FC2ブログ

最新の記事

ロシアより鉄愛を込めて(その4~モスクワ観光&おさらい編) (01/05)  ロシアより鉄愛を込めて(その3~イルクーツク観光&シベリア鉄道後半戦) (12/26)  ロシアより鉄愛を込めて(その2~シベリア鉄道前半戦) (12/19)  ロシアより鉄愛を込めて(その1~ウラジオストク観光編) (11/21)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17) 

記事一覧はこちら

ページ移動

トップページ | 次ページ>>

ロシアより鉄愛を込めて(その4~モスクワ観光&おさらい編)

  1. 名前: K-01 2019/01/05(土) 00:00:00
    最後のロシア人烈伝。
    柔道女子、ガチムチGファイターと来たので、最後くらいGEのアリサちゃんやアイマスのアナスタシアちゃんみたいな美少女キャラ出そうと思ったのですが、
    思ったより語れないのでやっぱりこの人。

    ウォーズマン02 
    ウォーズマン02 
    ご存じウォーズマン。活躍時代的にはロシアというよりソ連ですが…

    いわずもがなキン肉マンの数多いる超人の中でも人気超上位の彼ですが、当のゆでたまご先生が彼の人気に気づいておいらず、旧作では「ギャー!キン肉マーン!」されたりとイマイチ不遇な人。

    二世では万太郎最大のライバル、ケビンマスクのコーチ&セコンドに付いたりとそれなりに活躍しましたが、黒歴史中の黒歴史「究極の超人タッグ」編では相方マンモスマンをネプに取られたりとやっぱり微妙…

    至近の完璧超人始祖編でも、完璧・無量大数軍が一人ポーラマンは撃退しましたが、試合はその一戦のみ…

    やっぱりどこか不遇な彼ですが、現在連載中の「サタン編」で果たして活躍の場が与えられるのか…要注目です。

    ちなみに私が好きな超人はバッファローマンです。



    さて,ヨーロッパ最大の都市モスクワとなれば出歩かないわけには参りません。
    列車は時刻表通り11時過ぎについたので,さっそく午後観光に出ます。

    というか,今日しかモスクワ観光できる時間がないので,まずは早々にホテルへ。

    IMG_20180923_112406s.jpg 
    LRTだ!LRTがいるぞ!(ワーワーワー

    IMG_20180923_112613s.jpg 
    さすが,モスクワだけあって駅舎も荘厳。

    IMG_20180923_113203s.jpg 
    駅構内。

    IMG_20180923_113210s.jpg 
    モスクワとサンクトペテルブルグを結ぶ高速鉄道「サプサン号」…の玩具。
    ロシア鉄道ってNゲージ出てるのかしら?

    IMG_20180923_113541s.jpg 
    今日とったホテルは駅舎内にあるこのホテル。

    IMG_20180923_113554s.jpg 
    何たることか!プーチン大統領直々のお出迎えだ!コワイ!

    IMG_20180923_114646s.jpg 
    三日ぶりのベッド。
    荷物を置いて早速,地下鉄で観光地巡りに出向きます。

    IMG_20180923_135928s.jpg 

    IMG_20180923_135848s.jpg 
    モスクワの…地下鉄!

    IMG_20180923_140555s.jpg 
    治安は…特に普通です。

    IMG_20180923_141134s.jpg 
    降りました。

    まず向かった場所。
    やはりモスクワといえば…。

    IMG_20180923_141745s.jpg 

    IMG_20180923_141807s.jpg
    赤の広場!

    IMG_20180923_141816s.jpg 

    IMG_20180923_142057s.jpg 
    これこそロシア!
    赤い!赤いぞ!
    こりゃ赤い 

    IMG_20180923_141912s.jpg 

    IMG_20180923_142223s.jpg 
    右の時計塔はクレムリンのスパスカヤ塔。

    IMG_20180923_142219s.jpg 
    そして左の球根がたくさんついた教会は聖ワシリイ大聖堂。

    IMG_20180923_142754s.jpg 
    これぞまさにテレビで見たモスクワ!

    IMG_20180923_143145s.jpg 

    IMG_20180923_143434s.jpg 

    IMG_20180923_143234s.jpg 

    IMG_20180923_143658s.jpg 
    クレムリン外周を一周。

    案の定というか,周囲はわんさか警官や兵士が見張ってます。
    普通に観光客していれば何も咎められませんが…

    IMG_20180923_144220s.jpg 

    IMG_20180923_144732s.jpg 

    IMG_20180923_144749s.jpg 

    IMG_20180923_145150s.jpg 
    いい感じに晴れてきました。
    ここぞというときに晴れてくれる、それが私の旅クオリティ。

    一周したところでクレムリン内部に突入。

    IMG_20180923_150627s.jpg 
    入場券売り場。

    ここで改めて調べてみると,クレムリンの見学は少しややこしくて,
    まず普通に回るだけなら,事前にネットで購入出来るチケットだけで問題ないのですが,
    クレムリンの一番の見どころは「武器庫」。

    一見すると昔の大砲とか刀剣とか置いてあるのかと思いますが,その実歴代ロシア王朝の宝物庫です。

    その武器庫に入るには,普通の入場料とは別に武器庫入場料を支払う必要があるわけですが,
    時間毎の入場者制限があり,シーズンによっては入れない場合もあるようです。

    しかもこの武器庫のチケットは,オンラインでは買えず現地の窓口でしか買えないので
    これを買うために行列を為すこともよくある模様。

    というこで,これを見ずして帰ってしまう人も多いようです。
    そもそも「武器庫」なんて名づけずに「宝物殿」とつければ良かったと思うんだけど…

    ともかく私の場合は特に列をなすことなく,無事に至近の時間のチケットも買えて問題なく入場…

    IMG_20180923_150648s.jpg 
    と思いきや,クレムリンの入り口にはご覧の通りの行列。
    空港並みのセキュリティチェックをやってるので仕方なし。

    IMG_20180923_152138s.jpg 

    IMG_20180923_152123s.jpg 
    入場門。

    IMG_20180923_152226s.jpg 
    微動だにしない衛兵をこれでもかと言わんばかりに激写する観光客たち。

    IMG_20180923_152311s.jpg 
    入るといきなり国立クレムリン宮殿。

    IMG_20180923_165808s.jpg 

    IMG_20180923_165818s.jpg 
    ロシアの紋章の「双頭の鷲」
    実にカッコいいですね。

    じっくりと見てる暇もなく,武器庫の入場時間が迫ってきていたのでダッシュダッシュ。

    IMG_20180923_161954s.jpg 

    IMG_20180923_162007s.jpg 
    衛兵さんに地図を見せながら,なんとか武器庫に辿りついたわけですが…

    (※撮影禁止)

    あー,これは凄い…凄かったです。

    アホみたいな数の歴代王朝の秘宝を十二分に堪能することが出来ました。

    さらにこの武器庫の中には,ダイヤモンド庫なるものがあり,

    これまた別料金を払わないと入れないのですが、金銀宝石類がこれでもかといわんばかりに陳列されているので,クレムリンにいらした際は是非とも足をお運びください。

    ロンズデーライトパワーが存分に堪能できます。
    ロンズデーライトパワー 

    IMG_20180923_162143s.jpg 
    メインを見終えたところで,あとはゆるりとクレムリンの敷地内を見学。

    IMG_20180923_162927s.jpg 

    IMG_20180923_162933s.jpg

    IMG_20180923_163017s.jpg

    IMG_20180923_163207s.jpg

    IMG_20180923_164357s.jpg 
    一撃必殺砲。

    IMG_20180923_165534s.jpg 
    連装砲。

    IMG_20180923_164605s.jpg

    IMG_20180923_164438s.jpg

    IMG_20180923_164820s.jpg

    IMG_20180923_165038s.jpg 
    地下に埋もれた城塞跡。

    IMG_20180923_165134s.jpg 

    IMG_20180923_165147s.jpg
    もともと城塞があった場所に建てられているということが分かります。

    IMG_20180923_164910s.jpg 
    思っていたより自由に敷地内を歩けると思いましたが,少しでも立ち入り禁止エリアや車道にはみ出そうものなら,すぐに衛兵からの凄まじいホイッスルが鳴り響きます。

    ひとしきり見学して撤収。

    IMG_20180923_170159s.jpg 
    先ほどの衛兵が上司らしき人から指導を受けてます。アッー!!

    IMG_20180923_172529s.jpg 
    またも地下鉄。

    IMG_20180923_172606s.jpg 
    凄いよこの地下鉄!USBコンセントが付いてる!

    さて、海外の新しい街に来たからにはやらねばならぬことが…

    それは高所から街を見下ろすということ。
    つまり高層ビルやタワーに昇るということです。

    IMG_20180923_175240s.jpg 
    ということで、目指すはモスクワ郊外に建つテレビ塔、オスタンキノタワー。

    IMG_20180923_175435s.jpg 
    あ、サプサン号!

    次回ロシア訪問時にはこれに乗ってサンクトペテルブルクに行ってみるのも一興。

    IMG_20180923_180716s.jpg 
    到着。

    IMG_20180923_182345s.jpg 
    如何にも80年代チックなアトモスフィア。
    ロシアは全体的にこういう感じで実にいい…いいのです。

    ここもセキュリティが厳重で入場に一手間。

    IMG_20180923_183052s.jpg 

    IMG_20180923_183148s.jpg

    IMG_20180923_183333s.jpg
    しかしこれを見に来た甲斐だけはあります。

    IMG_20180923_183112s.jpg 
    お約束のシースルー床。

    IMG_20180923_183411s.jpg IMG_20180923_183414s.jpg

    IMG_20180923_183455s.jpg

    IMG_20180923_183532s.jpg
    先ほどシベ鉄で着いたヤロスラフスキー駅。

    IMG_20180923_183620s.jpg

    IMG_20180923_183652s.jpg

    IMG_20180923_183711s.jpg
    しかしヨーロッパ最大の都市の割には高層建築物が少ないですね
    まあ、ヨーロッパの都市全体の傾向ではありますが…

    IMG_20180923_185752s.jpg 

    IMG_20180923_183804s.jpg 
    ロシア歴代書記長。

    世界の高層建築物を紹介しているスクリーンがありました。

    IMG_20180923_184807s.jpg 
    このオスタンキノタワー。

    IMG_20180923_184907s.jpg
    台北101。

    IMG_20180923_184825s.jpg
    ドバイのブルジュ・ハリファ。

    IMG_20180923_184913s.jpg
    シカゴのシアーズタワー。

    IMG_20180923_184941s.jpg
    ニューヨークのエンパイアステートビル。

    IMG_20180923_185014s.jpg
    東京タワー、

    IMG_20180923_185033s.jpg
    ロンドンのザ・シャード。
    こうして見ると、私も世界の高層建築物かなり周ってましたね。

    そうこうしている内に徐々に陽も沈んで…
    IMG_20180923_185333s.jpg 

    IMG_20180923_185339s.jpg

    IMG_20180923_185413s.jpg

    IMG_20180923_185417s.jpg

    IMG_20180923_185436s.jpg

    IMG_20180923_185459s.jpg

    IMG_20180923_185523s.jpg

    IMG_20180923_185544s.jpg
    いい感じになってきました。

    IMG_20180923_185609s.jpg

    IMG_20180923_185635s.jpg

    IMG_20180923_190447s.jpg 

    IMG_20180923_190648s.jpg
    実に素晴らしい夜景。
    これにてモスクワ観光は終了。撤収です。

    IMG_20180923_191802s.jpg IMG_20180923_192615s.jpg
    広告灯としても大活躍のオスタンキノタワー。

    IMG_20180923_193944s.jpg 
    帰りはこのモノレールみたいなのに乗ってから地下鉄に乗り換え。

    IMG_20180923_195112s.jpg 
    なんかSF映画みたいな、地下鉄通路。

    IMG_20180923_201541s.jpg 
    ホテル近くの駅に着いた時点で既に20時半過ぎ。
    大分タワーで時間を喰ってしまいました。

    まだ売店が空いてる間に土産購入。

    IMG_20180923_210620s.jpg 
    プーチン大統領Tシャツ×4。
    そして自分用にプーチン大統領マグカップ。

    そして飯。

    IMG_20180923_225444s.jpg 
    近場にあったこのバーで。

    IMG_20180923_220742s.jpg 

    IMG_20180923_221510s.jpg
    黒ソーセージと…なんか。
    しかしロシアは全体的にビールのうまい国でした。

    IMG_20180923_230216s.jpg 

    IMG_20180923_230249s.jpg
    もうすっかり夜は深けて…
    長かったロシアの旅(ほとんどシベ鉄)も明日で終了です。

    〇9月24日(月)
    IMG_20180924_081808s.jpg 
    おおはようございます。

    IMG_20180924_082807s.jpg 

    IMG_20180924_082837s.jpg
    早速地下鉄で、シェレメーチエヴォ国際空港へのアクセス鉄道アエロエクスプレスが発着してるベラルースキー駅を目指します。

    IMG_20180924_083420s.jpg 

    IMG_20180924_083139s.jpg 

    IMG_20180924_083542s.jpg 

    IMG_20180924_083507s.jpg 

    IMG_20180924_084458s.jpg
    来た時から思ってましたが、モスクワの地下鉄の駅はどこも教会みたいに荘厳なアトモスフィア。

    IMG_20180924_084852s.jpg 
    ベラルースキー駅に到着。

    IMG_20180924_085225s.jpg 
    チケット売り場。
    せっかくなので俺はこの一番高いシート(ビジネスシート)を選ぶぜ!

    赤い扉 

    IMG_20180924_085427s.jpg 
    アエロエクスプレス。

    IMG_20180924_085449s.jpg 
    ビジネスシート。なお扉は手動。

    IMG_20180924_085455s.jpg 
    一応、水と新聞がただで提供されてますが…
    ちなみに最後まで乗ってるの、私一人しかいませんでした。

    IMG_20180924_085920s.jpg 
    入線してくるエレチを待って出発。

    IMG_20180924_090600s.jpg 
    出発してからやってくる車内販売。
    せっかくなのでコーヒーを一杯頼みましたが、これで250ルーブル!?
    ビジネスシートっていうからには、こういうのをサービスしなさいよ!こういうのを!!

    IMG_20180924_090730s.jpg 

    IMG_20180924_090752s.jpg 

    IMG_20180924_092530_1s.jpg 

    IMG_20180924_093028_1s.jpg 

    IMG_20180924_093247s.jpg 

    IMG_20180924_093320s.jpg 

    IMG_20180924_093826s.jpg 

    IMG_20180924_093902s.jpg 

    IMG_20180924_094136s.jpg 
    シェレメーチェヴォ国際空港に到着。

    IMG_20180924_100441s.jpg 
    思っていたよりは明るい空港ですね。

    IMG_20180924_105702s.jpg 
    帰りはフィンエアーにて、ヘルシンキ経由で帰国。

    IMG_20180924_103900s.jpg 

    IMG_20180924_105354s.jpg

    IMG_20180924_112510s.jpg 
    ヘルシンキ行きのエンブラエル190。
    国際線で乗るのは初めてかもしれぬ。

    IMG_20180924_112520s.jpg 

    IMG_20180924_115359s.jpg

    IMG_20180924_115452s.jpg

    IMG_20180924_115536s.jpg

    IMG_20180924_115622s.jpg

    IMG_20180924_115952s.jpg 
    出発。さらばロシア。

    IMG_20180924_132251s.jpg

    IMG_20180924_133039s.jpg
    到着。

    IMG_20180924_132901s.jpg 
    ノルウェーのLCC、ノルウェー・エアシャトルですね。

    IMG_20180924_133018s.jpg
    ターキッシュ・エアラインも!

    IMG_20180924_133439s.jpg 

    IMG_20180924_133804s.jpg 

    IMG_20180924_140910s.jpg 

    IMG_20180924_145545s.jpg 

    IMG_20180924_134344_1s.jpg
    久々に漢字見たような気がする…

    IMG_20180924_134813s.jpg 

    IMG_20180924_141606s.jpg
    フィンランドといえばムーミン。

    ムーミン 

    IMG_20180924_142556s.jpg 
    飯。これで約900円。さすが北欧クオリティ。

    IMG_20180924_145336s.jpg 

    IMG_20180924_145345s.jpg 

    IMG_20180924_160229s.jpg 
    スタッフ用キックボード。こういう合理的なところ好きよ。

    IMG_20180924_140948s.jpg 
    搭乗。初めてのA350です。

    IMG_20180924_161604s.jpg 

    IMG_20180924_161956s.jpg 

    IMG_20180924_162511s.jpg 

    IMG_20180924_162514s.jpg 

    IMG_20180924_162342s.jpg 

    IMG_20180924_171218s.jpg 

    IMG_20180924_171754s.jpg 
    またその内フィンランドにも来てみたいですね。

    というわけで、ロシア旅行終了です。
    イマイチ正体不明な国「ロシア」にいきなりシベ鉄フル走破と不安材料しかない旅でしたが、なんとかなるものですね。

    というか、意外といい国でした。国内の不穏分子には厳しくても普通の海外旅行客には優しいです。
    英語は全くといってもいいほど通じませんが。

    でもウラジオストクだけでも是非来て欲しいですね。成田からだと2時間半くらいで着きますし。

    そんなロシア旅行にとっての最大のネックはビザが必要なこと。

    ウラジオストクとか極東の一部の街はネットで電子ビザが申請できるようになったみたいですが、今回のシベリア鉄道乗車のようなことになると、ロシア大使館への書類提出が必要になってきます。

    後学のために書いておくと、申請に必要なのは

    ・パスポート
    ・申請書(ネットでダウンロードできます)
    ・申請書用写真
    ・バウチャー

    この最後のバウチャーというのが曲者で、ロシアでどこに泊まるか行程をすべて記入した証明書みたいなものでこれを現地の旅行会社から発行してもらわないといかんのです。

    ツアー旅行なら旅行会社に放り投げることが出来ますが、個人旅行でそんなのどうやって発行してもらうん!?

    というわけで、ネットで色々検索してみると「Travelrussia.su」で簡単にバウチャーが取得できることが分かりました。
    Bookig.comやHotel.comで個人予約したホテルでもこれならまったく問題ありません。

    あとはこれらの書類をロシア大使館に提出してビザ作成完了後取りに行かないといけないのですが、地方都市に住んでいる私にとってはそれもまた一苦労なので代行業者に頼みました。

    ここの「ロシアビザーズ」さんなら、こちらで全部書類を用意すれば4,200円で代行申請・受領までやってくれます。

    これで何の問題もなく入国できました。
    ウラジオストクの空港から入国するまでは「ホンマにこれで大丈夫なんか…?」と不安のどん底にいましたが全く問題ありませんでした!

    そして忘れていけないの入国時にもらう「ロシア 出入国カード」。

    これを旅行中ずっと持っていなくてはいけないのですが、これがまたレシートみたいに薄っぺらくて小さい紙(パスポートの片側くらい)なので如何にも紛失してしまいそうな紙。

    私はずっと財布の中に入れてましたが…

    入国ビザを含めてこんな不合理なことやってるあたり如何にもロシアですが、
    それを差し引いてもレトロ・アトモスフィア溢れる魅力的な国なので是非ともいらしてみては?

    今回最大の大物をやっつけてしまった世界鉄道の旅ですが、
    次回は久々に東南アジアはベトナムに行ってこようかと思います。

    シベリアを制覇したからと油断することなかれ、ナムを侮ると死ぬことになるぞ…
    サワタリ 
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [未分類]

ロシアより鉄愛を込めて(その3~イルクーツク観光&シベリア鉄道後半戦)

  1. 名前: K-01 2018/12/26(水) 00:00:00
    今日のロシア人烈伝。今回はこの人。

    arugo.jpg 
    アルゴ・ガルスキーさん。

    初戦でドモンを圧倒したり、浄化後もデビルガンダムのトラウマが残っていなかったりと、
    ロシア人らしく強キャラといえば強キャラなんですが、アレンビーの咬ませになったり、
    イマイチ不遇な人。あとロシアといえば「囚人」というイメージもこの人のせい。
    でも最後は看守のナターシャといい感じになって良かったですね。

    というわけで、イルクーツク観光です。



    IMG_20180919_161547s.jpg 
    イルクーツク駅。

    IMG_20180919_161411s.jpg 
    なかなか趣のある駅です。

    IMG_20180919_161354s.jpg 
    トラム!トラムがいるぞ!(ワーワーワー

    IMG_20180919_165202s.jpg 
    その前にチェックイン。

    IMG_20180919_212031s.jpg
    3日ぶりの普通のベッド。
    見ての通り3人部屋ですが値段は3Kもしなかった気がする。

    ちなみにフロントのお姉さんにシベ鉄の時刻表を見せながら、
    「この列車に乗りたいので明日朝3時にチェックアウトする」と言ったら
    「…モスクワタイム?」「ノー、ローカルタイム」「………」

    IMG_20180919_170055s.jpg 
    再び駅前。
    駅は中心部から川を挟んだ対岸にあるので、何かしらの交通機関で行かないといけません。

    IMG_20180919_170312s.jpg
    ここはトラム一択。一日乗車券があるかどうかは分らんでしたが、
    それより何も一回の乗車たったの15ルーブル!(約25円)
    乗車して中央の青いベストを来たおばちゃんに払います。

    IMG_20180919_170553s.jpg
    先ほどロシア号から下車したイルクーツク駅を越えて…

    IMG_20180919_170611s.jpg
    バイカル湖から流れてくるアンガラ川を越えて…

    IMG_20180919_171237s.jpg 
    市街地中心部で下車。

    IMG_20180919_171320s.jpg
    トロリーバス!トロリーバスがいるぞ!

    IMG_20180919_171510s.jpg 
    トトロ!?トトロがいるぞ!?

    …日本のマンガとか売ってました。
    ただフラフラ歩いているだけでこういう店見つけちゃうんだもんなぁ。

    IMG_20180919_171635s.jpg 

    IMG_20180919_171637s.jpg 

    IMG_20180919_171721s.jpg 

    IMG_20180919_171905s.jpg 

    IMG_20180919_172217s.jpg 
    クラシックな雰囲気の街です。

    IMG_20180919_172824s.jpg 

    IMG_20180919_172706s.jpg 
    誰?

    IMG_20180919_172757s.jpg 

    IMG_20180919_172806s.jpg 

    IMG_20180919_172811s.jpg 
    アンガラ川対岸のイルクーツク駅。

    IMG_20180919_173017s.jpg
    ただ街並みを見てるだけなのも何なので、この郷土博物館でも入ろうかと思ったのですが…

    「もう閉館よ」
    「(え、ガイドブックには18時閉館って書いてあるのに…)」(現在17時半)
    「閉館よ」
    「はい…」

    イルクーツクは街散策に専念することにしました。

    IMG_20180919_173319s.jpg 

    IMG_20180919_173642s.jpg

    IMG_20180919_173817s.jpg 

    IMG_20180919_174158s.jpg

    IMG_20180919_174645s.jpg 
    新しいトロリーバス。

    IMG_20180919_174802s.jpg 

    IMG_20180919_175108s.jpg 

    IMG_20180919_175501s.jpg 

    IMG_20180919_175637s.jpg 


    IMG_20180919_175710s.jpg 
    慰霊碑?

    IMG_20180919_175932s.jpg 

    IMG_20180919_181534s.jpg 
    「トローリー!」「オー!」

    ところでこのイルクーツクは日本人と所縁の深い街で
    第二次大戦後のシベリア抑留者の一部がここで働かせられたり
    それ以前に江戸時代から、遭難してロシア沿岸に流れ着いた漂流民の一部がここに永住したりした街です。

    極東にウラジオストクとかハバロフスクのような街が出来るまで
    このイルクーツクがロシアの最東部の大きな街だったわけですね。

    そんなイルクーツクは、これまた私に所縁のある金沢と姉妹都市で
    それにあやかってか金沢通りなるものがある模様。

    探してみます。

    IMG_20180919_181705s.jpg 
    これかい?

    IMG_20180919_181752s.jpg 
    …読めん。なんかそれっぽく書いてあるような気はするけど。

    IMG_20180919_181815s.jpg 
    あ、間違いないですね!なんか漢字に違和感あるけど…

    IMG_20180919_181832s.jpg 
    灯篭。兼六園の徽軫灯籠を模してますね。

    IMG_20180919_193149s.jpg 
    夕食タイム。
    英語で注文できそうな店に入ってみる。

    久々にまともな飯。
    IMG_20180919_184333s.jpg 
    サーモンとジャガイモのサラダ。うまい!

    IMG_20180919_190103s.jpg 
    うさぎの肉。ご注文はうさぎです。

    珍しかったから頼んでみたんですが、
    クセのある味を抑えるためのなのか味付けがやたら濃かったです。

    ホテルに戻って就寝…

    〇9月20日(木)
    おあはようございます!(午前2時半)

    昨日フロントの姉ちゃんから言われた通り、部屋の鍵をフロントのテーブルの下に置いたら
    その姉ちゃんが眠そうな顔で出てきました。スイマセンね。

    IMG_20180920_032606s.jpg 
    深夜のイルクーツク。

    IMG_20180920_033630s.jpg 
    再びイルクーツク駅。

    駅舎内に入ると駅の椅子がすべて埋まるくらい意外と客がいました。

    ちゃんと列車来てるからなと電光表示板を確認してたら…

    IMG_20180920_040303s.jpg 
    (一番上のが乗る予定の99番列車)え?一時間…遅れ?

    もう1時間ホテルで寝れたじゃねぇかよ畜生!
    まあウラジオストク始発で1時間遅れというのは、まだマシな方なのかもしれないけど…
    先のロシア号は時刻表通りに着きましたがね。

    IMG_20180920_041353s.jpg 
    ホーム。

    IMG_20180920_041549s.jpg 
    同じく99列車を待つ人々。

    IMG_20180920_041658s.jpg 
    ようやく来ました。

    さあ、戦いだ!(CV政宗一成)
    かくして 


    IMG_20180920_111059s.jpg 
    おおはようございます(即寝即起)。

    IMG_20180920_105914s.jpg 
    ジマというところに着いてました。


    IMG_20180920_132435s.jpg 
    もう時刻はお昼だったので、即席麺と一度だけ支給されるシベ鉄弁当と駅のホームで買ったやたら固い魚の干物。
    食べ方に慣れるまでお口の中がえらいことになりました。

    IMG_20180920_114634s.jpg 
    この99列車はロシア号と違って、型式が古く通路にしかコンセントがないのでご覧の有り様。
    口も一つしかないのでウラジオストクで買った分岐タップが大活躍よ。

    シベ鉄に乗る際には、現地で分岐タップを買うのをお勧めします。

    IMG_20180920_151943s.jpg 

    IMG_20180920_151945s.jpg 

    IMG_20180920_152003s.jpg 

    IMG_20180920_152040s.jpg 

    IMG_20180920_152045_1s.jpg 
    イルクーツク以西も紅葉が綺麗。

    IMG_20180920_152341s.jpg 

    IMG_20180920_152636s.jpg 


    IMG_20180920_161258s.jpg 

    IMG_20180920_164630s.jpg 

    IMG_20180920_164637s.jpg 

    IMG_20180920_165810s.jpg 

    IMG_20180920_173957s.jpg 

    IMG_20180920_180821s.jpg 

    IMG_20180920_165442s.jpg
    第二シベリア鉄道こと、バイカル・アムール鉄道との分岐駅、タイシェト駅。




    IMG_20180920_182743s.jpg 

    IMG_20180920_182346s.jpg
    ここでも露店販売。敷地に入らなければどうということはない。

    IMG_20180920_182556s.jpg
    売店でいつものビールを。

    IMG_20180920_193013s.jpg 
    シベ鉄に乗ってる間、ずっとこれ飲んでました。
    安いし。

    IMG_20180920_190042s.jpg 
    ホントこの干物固ったい!

    IMG_20180920_185745s.jpg 

    IMG_20180920_192629s.jpg 
    お休みなさい。

    〇9月21日(金)
    IMG_20180921_084755s.jpg 
    おあはようございます!

    何だか大きな街に近づいてきている模様。

    IMG_20180921_085052_1s.jpg 
    おなじみ球根教会。

    IMG_20180921_090407s.jpg 
    なんか久々に見たような気がする高層ビル。

    IMG_20180921_090632s.jpg 
    車庫!

    IMG_20180921_090640s.jpg 

    IMG_20180921_090738s.jpg 

    IMG_20180921_090754s.jpg 

    IMG_20180921_100634s.jpg 

    IMG_20180921_090828s.jpg 
    みんな赤い。

    IMG_20180921_091635s.jpg 
    列車はシベリア最大の都市ノヴォシビルスクに到着です。
    停車時間も最長の1時間。



    IMG_20180921_091731_1s.jpg 
    機関車付け替え中。
    そういえば最初に牽引していた奴から新しくなってますね。

    IMG_20180921_091203s.jpg 
    ノヴォシビルスク駅構内を散策。

    IMG_20180921_091828s.jpg 

    IMG_20180921_091927s.jpg 
    エレクリーチカがたくさん。

    IMG_20180921_095240s.jpg 

    IMG_20180921_092626s.jpg 

    IMG_20180921_092951s.jpg 
    駅舎内。なかなか荘厳な造りです。

    IMG_20180921_093341s.jpg 
    駅舎。ただいま13℃。

    IMG_20180921_093325s.jpg 

    IMG_20180921_093301s.jpg 
    メトロもありますね。
    こういう街もまたしっかりと観光してみたいですね。

    IMG_20180921_095255s.jpg 
    君もOAOに入らないか!?

    IMG_20180921_095600s.jpg 
    99列車最後部。

    IMG_20180921_100720s.jpg 
    出発。

    IMG_20180921_100856s.jpg 
    このロシア鉄道のロゴ初めて見たとき「PIO」って見えたんですが、
    正式名称はОАО(Российские железные дороги)です。

    IMG_20180921_101113s.jpg 
    ロシア最大級の大河、オビ川通過中。
    もともとシベ鉄建設時にこのオビ川を通過するための鉄橋を作る拠点として作られた集落が今のノヴォシビルスクです。

    IMG_20180921_101308s.jpg
    さらばノヴォシビルスク。

    IMG_20180921_173805s.jpg 
    突然ですが私のベッドです。

    IMG_20180920_165913s.jpg 
    荷物は通路上の荷物置き場に。
    ロシア号と違ってテレビはありません。

    IMG_20180921_140455s.jpg
    バラビンスク駅に到着。


    IMG_20180921_135703s.jpg 
    バキュームカー。

    IMG_20180921_135932s.jpg 

    IMG_20180921_135845_1s.jpg 
    ウラジオストク駅で見かけたのと同じような蒸気機関車。

    IMG_20180921_140933s.jpg 

    IMG_20180921_135953s.jpg 

    IMG_20180921_140117s.jpg 

    IMG_20180921_140104s.jpg 
    もはやおなじみの売店。

    IMG_20180921_140637s.jpg 
    静態保存されてる蒸気機関車は他の駅でもよく見かけたのですが、ここには旧式の電気機関車も。

    IMG_20180921_141441s.jpg 

    IMG_20180921_142157s.jpg 

    IMG_20180921_142201s.jpg 

    IMG_20180921_142206s.jpg 
    全体的に新型が多いですね。

    IMG_20180921_143247s.jpg 

    IMG_20180921_145828s.jpg 
    大分平地に出てきた感じ。

    IMG_20180921_174307s.jpg 
    オムスク駅到着。


    ノヴォシビルスクに次ぐシベリア第二の都市で、シベリア西端に位置する街です。
    長らく横断してきたシベリアもようやく終わりということです。


    IMG_20180921_174726s.jpg 

    IMG_20180921_180551s.jpg 

    IMG_20180921_180646s.jpg

    IMG_20180921_180741s.jpg 

    IMG_20180921_180754s.jpg 
    さらばオムスク。
    「小サンクトペテルブルク」と云われてるくらい綺麗な街だそうなので、
    また来てみたいですね。

    IMG_20180921_183246s.jpg 

    IMG_20180921_183256s.jpg 

    IMG_20180921_183259s.jpg 

    IMG_20180921_183614s.jpg 

    IMG_20180921_191212s.jpg 
    夕食後に、ノヴォシビルスク駅で買ったミカンをデザート代わりに…腐ってんじゃねぇか!

    〇9月22日(土)
    IMG_20180922_080855s.jpg 
    おおはようございます。

    列車はちょうどアジアとヨーロッパを分断する巨大山脈、ウラル山脈超え中でした。

    IMG_20180922_095207s.jpg 
    河畔のおしゃれな家。

    IMG_20180922_095215s.jpg 

    IMG_20180922_095407s.jpg 

    IMG_20180922_095409s.jpg 

    IMG_20180922_100341s.jpg 


    IMG_20180922_100723s.jpg 

    IMG_20180922_100732s.jpg 

    IMG_20180922_101010s.jpg 

    IMG_20180922_113238s.jpg 
    ちょっと揺れたらすぐ倒壊しそうな時計塔…

    列車はウラル山脈西側のふもとの街、ペルミに到着。
    いよいよここからヨーロッパです。


    IMG_20180922_113540s.jpg 

    IMG_20180922_115316s.jpg 
    何故か100系新幹線。

    IMG_20180922_120010s.jpg 

    IMG_20180922_120115s.jpg 

    IMG_20180922_120703s.jpg 

    IMG_20180922_120723s.jpg 

    IMG_20180922_134824s.jpg

    IMG_20180922_144501s.jpg 
    バレジノ駅。



    IMG_20180922_144720s.jpg 
    現地のオレンジジュース買って飲んでたら、蜂がすげぇ勢いで迫ってきました。

    IMG_20180922_144227s.jpg 

    IMG_20180922_145316s.jpg 

    IMG_20180922_145758s.jpg 
    蜂から逃げながら機関車の入れ替え作業を見てました。

    IMG_20180922_161329s.jpg 

    IMG_20180922_164401s.jpg 

    IMG_20180922_165544s.jpg 

    IMG_20180922_170109s.jpg 

    IMG_20180922_170353s.jpg 
    車内に掲示されている時刻表。
    いよいよタイムゾーンもモスクワと同じゾーンに入りました。

    IMG_20180922_170543s.jpg 

    IMG_20180922_171441s.jpg 
    踏み切り。
    よほどせっかちな奴がいるのか、遮断機のみならず地面からも板がせり出して通行を塞いでます。

    IMG_20180922_171611s.jpg 
    ビール工場。

    IMG_20180922_172024s.jpg 
    キーロフ駅。


    ノヴォシビルスク辺りまでは、もう何時になったら着くんだオーラ全開でしたが
    ここまで来ると「ああ、もうすぐ到着か…」とおセンチな気持ちにもなってきます。

    IMG_20180922_172132s.jpg 
    停車中のエレクトリーチカ。

    IMG_20180922_172700s.jpg 
    この武骨な感じがたまらんですねー。

    ところで「エレクトリーチカ」と聞くと、この人↓が思い浮かぶんですが何故でしょう?
    DnM28PLWwAEXa0l.jpg 
    よくもこんなキチガイ動画からキャプ画像を!

    IMG_20180922_172637s.jpg 
    普通に線路を渡ります。

    IMG_20180922_174344s.jpg 

    IMG_20180922_181234s.jpg 
    今度は腐ってないミカン。

    IMG_20180923_050558s.jpg 

    IMG_20180923_050610s.jpg 
    深夜の停車。
    いよいよ明日はモスクワ到着です。

    〇9月23日(日)
    IMG_20180923_074805s.jpg 
    おおはようございます。
    いよいよ今日でラストとなりました。

    IMG_20180923_110012s.jpg 
    朝の一杯も今日で終わり。
    ちなみにシベ鉄乗車中は、このおしゃれカップをレンタルしてくれるのですが、
    社内でもお土産用として売ってます。結構いい値段しましたけど。

    IMG_20180923_103810s.jpg 
    もうモスクワ近郊のようです。

    IMG_20180923_105147s.jpg 
    次々と行き交うエリチ。

    IMG_20180923_110608s.jpg 

    IMG_20180923_110622s.jpg 
    行き交う列車を横目に、最後に同室の客となったおばちゃんと談笑。
    「指さし会話帳」を使いながらですが。

    日本から来たというと、いたく驚いてたくさん飴ちゃんを貰いました。
    感性は関西人のおばちゃんと同じなんでしょうか。

    ちなみにこの99列車は、ほぼ同室の客が同じだったロシア号と違って
    頻繁に乗客が入れ替わってました。今日起きたら、客が全員入れ替わっているですもの。

    モスクワに近くなればなるほど近距離利用が多いのか、それともロシア号と比べて99列車が庶民によく使われるからなのか…

    IMG_20180923_111239s.jpg 
    ああ、ついに…

    IMG_20180923_111338s.jpg 
    モスクワ・ヤロスラヴスキー駅到着です。

    勝ったッ!
    シベリア鉄道完!
    第三部完! 



    IMG_20180923_111446s.jpg 
    曇天なのが残念ですが、モスクワらしいっちゃモスクワらしいですね。

    IMG_20180923_111810s.jpg 

    IMG_20180923_111732s.jpg 
    最終ランナーを務めた電気機関車もお疲れさまでした。

    IMG_20180923_111917s.jpg 

    IMG_20180923_112100s.jpg 

    IMG_20180923_112220s.jpg
    ヤロスラヴスキー駅前。

    ということで、ついに世界最長の旅客鉄道を制覇してしまいました。
    しかし旅はまだ終わりません!

    (続く)

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [未分類]

ロシアより鉄愛を込めて(その2~シベリア鉄道前半戦)

  1. 名前: K-01 2018/12/19(水) 00:16:00
    アニメとか漫画に出てくるロシア人って、結構強キャラっぽいじゃあないですかぁ。

    そんな風に思うきっかけになったのはこの人↓です。
    Tereshkova01.jpg 

    Tereshkova02.jpg 
    YAWARA!のテレシコワさん。

    ソウル五輪で柔のライバルのジョディを負傷敗退させるというヒール役で登場しましたが、
    その後なんやかんやで柔道の楽しさに目覚めて、いい感じのライバルキャラになるというなかなか美味しい役どころなテレシコワさん。

    しかし当時小学生でアニメ見たとき、ジョディを淡々と追い詰めていく様がなんかすげえ怖かった印象があります。

    というわけで、ロシア旅行その2です。

    〇9月16日
    なんか部屋に戻ったら宴会が始まっていたわけですが、
    早速私も巻き込まれました。

    同室にいたのは私以外全員ロシア人。
    元鉄道業に携わっていたらしいお爺さん、銀行員のおばさん、そして軍医のおっさん。

    このおっさんがとにかく酒好きで、私のコップにコニャックを注いでとにかく乾杯したがる。
    持ってきた焼酎4合瓶2本もこの日で無くなりました。

    でも差し入れのロシアのおつまみは美味しかったのです。

    宴会も終わった辺りに停車した駅で一枚。
    あと列車で過ごす夜は6回…
    IMG_20180916_210849s.jpg 
    IMG_20180916_211002s.jpg

    〇9月17日(月)

    おおはようございます。
    IMG_20180917_075552s.jpg 

    列車は極東第二の都市、ハバロフスクに到着。
    IMG_20180917_080650s.jpg 

    停車時間がそこそこあったので駅構内を散策…
    IMG_20180917_080924s.jpg IMG_20180917_083255s.jpg
    車内着のまま出て行ったのでサムゥイ!(4℃)けど、
    イチイチ着替えるのめんどくさかったので外の散策時はこの後も半袖短パンで貫き通してます。

    tanpan01.jpg 

    出発。
    IMG_20180917_084302s.jpg 

    アムール川横断。
    IMG_20180917_085345s.jpg 
    IMG_20180917_085503s.jpg IMG_20180917_085755s.jpg
    中国とロシアを分ける一大国境河川です。

    如何にもシベリアな荒涼とした平原。
    IMG_20180917_090139s.jpg IMG_20180917_090804s.jpgIMG_20180917_095532s.jpg

    貨物列車。
    IMG_20180917_100614s.jpg 
    EH500のロシア版みたいな重連機関車。

    IMG_20180917_100811s.jpg IMG_20180917_101624s.jpg
    IMG_20180917_115330s.jpg IMG_20180917_115334s.jpg
    お,晴れてきました。

    意外とこまめに停車。
    IMG_20180917_105954s.jpg 

    そして貨物列車も、時には5分間隔くらいの高頻度ですれ違う。
    IMG_20180917_122153s.jpg 
    IMG_20180917_133110s.jpg 


    IMG_20180917_130006s.jpg 

    IMG_20180917_135218s.jpg 
    IMG_20180917_135312s.jpg 
    長大なカーブ。

    IMG_20180917_135450s.jpg 
    IMG_20180917_135834s.jpg 
    ちょうどこっちは9月の紅葉シーズン。
    日本だと11月くらいの感じ。

    IMG_20180917_140003s.jpg 
    オブルチエ駅でまたしばし停車。
    ちなみに写真中央の左側にいるアロハシャツのアンちゃんが例のチャランポラン軍医です。

    IMG_20180917_140012s.jpg IMG_20180917_140440s.jpg

    IMG_20180917_141236s.jpg 
    2日に一本のロシア号につかまってしまった哀れな車たち。
    でもそもそもここ貨物列車が頻繁に走ってるから,あの長大編成に比べたらまだマシですね。

    IMG_20180917_141321s.jpg 
    IMG_20180917_141403s.jpg 
    IMG_20180917_141523s.jpg 
    実にカントリー。

    IMG_20180917_141515s.jpg 
    IMG_20180917_141605s.jpg 
    そして集落の向こうの山を走る貨物列車。

    IMG_20180917_141630s.jpg 

    IMG_20180917_142242s.jpg 
    また貨物列車。

    IMG_20180917_160917s.jpg 
    突然車掌から飯を渡される。
    これがシベ鉄で一回だけ出てくる弁当。それなりにうまい鶏肉とマカロニ的なもの。
    半分近く喰った状態で写したので見た目がなんですが…

    IMG_20180917_162721s.jpg 

    IMG_20180917_162745s.jpg 
    IMG_20180917_163057s.jpg 
    IMG_20180917_164530s.jpg 
    そんなこんなで陽も傾いてきました。

    IMG_20180917_181313s.jpg 
    IMG_20180917_181307s.jpg 
    夕陽の中,ベロゴルスク駅に到着。



    IMG_20180917_181337s.jpg 
    IMG_20180917_183213s.jpg 
    ここで機関車付け替え。

    IMG_20180917_181400s.jpg 
    共産圏の国ってやたら駅前に銅像が建ってる印象。

    IMG_20180917_183227s.jpg 
    3重連の機関車!
    こんなの走ってるのロシアくらいじゃないですか?

    IMG_20180917_184808s.jpg 
    先のベロゴルスク駅で買った缶ビール&魚の干物と,日本から持参したご飯&味噌汁で夕食。
    そして昨日と同じくコニャックを勧めてくるチャラ軍医。
    それはそれで適当に口をつけて、一方でビール一本じゃ足りなかったので,車内に売ってないかと散策。

    IMG_20180917_170514s.jpg 
    途中にあった3等寝台。
    これは…泊まりたくない…

    IMG_20180917_170756s.jpg 
    食堂車。
    あんまり美味しくないとの話だったので結局最後まで利用しませんでした。

    IMG_20180917_171006s.jpg 
    ここに缶ビールが売っていたので購入。
    駅の売店では80ルーブルくらいで売ってたんですが
    さすが車内料金というべきか,ここのビールは日本並みの値段。

    2本目のビールもかっくらって,外もすっかり暗くなってしまったので
    あとは寝るだけ…なのですが,どうしても気になることが…

    このシベリア鉄道ロシア号にはシャワーがついていないのは承知の上で、
    体はギャッツビーで吹いて、髪は我慢する…予定だったのですが、

    もう我慢でけん!
    アイアンハイド 

    なんとか髪だけでも洗えないかと目についたのが、ご飯の湯煎用に持ってきた鍋。

    IMG_20180917_193235s.jpg 
    あー、さっぱりした。

    〇9月18日(火)

    IMG_20180918_072810s.jpg 
    おおはようございます。
    シベリア鉄道3日目の朝です。

    IMG_20180918_072815s.jpg 
    昨日とあまり光景が変わってませんね。

    IMG_20180918_075002s.jpg 
    またも貨物。

    IMG_20180918_075831s.jpg 

    IMG_20180918_080632s.jpg 
    ローカル駅舎。

    IMG_20180918_080946s.jpg 
    IMG_20180918_080947s.jpg
    いやぁ、清々しい朝陽。

    アマザルという小さな集落に到着。


    IMG_20180918_084325s.jpg 
    IMG_20180918_084341s.jpg 

    IMG_20180918_084420s.jpg 
    水補充中。

    IMG_20180918_084504s.jpg IMG_20180918_084513s.jpgIMG_20180918_084743s.jpgIMG_20180918_084606s.jpg
    周囲をちょっと散策。寒い(短パン)。

    IMG_20180918_084833s.jpg 
    ロシアは広軌。

    IMG_20180918_090253s.jpg IMG_20180918_090308s.jpg
    IMG_20180918_090427s.jpg 

    IMG_20180918_090506s.jpg 
    こういう時に対向列車来て欲しいですね。

    IMG_20180918_091016s.jpg 

    IMG_20180918_091346s.jpg 
    私が通路に出て写真撮っている間、同居人たちはずっとテレビを見て過ごしています。

    IMG_20180918_092036s.jpg 
    IMG_20180918_102457s.jpg 

    IMG_20180918_103433s.jpg 
    おや、街が…

    IMG_20180918_103732s.jpg IMG_20180918_103756s.jpg

    モゴチャという街です。

    IMG_20180918_105047s.jpg 
    IMG_20180918_105230s.jpg

    IMG_20180918_111842_1s.jpg 
    いや、本当に紅葉シーズンのいい時に来ました。

    また三重連貨物!
    IMG_20180918_124628s.jpg 
    IMG_20180918_124626s.jpg 
    IMG_20180918_124547s.jpg 

    今度は2重連×2
    IMG_20180918_124754s.jpg 

    IMG_20180918_124846s.jpg 
    IMG_20180918_132835s.jpg 
    IMG_20180918_133103s.jpg 
    IMG_20180918_133239s.jpg 

    IMG_20180918_133643s.jpg IMG_20180918_133715s.jpg
    IMG_20180918_133751s.jpg 
    IMG_20180918_133851s.jpg 
    IMG_20180918_133930s.jpgIMG_20180918_133946s.jpgIMG_20180918_134027s.jpgIMG_20180918_134703s.jpgIMG_20180918_134720s.jpgIMG_20180918_140315s.jpgIMG_20180918_140400s.jpgIMG_20180918_140734s.jpgIMG_20180918_140812_1s.jpgIMG_20180918_140829s.jpgIMG_20180918_141113s.jpgIMG_20180918_141202s.jpg
    なかなか飽きませんね。

    IMG_20180918_141254s.jpgIMG_20180918_141300s.jpgIMG_20180918_141318s.jpgIMG_20180918_141349s.jpg
    この季節ならまだしも、冬になると一体どうなってしまうのか…

    IMG_20180918_141427s.jpg IMG_20180918_141649s.jpgIMG_20180918_141746s.jpgIMG_20180918_141906s.jpgIMG_20180918_142137s.jpgIMG_20180918_142245s.jpg

    チェルニシェフスクに到着。
    なんか今日一日、大して進んでいないような気が…

    IMG_20180918_162605s.jpgIMG_20180918_162609s.jpg


    IMG_20180918_162809s.jpg
    駅の敷地外れで長距離列車客目当ての露天商が店を出してます。
    昔はホームにたくさん出てたようですが、最近締め出されてしまったようです。

    IMG_20180918_162906s.jpg IMG_20180918_162915s.jpgIMG_20180918_162940s.jpg
    結構広い操車場。

    IMG_20180918_163211s.jpg IMG_20180918_163300s.jpg
    ここにも像。今度はシルバー。

    IMG_20180918_170526s.jpg 
    IMG_20180918_170927s.jpg IMG_20180918_171832_1s.jpgIMG_20180918_175710_1s.jpgIMG_20180918_175722s.jpgIMG_20180918_175727s.jpgIMG_20180918_175817s.jpg
    夕陽の頃が一番映えますね。

    IMG_20180918_180054s.jpg 
    また貨物。

    IMG_20180918_180315s.jpg
    IMG_20180918_180603s.jpg IMG_20180918_180708s.jpgIMG_20180918_181029s.jpgIMG_20180918_181047s.jpgIMG_20180918_181152s.jpg

    ん、何あれ…?
    IMG_20180918_181259s.jpgIMG_20180918_181313s.jpgIMG_20180918_181324_1s.jpgIMG_20180918_181331s.jpg
    廃教会…?
    にしても、こんな場所に作らんでも…

    え?また…?
    IMG_20180918_181357s.jpgIMG_20180918_181400s.jpgIMG_20180918_181409s.jpg
    こんな場所に作らんでも…

    IMG_20180918_181557s.jpgIMG_20180918_181634s.jpgIMG_20180918_181814s.jpgIMG_20180918_181840s.jpgIMG_20180918_182935s.jpgIMG_20180918_183046s.jpgIMG_20180918_183210s.jpgIMG_20180918_183305s.jpgIMG_20180918_183410s.jpgIMG_20180918_183453s.jpgIMG_20180918_183505s.jpgIMG_20180918_184125s.jpgIMG_20180918_184306s.jpgIMG_20180918_184451s.jpgIMG_20180918_184612s.jpgIMG_20180918_184713s.jpgIMG_20180918_184957s.jpg
    これでもかと言わんばかりに撮りまくってますなぁ。

    いよいよ日没。
    IMG_20180918_185202s.jpgIMG_20180918_185535s.jpgIMG_20180918_185634s.jpgIMG_20180918_190120s.jpgIMG_20180918_190241s.jpgIMG_20180918_190246s.jpgIMG_20180918_190619s.jpg

    鉄塔。
    IMG_20180918_190704s.jpgIMG_20180918_191800s.jpg

    いつもの三重連貨物。
    IMG_20180918_191811s.jpg 

    これは初めて見る旧タイプの2重連貨物。
    IMG_20180918_191930s.jpg 

    そしてまた昨日と同じ飯タイム。トイレで洗髪。

    辺りも暗くなったので、スマホにDLしてきた本を読んでダラダラ。

    カリムスコエという駅に到着。
    IMG_20180918_215502s.jpg 

    やっぱり今日はあまり距離を稼いでいないような…時刻表通りではあるんですが。

    IMG_20180918_215350s.jpg IMG_20180918_215356s.jpgIMG_20180918_215736s.jpgIMG_20180918_215913s.jpg
    ここも大きな操車場。
    それではおやすみ。

    〇9月19日(水)
    IMG_20180919_071212s.jpg 
    おおはようございます。
    ハバロフスク駅の売店で買ったティーバッグをサモワールで入れたお湯で優雅にいただくのが朝の日課となってきております。

    今日イルクーツクに到着で、シベリア鉄道前半戦が終了する予定です。

    IMG_20180919_071215s.jpg 
    IMG_20180919_071227s.jpg
    貨物列車はしょっちゅう通過してましたが、旅客列車とのすれ違いを見るのは初めてかもしれない。

    IMG_20180919_071319s.jpg 
    そして毎度おなじみ!三重連機関車!

    IMG_20180919_071533s.jpg IMG_20180919_071538s.jpg
    ここで列車に張り付けられている時刻表を確認。
    もうすぐシベリア鉄道の一大中継地点「ウラン・ウデ」に到着なのですが、
    こうして見るとちょうど半分ちょっと消化したように見えますが、距離でいうと全然半分も行ってません。

    イルクーツクを境にしてモスクワ側はそれなりに列車が走っているので、このロシア号はイルクーツク以西は停車駅が少なくなるというだけです。

    IMG_20180919_072309s.jpg IMG_20180919_071854s.jpgIMG_20180919_072317s.jpgIMG_20180919_073423s.jpgIMG_20180919_073451s.jpgIMG_20180919_073551s.jpg
    ホントにここに住んでいる人たちの生活体系が気になる…

    IMG_20180919_075415s.jpgIMG_20180919_075458s.jpgIMG_20180919_075511s.jpgIMG_20180919_080913s.jpgIMG_20180919_081101s.jpgIMG_20180919_082530s.jpgIMG_20180919_082547s.jpg

    いよいよウラン・ウデが近づいてきました。
    IMG_20180919_083132s.jpg IMG_20180919_083245s.jpgIMG_20180919_083256s.jpg
    モンゴルはウランバートルからやってきた線路と合流。

    IMG_20180919_083718s.jpgIMG_20180919_083908s.jpg

    ウラン・ウデ到着。


    IMG_20180919_084727s.jpg 
    IMG_20180919_084611s.jpg 
    IMG_20180919_085027s.jpg 
    ウラン・ウデ駅。

    IMG_20180919_084809s.jpg IMG_20180919_084816s.jpg
    さすが一大中継地点とあって巨大な操車場。

    IMG_20180919_084917s.jpg 

    さて、前半戦ラストスパート。
    IMG_20180919_091940s.jpg IMG_20180919_092032s.jpgIMG_20180919_092607_1s.jpgIMG_20180919_092610s.jpg

    そしていよいよあの湖が…

    IMG_20180919_111029s.jpg
    バイカル湖!
    くそう、こんな時に雨りやがって…!

    でも、今まで空の上を通り過ぎていたバイカル湖をこうして地上から見ることが出来て感無量であります!
    IMG_20180426_091932.jpg IMG_20180426_092230.jpg
    同年5月イタリアに行く途中にロシア上空で撮った写真。
    凍っているこの湖が多分バイカル湖。


    IMG_20180919_111231s.jpgIMG_20180919_111613s.jpgIMG_20180919_111633s.jpgIMG_20180919_112243s.jpgIMG_20180919_114920s.jpg
    こんな日にわざわざ釣りせんでも…

    あ、ちょっと雨あがってきましたね。
    IMG_20180919_130938s.jpgIMG_20180919_133615s.jpgIMG_20180919_135037s.jpg


    IMG_20180919_140932s.jpg
    ここから分岐していく線路は、シベリア鉄道の旧線。
    今は一部だけ残って、バイカル湖畔を観覧できる観光鉄道として乗ることが出来ます。
    今回は時間の都合上端折りますが…

    ここからイルクーツクに向けて、峠を越えていきます。
    IMG_20180919_141313s.jpg 

    IMG_20180919_141941s.jpgIMG_20180919_141954s.jpg
    IMG_20180919_142027s.jpg
    まさに峠道。

    IMG_20180919_142051s.jpgIMG_20180919_142131_1s.jpgIMG_20180919_142349s.jpg
    バイカル湖を一望出来て実にいい路線ですね。

    IMG_20180919_143108_1s.jpg
    向こうの斜面に待機中の列車。

    IMG_20180919_143251s.jpg
    さっき止まってた奴のところまで来ました。

    IMG_20180919_143334s.jpgIMG_20180919_143416s.jpgIMG_20180919_143417s.jpgIMG_20180919_143500s.jpgIMG_20180919_143505s.jpgIMG_20180919_143539s.jpgIMG_20180919_143614s.jpgIMG_20180919_143923s.jpg
    この辺りの紅葉が実に良い…って!?

    IMG_20180919_145005s.jpg IMG_20180919_145007s.jpg
    雪やん!!

    IMG_20180919_145245s.jpg IMG_20180919_145456s.jpg
    9月にして、さすがはシベリア。

    IMG_20180919_150356s.jpg
    寒そう。

    そして頂上から一気に下っていくロシア号。
    IMG_20180919_151011s.jpgIMG_20180919_151604s.jpgIMG_20180919_155238s.jpgIMG_20180919_160137s.jpgIMG_20180919_160309s.jpg
    イルクーツクの街。

    そして…
    IMG_20180919_160713s.jpgIMG_20180919_160736s.jpgIMG_20180919_160808s.jpg
    イルクーツク到着!前半戦終了!

    アメリカの時のシアトル~シカゴをも上回る距離を走破したわけですが、まだこれでも半分。
    でもまずは日本人にも少なからず所縁のあるこのイルクーツクの街を楽しみたいと思います。

    なお、後半戦は12時間後に始まる模様(現在16時)

    その3に続く

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [未分類]

ロシアより鉄愛を込めて(その1~ウラジオストク観光編)

  1. 名前: K-01 2018/11/21(水) 23:39:00
    ここ最近ぜんっぜん旅行記事あげてなくて申し訳ないです。
    twitter見ればわかる通り旅行自体はかなり行ってるんですけどね。

    去年のGWに行ったスペイン&ポルトガルあたりからサボってるので、大分記憶が薄れているんですがアホみたいに撮った写真を見てるとやっぱりこのままにしとくのも勿体ないよのぅ、ということで一番至近で記憶も新しいロシア旅行からまず上げていきたいと思います。

    〇9月15日(土)
    まずは新幹線で成田空港へ。
    最近は仙台から直接仁川経由で国外脱出するのがマイブームでしたが、
    ウラジオストク直行便は成田からしか出ていないので…

    IMG_20180915_150518s.jpg 
    成田発ウラジオストク行きS7航空。

    IMG_20180915_151012s.jpg 
    元シベリア航空という名前の割りに鮮やかな塗装。

    IMG_20180915_151019s.jpg 
    隣にはもっと鮮やかな奴が停まってましたが。

    IMG_20180915_174143s.jpg 

    IMG_20180915_174326s.jpg 
    2時間ちょっとでロシア上空。

    IMG_20180915_174856s.jpg 
    ウラジオストク国際空港到着。

    IMG_20180915_191917s.jpg 
    初のロシア入国ということで、ちゃんと税関通れるだろうかとビクビクでしたがあっさり通過。
    ターミナル内は意外と賑やかでした。ここでロシアのsimカードもゲット。

    IMG_20180915_192538s.jpg 
    ただ、外が凄い雨降ってきて雷まで鳴る始末。
    これは…ロシア旅行凶兆の前触れ?

    空港から街中まではバスか列車かタクシーかなのですが、
    列車は18時には運行を終了するというクソ仕様、バスもどこにバス停があるかよぅ分からんという始末なので、もはやタクシーの一択。

    ターミナル内のタクシー受付で待ってたら、「タクシーの回転が追っつかんからお前らまとめて乗れ」みたいなことを言われ、同じ飛行機で来た3人の客(全員日本人)と共にタクシーに押し込まれ市内へ。

    IMG_20180915_203414s.jpg 
    市内まで50分くらい。
    曲がりなりにも極東随一の街なんだからさぁ、もっと空港へのアクセスちゃんとしてよ…

    移動している間、同乗者たちと色々駄弁っていましたが、
    私と同じく一人でウラジオにやってきたという女性は「3日後にタイに行くんです」という強者でした。

    IMG_20180915_205223s.jpg
    ウラジオストク市内へ。
    同乗者たちと別れてホテルへ。

    IMG_20180915_211158s.jpg 
    なんとか無事チェックイン。
    ただ移動しただけの日だけど疲れた…

    IMG_20180915_222634s.jpg 
    もう22時を過ぎていたので、飯食いに行く気も起きず
    日本から持ってきた「焼そばBAGOOOON」と近くのコンビニから缶ビールと謎のツマミを買って、シコタマやり始めた…訳でもなく喰ってあっさり就寝。

    明日からしばらくまともなベッドで眠れなくなるので…

    〇9月16日(日)
    IMG_20180916_092606s.jpg 
    快晴なり。昨日とは打って変わって。

    IMG_20180916_092610s.jpg 
    実に爽やかなウラジオストクの朝。

    メーンのシベ鉄のロシア号は本日の19時発なので、
    それまでウラジオストクを観光。

    IMG_20180916_094203s.jpg 
    まずはウラジオストクが一望できる鷹の巣展望台へ。

    IMG_20180916_094531s.jpg 

    IMG_20180916_094411s.jpg 
    到着!これぞウラジオストク!

    IMG_20180916_094700s.jpg 
    さすがここは人もいっぱい来てますね。

    IMG_20180916_094948s.jpg
    ウラジオストクはムラヴィヨフ=アムールスキー半島の先っぽにある街なのですが、
    ここに来るとそれがよく分かるのです。

    IMG_20180916_095049s.jpg
    ウラジオストク駅も見えますね。

    IMG_20180916_101218s.jpg IMG_20180916_101330s.jpg
    展望台から下る途中にあった(多分低所得者向けの)高層マンション群。

    IMG_20180916_102154s.jpg IMG_20180916_102312s.jpgIMG_20180916_102635s.jpg

    天辺に球根が付いたいかにもロシア正教な教会。

    IMG_20180916_103546s.jpg 
    一方こちらは昔、日本人入植者が建立したお寺の跡地。

    IMG_20180916_103520s.jpg 
    その名も『ウラジオ本願寺』

    朝の散歩を終えてホテルへ。
    そしてチェックアウト済ませて街中へ。

    IMG_20180916_104005s.jpg IMG_20180916_103921s.jpg
    ウラジオストックの…猫!

    IMG_20180916_104014s.jpg
    なんたる高速移動か!

    IMG_20180916_120733s.jpg IMG_20180916_120752s.jpgIMG_20180916_120840s.jpgIMG_20180916_120934s.jpg
    なんか広場でやってた催し物。

    IMG_20180916_121157s.jpg 
    IMG_20180916_130037s.jpg 
    ここから見るとウラジオストクが丘陵部に広がった街だと実感。

    IMG_20180916_121112s.jpg 
    先ほど展望台から見下ろしたウラジオストク駅。

    IMG_20180916_121230s.jpgIMG_20180916_121305s.jpgIMG_20180916_121433s.jpg
    ロシア号出発までまだ時間があるので周辺を散策。

    IMG_20180916_121620s.jpgIMG_20180916_125311s.jpgIMG_20180916_125332s.jpg
    静態保存されてたSL。

    IMG_20180916_133608s.jpg 
    駅舎。

    IMG_20180916_133434s.jpg
    そこを通過していく貨物列車。長ァいッ!

    IMG_20180916_130028s.jpg 
    金角湾を横断するゴールデンブリッジ。

    今回は行きませんでしたが、この先には世界最大クラスのつり橋「ルースキー大橋」なるものがあるそうで。

    IMG_20180916_133024s.jpg 
    日本ではほとんど見なくなった無蓋貨車。デカい。

    IMG_20180916_133916s.jpg 
    駅前にあったレーニン像。

    IMG_20180916_131449s.jpg 
    近くに模型屋のようなものを発見。

    IMG_20180916_132740s.jpg
    なんか日本のモデラーからのメッセージカード。

    IMG_20180916_140448s.jpg 
    ロータリー側からの駅舎全景。
    昔このバスプールに市電の電停があったそうです。

    さらに街を散策。

    IMG_20180916_150022s.jpg IMG_20180916_150027s.jpg
    オタショップ発見!ちょっと一昔前の品ぞろえな感じ…

    IMG_20180916_152025s.jpg 
    さらにその先にはウラジオストク唯一の海水浴場が。

    IMG_20180916_152030s.jpg IMG_20180916_152241s.jpgIMG_20180916_152247s.jpg
    結構賑わってました。

    IMG_20180916_152401s.jpg 
    夢の水陸両用車!

    IMG_20180916_154737s.jpg 
    なかなかいい感じの休日の昼下がり。

    IMG_20180916_160005s.jpg 
    ウラジオストク駅から伸びる線路。
    あとでここを通っていくわけですね。

    IMG_20180916_155753s.jpg IMG_20180916_160423s.jpgIMG_20180916_171204s.jpg
    日本人街旧跡をウロウロ。

    IMG_20180916_173036s.jpg 
    そして列車に乗る前に駅近くの食堂で夕食。
    「自分で好きなもの取って最後にお会計」という大学の食堂と同じ方式なのでロシア語喋れなくても無問題。

    そしていよいよ…

    IMG_20180916_182100s.jpg 
    あれが…そう、そうなのか?

    IMG_20180916_182353s.jpg 
    モスクワ!間違いなくこれがモスクワ行ロシア号!
    いよいよシベ鉄に挑む時が来ました。

    IMG_20180916_182603s.jpg 
    駅のホームにあった碑。ご丁寧にモスクワまでの距離、9288kmが刻まれてます。
    9288km…

    IMG_20180916_183033s.jpg 
    牽引する電気機関車。見た感じ一昔前のタイプっぽいですが。

    IMG_20180916_183222s.jpg IMG_20180916_183538s.jpg
    と、そこに隣のホームに入ってくる赤いエレクトリーチカ(近郊列車)。
    これが18時早々に運行が終わってしまうやる気のない空港行きのアクセス列車です。

    IMG_20180916_183623s.jpg 
    と、乗車タイムが始まったのでパスポートとEチケットを見せて乗車。

    IMG_20180916_185206s.jpg 
    これが3日間お世話になる4人部屋…

    IMG_20180916_185212s.jpg 
    IMG_20180916_184957s.jpg 
    とったのは上段。
    景色を見るのには下の方がいいんですが、ベッドから椅子に戻したりと忙しないのが嫌だったのでずっと荷物を広げてられる上をとったのです。

    IMG_20180916_185350s.jpg 
    上り下りに使うのはこの梯子。小っちゃ…

    IMG_20180916_185222s.jpg 
    テレビもついとるでよ。何言ってるか分らんけど。

    IMG_20180916_185727s.jpg 
    そして車両ごとに取り付けられた給湯器「サモワール」
    シベ鉄ならではの装備。

    IMG_20180916_191047s.jpg 
    そんなこんなで19時10分、ウラジオストク駅を出発。
    果てしなき鉄路の始まり始まり。

    IMG_20180916_191520s.jpg 
    IMG_20180916_192020s.jpg 
    さらばウラジオストク。
    出発してからしばらく通路で車窓撮影。

    IMG_20180916_192158s.jpg
    IMG_20180916_192233s.jpg IMG_20180916_192258s.jpgIMG_20180916_192704s.jpgIMG_20180916_192820s.jpgIMG_20180916_192919s.jpgIMG_20180916_193438s.jpgIMG_20180916_193446s.jpg
    アムール湾沿いをしばらく走る列車。
    この長い橋ですが昨日空港から市街地へ行くとき渡った奴ですね。

    IMG_20180916_202516s.jpg IMG_20180916_202708s.jpg
    で、部屋に戻ると宴会が始まってました。えー。

    その2に続く

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [未分類]

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編)

  1. 名前: K-01 2017/06/17(土) 18:09:00
    最終章です。

    〇2月8日
    今日は南島最南端を経由しつつ、ダニーデンという街を目指します。

    DSC_6095s.jpg
    ホントにこっちの道は気持ちいい。

    DSC_6099s.jpgDSC_6101s.jpgDSC_6102s.jpg 
    羊羊羊…

    DSC_6100s.jpg 
    羊!
    今日は人生で一番羊を見る日になりそうです。

    DSC_6103s.jpg 
    それにしてもいい天気です。

    DSC_6106s.jpgDSC_6107s.jpg
    こっちに気づいてすぐ遠ざかっていく羊たち。
    ぼっちにしないでー

    DSC_6108s.jpg 
    それにしても実にいい天気です。

    DSC_6110s.jpgDSC_6113s.jpg 
    ホントにトロけそうなほど長閑です。

    DSC_6120s.jpg 
    スロープポイント、この先がニュージーランド南島最南端です。

    DSC_6121s.jpg 
    牧場の中を延々と歩いていきます。

    DSC_6123s.jpgDSC_6124s.jpg
    南米にいなければ世界最南端の羊たち。

    DSC_6125s.jpg 
    もう少しです。

    DSC_6126s.jpg 
    到着。

    DSC_6129s.jpg 
    最南端とは言ってもこの看板が立っているだけ。

    ちなみにNZ最南端はここではなく、スチュワート島という島です。

    DSC_6127s.jpg 
    運が良ければペンギンが見れるそうですが、今日は不在のようで…

    DSC_6128s.jpgDSC_6130s.jpg
    南極見れるかなーとか思いましたが、ここから4800kmも離れていては見れる訳もありません。

    DSC_6131s.jpgDSC_6132s.jpg
    この荒涼感が実に素晴らしい。

    DSC_6133s.jpg 
    ポツーンと立ったこの錆びた灯台よ。

    DSC_6138s.jpgDSC_6139s.jpg
    また羊たちの間を通り抜けて戻っていきます。

    DSC_6142s.jpgDSC_6146s.jpgDSC_6147s.jpg
    あー長閑ですねー

    DSC_6150s.jpg
    イルカに触れないでね。

    DSC_6151s.jpg
    サーファーたちが喜びそうな海岸。

    DSC_6152s.jpgDSC_6153s.jpg
    この辺りも運が良ければペンギンが見られるそうですが生憎留守のようです。

    DSC_6157y.jpg 
    ん?あそこにチョビチョビいる豆みたいなのは…?

    KemonoF.jpg 
    ketsudekaP.jpg
    前期の2大覇権アニメ(大嘘)にも登場した彼らですね。
    一応この目で見ることが出来ました。

    DSC_6155s.jpg 
    また海岸ギリギリまで羊がいますね。

    DSC_6164s.jpg 
    どこも風光明媚過ぎて、徐々に飽きてきます。

    DSC_6169s.jpg 
    ナビ通り進んでいたら、こんな道まで通らされる。

    DSC_6170s.jpg 
    SUV車で良かった。

    DSC_6199s.jpgDSC_6177s.jpg 
    ナゲット岬といういい感じの灯台があるというので降りてそこまで行ってみる。

    DSC_6179s.jpg 
    あれですか。

    DSC_6180s.jpg 
    確かにこれは良さげな灯台。

    ふと道の途中で通行人が崖の下を指しながらザワザワしているので
    私もそちらを見てみたら…

     DSC_6182s.jpg
    なんか岩盤の上でまた豆のようなものがモゾモゾしてますね。

    DSC_6181y.jpg 
    もしかしてこれは…

    Robimama.jpg 
    ロビ!ロビじゃないか!

    DSC_6185s.jpg DSC_6188s.jpg

    DSC_6190s.jpg
    到着。

    DSC_6191s.jpg 
    ナゲット岬。あの先端の岩がナゲットに見えなくも…なくもない。

    さて、今宵の最終目的地ダニーデンを目指します。

    DSC_6202s.jpg 
    もう十分堪能しました。

    DSC_6208s.jpg 
    ダニーデン市街地に突入。

    DSC_6211s.jpg
    今宵の宿「Law Courts Hotel」
    今回の宿で一番安いけど、一番満足したホテルでした。

    DSC_6225s.jpgDSC_6227s.jpg
    ダニーデンはクライストチャーチと違って、
    スコットランド系の移住者の街らしく、こんな感じの古めかしい建物が目立ちます。

    DSC_6213s.jpg
    ホテルからほど近くにダニーデン駅。

    DSC_6214s.jpgDSC_6217s.jpgDSC_6218s.jpg
    定期旅客用としては使われてはいない駅ですが、タイエリ鉄道という観光列車がここから出ているので駅舎は立派です。

    DSC_6230s.jpg 
    また怪しげな日本料理店…
    こういうネオサイタマちっくな装飾をしてる店ほどオーナーは日本人じゃない。

    DSC_6224s.jpg 
    さすがに2連続でこういう店に入るのはどうかということで、
    今日はホテル近くの海鮮レストランでホタテのホワイトソース煮を喰う。

    DSC_6231s.jpg 
    さらにテイクアウトでつまみを買ってホテルで喰う。
    オレンジラフィーとかいう日本では聞いたこともない魚のフライ。美味しかったですけど。
    ワインは近くのスーパー…
    DSC_6235s.jpg 
    この「COUNT DOWN」で買ったミニワイン。
    ニュージーランドを旅してる間、至る所で見ました。

    DSC_6238s.jpg 
    夜のダニーデン駅。
    それではおやすみなさい。

    〇2月9日
    今日はこのダニーデン駅から、タイエリ渓谷鉄道に乗車します。

    DSC_6242s.jpg 
    朝!

    DSC_6244s.jpg 
    停車中の列車。

    DSC_6246s.jpgDSC_6245s.jpgDSC_6250s.jpg
    三菱製ディーゼル機関車。

    DSC_6252s.jpg 
    横を貨物列車が通過。

    DSC_6243s.jpg 
    座席。ノーザン・エクスプローラーよりは狭いです。

    タイエリ渓谷鉄道は一度廃線になった路線を復活させて、自治体や議会が中心になって観光列車を走らせている保存鉄道の一つです。

    発車。

    DSC_6254s.jpg 
    車庫。

    DSC_6256s.jpg 
    競馬場?

    DSC_6261s.jpg 
    デッキから。

    DSC_6263s.jpg 
    徐々に町を離れて…

    DSC_6269s.jpgDSC_6274s.jpgDSC_6276s.jpg
    山の中へ。

    DSC_6278s.jpg 
    途中に駅はあるんですが、誰も降りる気配はありません。
    というかこんな一日2,3本の観光列車の路線で途中で降りてどうすんだという…

    DSC_6289s.jpgDSC_6292s.jpgDSC_6295s.jpg
    川沿いをグネグネ。
    なんか予土線みたい…

    DSC_6296s.jpg 
    また駅。

    DSC_6297s.jpgDSC_6303s.jpgDSC_6306s.jpg
    徐々に渓谷めいてきました。

    DSC_6308s.jpgDSC_6309s.jpgDSC_6311s.jpg

    DSC_6310s.jpg
    こう川を渡っているときって下を撮りたくなりません?

    DSC_6315s.jpgDSC_6318s.jpgDSC_6321s.jpg

    DSC_6326s.jpgDSC_6329s.jpgDSC_6335s.jpg
    なんか似たようなアングルばかりですが、座った席がちょうどいいポジションだったので…

    DSC_6348s.jpgDSC_6349s.jpg
    渓谷を抜けて高原地帯へ。

    DSC_6350s.jpg
    対向列車とすれちがい。

    DSC_6355s.jpg 
    多分あの観光バスでやってきた客が乗り込んだ列車だと思います。

    DSC_6356s.jpgDSC_6357s.jpgDSC_6358s.jpg
    終点のプケランギ駅に到着。
    列車はさらに奥地のミドルマーチというところまで運行もしているのですが時期限定なので今回は辿りつけず。
    まあ、ここまでで十分車窓は堪能できましたが。

    DSC_6359s.jpgDSC_6361s.jpgDSC_6362s.jpg
    DSC_6363s.jpgDSC_6364s.jpgDSC_6368s.jpg
    機関車の付け替え中。

    DSC_6370s.jpgDSC_6371s.jpg
    停車中、駅付近を徘徊する乗客たち。
    出店も数軒出店してました。

    DSC_6369s.jpg
    しかし周りは基本的にこんな荒野。

    DSC_6375s.jpgDSC_6376s.jpg
    待ち合わせ小屋の中。

    DSC_6373s.jpg 
    約30分の停車後、ダニーデン目指して出発。

    DSC_6377s.jpgDSC_6378s.jpg
    列車が離れていくと同時に即座に店じまいを始める出店。
    この辺りに住んでいるんですかね?

    DSC_6380s.jpgDSC_6383s.jpgDSC_6387s.jpg
    来た線路をリターン。

    DSC_6392s.jpgDSC_6395s.jpg

    DSC_6396s.jpg 
    なんか下に狼みたいなのがいました。

    DSC_6403s.jpg 
    え?ここ駅?

    DSC_6397s.jpgDSC_6401s.jpgDSC_6405s.jpg

    DSC_6410s.jpgDSC_6413s.jpgDSC_6414s.jpg

    DSC_6416s.jpg
    え?ここも駅?

    DSC_6419s.jpgDSC_6420s.jpg
    なんか見覚えのある植樹の山。

     DSC_6422s.jpg
    平野部に戻ってきました。

    DSC_6425s.jpg
    斜面を下って…

    DSC_6426s.jpg 
    新種の生物?と思ったら、毛を剃られた羊でした。

    DSC_6427s.jpg 
    散々見慣れたNZの光景。

    DSC_6428s.jpg 
    見覚えのある競馬場?

    DSC_6430s.jpgDSC_6432s.jpgDSC_6433s.jpg
    ダニーデン市街地に突入。

    DSC_6435s.jpg 
    到着。

    DSC_6437s.jpg 
    いやー、今回全体的に鉄分が少ない中、なかなかいい補給が出来ました。

    DSC_6439s.jpgDSC_6440s.jpg
    ダニーデン駅近くに状態保存されてた蒸気機関車。

    ダニーデンを離れる前に少し街を散策。

    DSC_6443s.jpg 
    リヴァイアサンホテル?
    中二病心をくすぐるホテルですね。

    なんだか街中で目立つ尖塔があったので
    そちらの方へ行ってみると…

     DSC_6453s.jpg
    案の定教会でした。

    DSC_6449s.jpg DSC_6451s.jpg
    オタゴ・ファースト教会。

    DSC_6452s.jpg
    ステンドグラス。

    ここから駐車場に置いていたレンタカーに乗ってクライストチャーチに帰ります…が、その前に。

    DSC_6454s.jpg 
    今回最後の目的地、ボールドウィン・ストリート。

    一体この通りが何かといいますと…

    DSC_6455s.jpgDSC_6457s.jpg 
    よくTVでも取り上げられてた世界一急な坂です。
    ダニーデン市街地から車で10分くらいのところにあります。

    DSC_6459s.jpg 
    脇の家もご覧の通り。

    DSC_6460s.jpg DSC_6472s.jpg
    なんか樹も電柱もおかしい…

    DSC_6469s.jpg 
    車もこんなんです。

    DSC_6462s.jpg 
    ザ・スティーペスト・ストリート(直球)

    DSC_6463s.jpg 
    徒歩でなんとか昇って…

    DSC_6464s.jpg 
    頂上に到着。

    DSC_6465s.jpg 
    坂はここで終わりというわけではなく、90度に折れてまだ続きます。

    DSC_6467s.jpgDSC_6471s.jpg
    今度は下り。こんな急な坂だからホント危ないです。

    DSC_6477s.jpg 
    下に着きました。ホントなんて坂だ…

    DSC_6478s.jpg 
    そもそもこんな急な坂が出来たのは、当時ここに街をつくる時に地形のことを考えずただ直線に道路を引いてしまったから。
    チャールズ・ケトルという設計士が悪いみたいです。
    ボールドウィンさんが悪いわけではないです。

    Gaerio.jpg 
    ※この人はボードウィンさんです。

    DSC_6484s.jpg
    さて、いよいよクライストチャーチに帰ります。

    DSC_6496s.jpg 
    途中、ようやく走行中の貨物列車に遭遇しました。
    旅客は衰退しても貨物は盛況だそうです。

    DSC_6500s.jpg 
    無事クライストチャーチ空港に到着、車を返却。 

    DSC_6499s.jpg 
    3日間おつかれさまでした。
    なお、このホールデンというメーカー、オーストラリアの自動車メーカーらしいです。
    初めての外車がBMWとかアウディとかプジョーではなくホールデン…

    DSC_6501s.jpg 
    最後のホテル、空港近くの「JUCY Snooze Christchurch」

    DSC_6502s.jpg 
    夕食はもう面倒だったので近くのマクドで買ってきた奴。

    それではおやすみ。

    〇2月10日
    おはようございます。朝5:00です。

    DSC_6503s.jpgDSC_6504s.jpg
    早朝のクライストチャーチ空港。

    DSC_6506s.jpg 
    オークランド行き。

    DSC_6509s.jpg 
    到着。

    DSC_6510s.jpg 
    国際線ターミナルへ。

    DSC_6524s.jpg 
    関空行きは10:30分発。

    DSC_6511s.jpgDSC_6514s.jpgDSC_6518s.jpg
    出発するまで離発着する飛行機を眺める。
    この手前のキャセイ・パシフィックの機種が分からなかったけど、後で調べてみたらこれがエアバス社の新型機A350XWBだったんですね。

    DSC_6515s.jpgDSC_6516s.jpgDSC_6523s.jpg
    あの黒い模様好きですね。
    あとニュージーランド航空の模様はマオリ族の伝統模様をモチーフにしていることを初めて知りました。

    DSC_6531s.jpg 
    またあのふざけた安全ビデオを見て離陸。

    DSC_6532s.jpg 
    さらばNZ!

    DSC_6533s.jpg 
    10時間後、無事に関空に着きました。

    というわけで、ニュージーランド旅行終了です。
    とにかく羊だらけの国だった…

    今回初めてレンタカーを利用しましたが、まずは無事に行程を終えることが出来て何より。
    ニュージーランドは日本と同じ左側通行で、交通量も全然少ないので海外レンタカー初心者向けの国だと思います。
    鉄道では行けないようなロケーションにも行けて、いつもと違う旅が楽しめました。
    というか、そもそもこの国は公共交通手段だけじゃ観光は無理です。

    一方で鉄道は、行く前に地震で路線が不通になったり、行ってる最中に山火事で運航休止になったりと何かとついていない旅になってしまいました。

    これはまたリベンジしろということなのでしょうか?

    さて、次はスペイン&ポルトガルの記事だ…

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [未分類]

ページ移動

トップページ | 次ページ>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と