    で、次の夜にちょっとしたトラブルがあったのですが…

    s-DSC_3518.jpg
    というわけで、暗くなってきたので就寝。

    ○平成28年5月3日(火)
    人生初ずっと列車に乗っている日。

    s-DSC_3519.jpg
    s-DSC_3525.jpg
    目が覚めたらそこは高原っぽいところ…
    GoogleMapで確認すると既にロッキー山脈に突入している模様です。

    s-DSC_3526.jpg
    s-DSC_3528.jpg
    s-DSC_3530.jpg
    「ロッキー山脈に昇る…朝陽です 百万円!クイズハンターハンターチャンスワン!」

    hunterchanceone.jpg

    このエンパイアビルダー号の最大のハイライト『グレイシャー国立公園』ははもうすぐ。

    s-DSC_3535.jpg
    貨物列車とすれ違い。

    s-DSC_3538.jpg
    朝食喰ってる間に到着したウェスト・グレイシャー駅。ここからいよいよグレイシャー国立公園。

    s-DSC_3545.jpg
    s-DSC_3549.jpg
    s-DSC_3550.jpg
    s-DSC_3551.jpg
    それっぽくなってきました。

    s-DSC_3561.jpg
    貨物列車を追い越し。

    そういえばいつの間にかこのエンパイア・ビルダー号。
    ポートランド側から出てきた編成と連結してますね。

    s-DSC_3563.jpg
    牽引機のジェネシスも重連になってるし。

    s-DSC_3565.jpg
    途中の山中の駅に停車。
    ホームから完全にはみ出てるのはいつものことです。

    s-DSC_3567.jpg
    迎えの車に乗り換える客。
    どうでもいいですがあの赤いシャツのおっさん、昨日食堂車で相席になったカナダ人ですね…

    s-DSC_3568.jpg
    こんなコテージみたいなのが沿線にチラホラ。

    s-DSC_3577.jpgs-DSC_3587.jpg

    なんか自分の部屋とは反対側の方の方が景色が良さげになってきたので、廊下に出て撮影開始。

    s-DSC_3615.jpg
    各寝台車両の廊下に設置されているコーヒーメーカー。

    s-DSC_3588.jpg
    そして飲み放題のオレンジジュース。
    遠慮なくいただきながら,グレイシャー国立公園を撮りまくる。

    s-DSC_3592.jpg
    s-DSC_3595.jpg
    s-DSC_3596.jpg
    この辺りからグレイシャー国立公園のハイライト。

    s-DSC_3597.jpgs-DSC_3598.jpg
    ゆったりとカーブしながら進んでいくエンパイア・ビルダー号。

    s-DSC_3600.jpg
    s-DSC_3601.jpg
    s-DSC_3603.jpg
    s-DSC_3606.jpg

    s-DSC_3607.jpg
    保線のおっちゃんたち。
    アメリカみたいな広大な路線の保線とか大変そう…

    s-DSC_3608.jpg
    s-DSC_3609.jpg
    s-DSC_3610.jpg
    s-DSC_3612.jpg
    s-DSC_3614.jpg
    雄大としか言いようがない景色。

    s-DSC_3618.jpg
    分岐線。一体何処に行くんですかね?

    s-DSC_3620.jpg
    なんか落ちてきてますね。

    s-DSC_3622.jpg
    s-DSC_3624.jpg
    s-DSC_3628.jpg
    s-DSC_3631.jpg
    s-DSC_3634.jpg
    s-DSC_3639.jpg
    s-DSC_3640.jpg
    s-DSC_3642.jpg
    s-DSC_3646.jpg
    s-DSC_3647.jpg
    s-DSC_3648.jpg
    そろそろ平坦部まで降りてきました。ロッキー山脈横断完了。

    s-DSC_3651.jpg
    荒野の街っぽい…街っぽくない?

    s-DSC_3656.jpg
    s-DSC_3657.jpg
    s-DSC_3661.jpg
    s-DSC_3662.jpg
    s-DSC_3664.jpg
    s-DSC_3665.jpg
    ここら辺りからグレートプレーンズ。
    後ろにロッキーの山々が遠ざかっていきます。

    s-DSC_3669.jpg
    s-DSC_3671.jpg
    s-DSC_3673.jpg
    s-DSC_3674.jpg
    s-DSC_3676.jpg
    s-DSC_3677.jpg
    s-DSC_3678.jpg
    見渡す限り荒野。

    s-DSC_3680.jpg
    s-DSC_3681.jpg
    s-DSC_3682.jpg
    憐れ、たった一日一本の旅客列車の踏切待ちに捕まってしまった車。

    s-DSC_3683.jpg
    モンタナ州の片田舎街シェルビーに到着。
    少し停車時間があったので,ここでシアトルから乗車以来,およそ十数時間ぶりに降りてみる。

    s-DSC_3688.jpg
    s-DSC_3689.jpg
    牽引機のジェネシス。重量感あるよな。

    s-DSC_3692.jpg
    Amtrakのロゴマーク。

    およそ15分ほど停車した後,再び出発。

    景色も単調になってきたので車内探検に行ってみる。

    s-DSC_3694.jpg
    座席車。
    前も書きましたが,これに乗れば寝台車よりも遥かに安上がりにシカゴまで行くことは出来ます。
    48時間座席車に耐えれれば…の話ですが。

    案の定,大泉さんやミスターみたいな顔をした乗客がゴロゴロいました。

    nerenai.jpg

    s-DSC_3730.jpg
    ラウンジカー。

    s-DSC_3857.jpg
    この階下には売店が。
    座席客はレストランで食う以外にここで軽食を買って済ますことも出来るわけです。

    s-DSC_3714.jpg
    そして食堂車。
    4人掛けテーブルに来た人からどんどん詰め込んでいきます。
    つまり相席不可避。

    s-DSC_3695.jpg
    またラウンジカーに戻って。しばらくここで外の景色を眺める。

    s-DSC_3696.jpg
    s-DSC_3698.jpg
    s-DSC_3703.jpg
    s-DSC_3706.jpg
    s-DSC_3707.jpg
    全然変わり映えしねぇ…戦場は荒野。

    s-DSC_3705.jpg
    s-DSC_3711.jpg
    s-DSC_3712.jpg
    もう貨物列車との交換も見飽きた。

    というわけで,景色はよそにスマホにDLしてきた忍殺と俺ツイを読みながら時間消化。

    s-DSC_3718.jpg
    s-DSC_3720.jpg
    お昼。
    体を全く動かしていないのでサラダとプリンだけ。
    見た目通り不味いプリンでした。

    s-DSC_3723.jpg
    s-DSC_3726.jpg
    s-DSC_3731.jpg
    s-DSC_3732.jpg
    再びグレートプレーンズ。

    s-DSC_3733.jpg
    s-DSC_3735.jpg
    s-DSC_3736.jpg
    さっきからあんな風にループ状の線路に貨物車が並んでいる光景を見るのです。
    サイロから飼料を入れる線路に,わざわざこんな無駄に敷地を使う辺りさすがアメリカ。

    s-DSC_3738.jpg
    s-DSC_3737.jpg
    s-DSC_3739.jpg
    s-DSC_3740.jpg
    s-DSC_3741.jpg
    ワゴ~ンマスタ~いそげよ幌馬車~

    DLしてきた忍殺も俺ツイも読破してしまったので,
    自分の部屋に戻って夕食の時間まで就寝。

    私が予約した時間は18時…

    半分夢心地の中で、一回アナウンスが「18時に予約した人,食堂車に来て」と言ったような気がするのですが
    時計を見てまだ17時だったので,しばらくベッドで横になっていた時…

    ふと,水曜どうでしょうのアメリカ横断で東進すればするほど、
    時差で残された時間が短くなっていって焦る一行を何故か思い出した私。

    「あ、時差だ!」

    思わず叫んで慌てて食堂車へ。

    america_jisa.jpg
    この図で言うと、「MOUNTAIN TIME ZONE」から「CENTRAL TIME ZONE」に既に突入していたということです。

    1時間遅刻してしまい,食堂車のおばちゃんから怒られてしまいました。

    「ちゃんと時計合わせておかなかったの!?」
    「すまぬ…すまぬ…」

    s-DSC_3749.jpg
    ともかく夕食。

    s-DSC_3751.jpg
    沈む夕日。
    初めての海外だったオーストラリアもそうだったけど,大陸系は夕陽と朝陽は本当にきれい。

    s-DSC_3754.jpg
    というわけでおやすみ。

    ○平成28年5月4日(水)
    朝起きたらまもなくミネソタ州最大の街,ミネアポリス近郊。

    s-DSC_3755.jpg
    「ミネアポリスに昇る…朝陽です 百万円!クイズハンターハンターチャンスワン!」

    hunterchanceone.jpg

    s-DSC_3758.jpg
    s-DSC_3759.jpg
    ミネアポリス到着。

    さて,シカゴまであと半日。

    s-DSC_3766.jpg
    川。
    何の川?と思っていたら,アナウンスでミシシッピ川との案内。

    メキシコ湾にそそぐあの川が既にこんなところから流れているんですね。
    どうでもいいですがミシシッピ川といえば,ミシシッピ殺人事件。

    ua.jpg

    s-DSC_3772.jpg
    デカい(確信)

    s-DSC_3798.jpg
    コンボイもデカい。

    s-DSC_3776.jpg
    s-DSC_3786.jpg
    s-DSC_3787.jpg
    s-DSC_3791.jpg
    s-DSC_3794.jpg
    s-DSC_3795.jpg
    昨日は途中からずっと荒野で飽きてましたが,
    今日は川沿いを長時間走っていてなかなか好。

    s-DSC_3796.jpg
    タグボートを押していく船。

    s-DSC_3802.jpg
    s-DSC_3803.jpg
    s-DSC_3805.jpg
    s-DSC_3815.jpg
    s-DSC_3816.jpg
    s-DSC_3817.jpg
    s-DSC_3818.jpg
    s-DSC_3822.jpg
    s-DSC_3823.jpg
    s-DSC_3824.jpg
    水門。

    s-DSC_3827.jpg
    ミシシッピ川沿いの街,ウィノナに到着。青々としたいい感じの駅。

    s-DSC_3832.jpg
    s-DSC_3833.jpg
    停車時間が少しあったので,また十数時間ぶりに下車。

    s-DSC_3834.jpg
    s-DSC_3835.jpg
    s-DSC_3836.jpg
    またしばらくミシシッピ川沿いを行く。

    s-DSC_3839.jpg
    s-DSC_3842.jpg
    s-DSC_3845.jpg
    このまま川を降っていくのかと思いきや,ここで川を横断。
    ミシシッピ川から離れて内陸部へ。

    s-DSC_3847.jpg
    s-DSC_3848.jpg
    もはや見飽きるくらい見た貨物列車。
    でも赤いのは初めて。

    s-DSC_3853.jpg
    最後の昼食。

    s-DSC_3852.jpg
    s-DSC_3855.jpg
    s-DSC_3856.jpg
    なんか曇ってきました…
    今回の旅行、バンクーバーについてから快晴続きだったのですが、
    もはやこれまで?

    s-DSC_3859.jpg
    s-DSC_3860.jpg
    シカゴより一つ手前のミルウォーキー到着。
    いよいよ次は終点のシカゴ。

    s-DSC_3864.jpg
    ラストスパート。

    s-DSC_3869.jpg
    通路に貼ってあった路線図。
    カナダとの国境線に近い一番上の赤い線をずっと辿ってきたわけですね。

    s-DSC_3874.jpg
    向こうに何やら高層建築群が見えてきました。あれが…シカゴ?

    s-DSC_3878.jpg
    s-DSC_3880.jpg
    s-DSC_3881.jpg
    シカゴ近郊で運行している鉄道事業者Metraの車庫。
    いよいよシカゴ感が出てまいりました。

    s-DSC_3886.jpg
    あの一際高い高層ビルはかつて高さ世界一だったこともあるウィリスタワー(442m)。

    s-DSC_3890.jpg
    シカゴ市街地に突入。

    s-DSC_3893.jpg
    そして…シアトル・キングストリート駅から48時間,ついにシカゴ・ユニオン駅に到着。
    疲れた…

    s-DSC_3896.jpg
    地下駅です。

    s-DSC_3897.jpgs-DSC_3899.jpg
    地上に出ると、さっき列車の中からもよく見えたウィリス・タワーが目の前に。

    s-DSC_3898.jpg
    あの川のすぐ横にあるのがユニオン駅。
    川が増水したら、すぐ冠水しそうなんですが…

    っていうかサムゥイ!
    日も照っていない上に、もともとミシガン湖からの風がよく吹く街だからサムゥイ!
    短パンと半袖シャツではちょいとキツい…

    というわけで,まずは寒さをしのぐべく今宵の宿目指しそそくさと駅から撤収するのでした。

    次回,最終章シカゴ編なのです。

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

ページ移動

トップページ | 次ページ>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。