FC2ブログ

最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

青森最終章~う~ん、イカの塩辛に良く合う~

  1. 名前: K-01 2008/06/15(日) 22:33:32
    青森に行ってきた。
    今回は今まで色々と旅行してきた青森の中でも
    まだ足を踏み入れてなかった下北半島北部&西部、及び津軽半島西部を中心に周遊。
    ちなみに恐山は前回行ったのでスルー。
    そして此度のパートナーは歩くガイドブックこと、我が大学時からの盟友、F氏。

    で、嫁に青森に行く旨メールしたら帰ってきた返事が

    「アッー!」

    何考えてんだコイツはw

    ちなみにまた色々とマニアックな地名が出てきますが
    具体的な場所についてはググれ。

    1日目:6月13日(金)
    世間一般で言うジェイソンの日(もしくはひぐらしの泣くころ)に出発。
    いつも通りまずは八戸まで行き、そしてS白鳥に乗り継いで野辺地へ。
    そこでF氏と合流しレンタカーを借りて、早速向かった先は六ヶ所。

    まずはネタに走るのが俺達のSTYLE。

    六ヶ所

    相変わらずの秘密基地っぷりw

    ここに六ヶ所温泉というのがあって(此度1つ目の温泉)
    そこに入ったついでに遠くから撮ったわけです。

    一部の人々からは色々と言われてますが
    所詮は感情に訴えるだけの烏合の衆に過ぎない連中なので
    気にせずこれからも頑張ってくださいまし。

    次に向かったのは横浜。
    ベイスターズ的な意味じゃなくて…
    ここは菜の花が有名なのです。

    ドーナッツ


    道の駅にて早速いろいろと買ってみたり。
    真ん中にあるのが菜の花ドーナッツ。
    …至って普通の味でしたw
    それよりも個人的にはホタテフライが旨かったわ。
    う~ん、イカの塩辛に良く合う(え)

    そのまま車を陸奥湾沿いに走らせ、
    むつ市、川内町を通り過ぎて向かう先は
    かのマグロ一本釣りで有名な大間。

    その途中仏ヶ浦を見たり、
    仏ヶ浦


    福浦っつー小さな港町で飯食ったり、
    ぬい道食堂

    歌舞伎定食

    ちなみにこの食堂、かのアド街ック天国にも取り上げられたらしいのですが…
    「地域密着系都市型エンターテイメント番組」と謳っている番組がこんなとこ取り上げていいのか…?

    そうこうしているうちに大間に到着。
    しかしナビ通りの道を行ってるといきなり通行止めに。
    なんじゃろな?と看板を見てみると…
    大間原発建設地

    あぁ、そういうことねw
    ここが秘密基地化するということですね、分かります。
    お前ら、青森が無くなったら日本オワタ\(^o^)/するぞ。
    いやホント、マジで。

    新しく出来た道を通ってようやく本州最北端、大間岬に到着。
    大間岬

    岬の周りにはよく見るお土産屋さんがズラリ。
    大間土産屋

    とりあえず何か一品ぐらいは買っていこうかと思っていると、
    売店のオバチャンがなにやら興奮した面持ちで
    我々に「泉浩が来とるで!」と言ってくるのであります。

    「え?何?」とよく事態が飲み込めない私。
    スポーツ界に疎いのにも程があるw

    とか何とかしているうちに
    なんやらTVのスタッフやらが集まってきて…
    泉浩

    泉浩キター!!

    何の番組か知らんけど、北京五輪を前に故郷に凱旋しに来たわけです。
    写真には写ってないけど、横にはもう一人タレントっぽいのがいて…

    俺「あの人、黒バラでよく見る人だ」
    F氏「中畑清だ」

    やっぱりスポーツ界には疎い俺。

    我々が入ってる店の前で、オバチャン含めた3人で色々とやってました。
    もしかしたらなんかの番組でチラッと我々の姿が出てるかもしれません。
    まあ、オバチャンがある放送禁止用語言っちゃってたので
    可能性は限りなく低いですがw

    とまあ、思わぬハプニングも経て
    マグロTシャツも買って(→http://www.oma-aozora.jp/t2008/hanbai2008.htm)
    大間を後にしたのでした。

    1日目の宿は津軽海峡を望む温泉街、下風呂温泉は「まるほん旅館」(此度2つ目の温泉)
    まるほん旅館

    なんか懐かしい感じのする宿に、オフシーズンということもあり宿泊客は我々2人だけ。ひゃっほい!

    近くには幻の大間鉄道(未成線)の敷設跡を利用した足湯などもあるのです。
    大間鉄道跡地


    スーパー夕食タイム
    たこしゃぶ

    たこしゃぶひゃあ"あ"あ"う"ま"い"い"いい

    その後、TVを見ながらダラダラ。
    「あれ?この古畑の奴、前も見たことあるよ」
    「うしろに万代橋見えてんじゃん。新潟だ」
    「ノグチ君、キモいなぁwww」


    2日目:6月14日(土)
    起床。
    この日は結構慌しい日で
    チェックアウトもそうそうにまずは奥薬研温泉に。
    奥薬研温泉

    なんと野性味溢れる温泉(此度3つ目の温泉)
    川の横に簡易脱衣所と温泉のみ、こういうの嫌いじゃないよw
    しばし入浴したのち、次の目的地大畑に向かうわけですが
    その途中、車のラジオで

    「岩手県、宮城県にて震度6の地震が観測され…」

    え!?

    まったく気づかんかったよ…
    で、早速、親や嫁、大学の同期からのメールが殺到。
    全然無事な旨、返信しまくっているうちに大畑に到着。

    かつて下北交通の終点だったところですな。
    大畑駅

    CAXODYJ0.jpg

    初夏の廃線跡というのもなかなか…

    消える飛行機雲~♪僕たちは見送った~♪

    …あまり関連性無いなw

    またもやむつ市、川内町を通り過ぎて、今度は脇野沢へ。
    ここで今回の旅で初めてとなる海上輸送機関に乗るわけです。
    陸奥湾フェリー

    車と共に陸奥湾を横断。
    1時間後、我々は対岸の津軽半島は蟹田に到着したわけです。
    蟹田駅前の焼き鳥屋でなんか色々買った後、平舘へ。
    ここでの目的は温泉と…
    うに丼食堂

    うに丼

    うに丼キター!!
    うに丼ひゃあ"あ"あ"う"ま"い"い"いい

    やはり値段はそれ相応。
    しかし悔しいけど感じちゃう!(ビクンビクン!!)

    で、ここの温泉に入った後は(此度4つ目の温泉)
    今別町にて某社関連施設を見学。

    津軽今別

    津軽線

    まったく同じ場所にJR東日本とJR北海道の駅が隣接している津軽今別駅&津軽二股駅。
    まあ青函トンネルの管理運営上こんなことになっているわけですが、
    しかしホントにこんなところに新幹線の駅作るのかwww
    安中榛名、いわて沼宮内を遥かに上回る新幹線秘境駅になることは間違いなさそうです。
    まったく新幹線神話という奴は…(長崎とか長崎とか長崎とか…)

    青函トンネル

    青函トンネル本州側口。
    たまたまS白鳥が飛び出してきました。
    そういえば昔、ここを徒歩で渡ろうとして捕まった学生がいましたっけ…

    というわけで、某社関連施設見学を終えて、
    いよいよ津軽半島最大の名所、竜飛岬へ。

    竜飛岬1

    竜飛岬2

    竜飛ウィンドパーク

    ごらんあれが竜飛岬、北のはずれと~♪
    ボタンを押すと石川さゆりの津軽海峡冬景色が大音量で流れる石碑と北海道を遠望する竜飛村漁港。
    そして日本最大の風力発電施設、竜飛ウィンドパーク。

    6年前の大学1年の時に来たことあるけど、相変わらず何も変わっていない。
    だがそれがいい…

    他に青函トンネル記念館とかあるけど、前に行ったのでスルーして
    津軽半島西側を小泊に向かって南下することに。

    しかしその道がなんとも…
    龍泊ライン

    何このマリオサーキット?

    さらに
    雲の上の王国

    なんという雲の上の王国
    さすが「龍泊ライン」と呼ばれるだけはあるw

    峠を攻める人たち(拓海君的な意味で)にとっては
    格好の練習場所だと思うけど…(事故ったら致死率99%)

    安全運転でクリアして
    小泊道の駅なんか立ち寄りながら、十三湖に到着。
    ここは汽水湖でシジミがようさん獲れる場所なのです。
    和歌山

    しじみラーメン

    シジミラーメンひゃあ"あ"あ"う"ま"い"い"いい
    青森なのに和歌山という民宿で喰えるシジミらーめん。
    あとシジミ汁やシジミのバター焼きなんかも…もはやシジミづくし。

    ここいらから津軽平野っぽくなる。
    津軽中里に到着。
    津軽鉄道

    ストーブ列車で有名な津軽鉄道の終点ですな。
    この時期は写真の走れメロス号君しかいないけど。

    ここでF氏がどうしても見ておきたかったという場所へ。
    田園風景を行く中、いきなり「国道1号線」という看板が…
    「へ?何で?」とよく見てみると「小田川藩国道1号線」と書いているわけです。

    ここでF氏より解説。
    詳しくはこの人のHP等(→http://www.hashiba-hideyoshi.jp/link.html)を見ていただくとして
    ここはその方の王国だったのです。
    小田川温泉1

    入り口の門に「ODAGAWA EMPIRE」とか書いてあったり
    いちいち建物に「防衛庁」とか「科学技術庁」とか書いてあったり
    そして奥にはホテル…もとい「衆議院本会堂」が。
    小田川温泉2


    …ある意味、こういうの憧れる。

    この後はそのまま津軽鉄道沿いに南下し五所川原へ(此度5つ目の温泉)
    そしてビジネスホテルにて一泊したのでした。

    3日目:6月15日
    なんとなく7:30起床。
    TVつけたらゴーオンジャーがやってた。
    もうゲキレンジャーの途中辺りからスーパー戦隊シリーズは見なくなっていたけど
    ゴーオンジャーもあまり個人的には面白くないなぁ。
    金とか銀とか数多く出せばいいってもんじゃねーぞwww
    ジェットマンみたいな子供が泣いて叫びそうなほどシリアスな作品はもう望めないのか…

    さておき最終日となるこの日はまず田舎館村に向かい
    田んぼアートなるものを見ることに。

    既に何年にもわたってやってきていることらしいのですが、
    黒い苗の品種を使って田んぼに絵を描いているのです。

    こんな風に↓
    田んぼアート1

    これはなかなか凄いと思うのですが、
    JALwwwww

    田んぼアート2

    こっちは普通なのにw

    その後は弘前市内をウロウロして(ほんの一ヶ月半ほど前も同じことをしてたような気が…)
    お昼頃には7号線を走って青森市に到着。

    青森のラーメンといえば煮干出しということらしいので
    最後にこれを食することに。
    煮干ラーメン

    煮干ラーメンひゃあ"あ"あ"う"ま"い"い"いい

    しかもおでんとセットという他では例の見ない組み合わせ。
    さらに店は餅屋…一体ここは何が本業なんだw

    青森駅に到着しようやくすべての行程が終了。
    レンタカーを返却してF氏とも別れて帰路につくことに。
    特急つがるにて青森を引き上げたのでした。
    つがる


    相変わらずF氏と共に行くと密度の濃い旅行になるw
    今回の旅で青森もほとんど制覇しちゃったしね。
    あとはさらに重箱の隅を突っつくような旅をするか、それとも別の地域にターゲットにするか…
    いすれにせよ、日本にはまだまだ回るべきところがあるということですな。

    いやぁ、旅ってほんっとうにいいもんですね~
    (水野晴郎改め山下奉大風に)
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。