FC2ブログ

最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

ベネルクス大周遊紀行その5~キンデルダイク編

  1. 名前: K-01 2011/10/30(日) 01:13:23














    「お休み、ユッキー」



















    ニコ動大百科、すげえ怖いんですけど…

    <◎><◎>

    〇9月20日(火)
    起床。長旅で疲れてきたのか起きたらもう9時。
    それでも土日に起きる時間よりは早いけど。
    まあ、今日行く場所は一つだけだから、ゆっくりでも特に問題なし。

    というわけで、まずはデン・ハーグHS駅に向かう。
    チャージしたOVチップカートをピッとやってロッテルダム行きICに乗車。

    デン・ハーグから約20分、ロッテルダムに到着なのです。

    DSC_0101.jpg
    ロッテルダム中央駅。
    街の雰囲気とあいまって、近代的なデザインの駅でごぜえます。

    せっかくだから駅を出る前に撮り鉄になってみる。

    SN3J0179_20111026014858.jpg
    デン・ハーグからここまで乗ってきたIC。
    車両はオランダではお馴染みの青と黄の二階建て列車。
    今回の旅で一番お世話になった車両でもあります。

    DSC_0105.jpg
    こちらもICでよく使われている車両で、見た目が485系っぽい奴。
    これ、保育園の頃持ってた鉄道図鑑に載ってたから、中は古いんだろなぁ
    …と思ったら、リニューアルしたのか意外と綺麗だった。

    SN3J0178.jpg
    185系の緑色のストライプの元ネタになったと言われてる車両。
    これも2階建てだけど、もっぱら快速や普通列車に使われている模様。
    しかしこっちの車両はよく落書きされていること…。

    DSC_0100.jpg
    同じく普通列車で使われている新しいタイプ。
    一回だけ乗りましたが、連接車でクネクネ動く様が路面列車っぽい。

    DSC_0107.jpg
    そしてThalys。

    DSC_0106.jpg
    っべー、マジっベー
    マジかっけーわ、主に紅いところとか紅いところとか…

    というわけで、鉄分を補給したところで、
    ようやく駅を出ます。

    SN3J0182_20111026014736.jpg
    ロッテルダム駅外観。

    DSC_0103.jpg
    駅から見たロッテルダム市街地。

    オランダ第2の大都市で、そして先にも書いたとおり世界屈指の港湾都市でもあるロッテルダム。
    第2次世界大戦で同盟国側に徹底的に焼き払われた後、新たに再建されたこともあって
    他のオランダの都市に比べて近代的な感じのする都市であります。

    第2次世界大戦に限らず、
    オランダって昔からスペインとか色んなとこに攻められて、その度に耐え忍んで頑張ってきた国なので、
    欧米の中でも特に『自由』というものに敏感な国のような気がするのです。

    合法的に麻薬(マリファナ)を認めていたり、
    欧米の中でも同性愛結婚をいち早く合法化してたりと
    政策的にもなかなかフリーダムな国だし…。

    しかしいくら自由とはいっても、自分の選択にはちゃんと責任を持ってるのがどこの国とは違うところ。
    まあ歴史的にも、"市民"が政権をひっくり返すほどの暴動を起こした事ないし(ちょっとした一揆ぐらいならあったけど)
    多少縛られてもお上に従って安定した生活を送ってきた国だから、あまり"自由"に対して貪欲でないのも当然といえば当然だけどね。

    別にそれはそれでいいと思うんだけど
    問題なのは、何を勘違いしてか最近要求だけはいっちょまえに言うようになってきたこと。
    どういう結果をもたらすかよく分かっていないまま、ただ要求を繰り返している奴の多いこと多いこと。
    それで結果、以前より状況が悪化したら「どうしてこうなった!?」と自分を棚上げにして
    別んとこに責任を問うんですよね、分かります。

    あ~、責任を伴わない自由の恐ろしさよ。
    これじゃ、お隣の赤いデカい国の方がまだマシな気もしなくもない。
    個々が好き勝手に騒いで全く事態が進展しないよりは、
    権力で強引に押さえつけて物事進めていく方がまだ…ね。



    …と、まあ話が逸れてしまいました。
    どうも私はヨーロッパかぶれなところがあるのでつい…
    ヨーロッパにだって色々問題はある事は分かってるんですがね。

    SN3J0181_20111026014735.jpg
    今週のトラム。
    このロッテルダムのトラムに乗って水上バス発着場に向かうのです。

    そんな訳で河沿いにやってきました。
    SN3J0189_20111026014445.jpg

    SN3J0184_20111026014445.jpg
    港湾都市らしく貨物船が行きかってます。

    SN3J0188_20111026014444.jpg
    京都タワー…ではなく、ユーロマストタワー。
    今回は行ってませんが、ロッテルダムを一望できるスポットなのです。

    SN3J0185_20111026014444.jpg
    それでやって来ました水上バス。
    近くのスーパーで昼食を買い込んでコイツに乗り込みます。
    料金はOVチップカートでピッと。

    SN3J0192_20111026014443.jpg
    河を遡っていくのです。
    うーん、天気が少し悪いのがなぁ。

    30分ほどで下船。
    SN3J0193_20111026014152.jpg
    行っちゃった…。

    SN3J0195_20111026014152.jpg
    船着場。

    ここで別の船に乗り換えるのですが30分ほど時間があるので
    周りを少し見て歩いたのですが…何もねぇ!
    周りはガントリークーレンとかコンテナばかり。

    SN3J0194_20111026014151.jpg
    「まあ東洋の若けぇの、貨物船でも見ながらゆっくりしてけや」

    SN3J0196_20111026014151.jpg
    もう貨物船ならここ30分くらいで飽きるほど見たんですがね。

    とまあそうこうしてるうちに次の船が到着。
    SN3J0197_20111026014150.jpg
    ちっちゃ!

    なんか近くを大型船が通ればすぐに沈みそうな可愛らしい船。

    船長の親父に1.5ユーロ払って乗船。

    SN3J0198_20111026014035.jpg
    中もこんなモン。

    SN3J0201_20111026014034.jpg
    自転車と一緒に乗船してきた若いアンちゃん達。

    そして出航して5分もしないうちに目的地に到着。

    SN3J0202_20111026014034.jpg
    バイバーイ

    ちなみに左上にちっちゃく写っている船。
    これ、車を乗せて両岸を行き来する渡し舟です。

    最初、車が河に向かって凄い渋滞していたので「何ぞコレ?集団入水?」と思ったら、
    あの船がやってきて、中から車がドバドバと。
    そして車を全部吐き出した後、今度は待っていた車を詰め込んでまた対岸へと、その繰り返し。

    河もデカくて、さらには大型の貨物船も行き来するから、
    橋が作れず代わりにこういう渡し舟がいるんだなぁと、なんか妙に感心してしまいました。

    さて、船着場から歩く事10数分。
    ようやく今日の目的地にやってきてまいりました。

    SN3J0203_20111026014033.jpg
    キンデルダイク!

    キンデルダイクって何処よ?何があんの?食べれるの?
    と、お感じの方は下の写真を見れば一発でお分かりいただけるでしょう。

    SN3J0204.jpg
    SN3J0205_20111026013936.jpg
    そう、オランダといえば…の代名詞、風車が見れる一大観光地なのです。

    昔はたくさん(9000基くらい)あった風車も今はわずか(1000基くらい)
    残存する風車群の中でも、特にこのキンデルダイクに残存する風車が密集して
    周りの風景も相まっていることもあってオランダ一の風車スポットとして現在に至っている訳です。
    ちなみにユネスコ登録済。

    SN3J0240_20111026013936.jpg
    ほらね。

    というわけで、早速6ユーロ払って見学開始。

    SN3J0206_20111026013935.jpg
    ★★☆

    SN3J0207_20111026013935.jpg
    ★☆☆

    SN3J0209_20111026013934.jpg
    ★☆☆

    入り口少し入ったあたりのベンチで昼食。
    先、ロッテルダムのスーパーで買った奴です。

    SN3J0208_20111026013805.jpg
    I like a Sushi!!

    いや、ビックリしたよ。
    ロッテルダムのスーパー、ちゃんとお惣菜コーナーに寿司置いてあるんだもの。
    ベルギーのスーパーには無かったのに…。
    しかもちゃんと日本語で「中くらい」ってw
    「中」じゃなくて「中くらい」ってところにやさしさを感じる…w

    そして中に入っていた箸を見てビックリ。
    SN3J0211_20111026013805.jpg

    SN3J0210_20111026013804.jpg
    トランスフォーム!



    こ の 発 想 は な か っ た



    って、普通に東急ハンズとかで売ってるけどね。

    寿司も食って散策再開。

    SN3J0212_20111026013759.jpg
    ★★☆

    SN3J0213.jpg
    ★☆☆

    SN3J0214_20111026013526.jpg
    ★★★

    SN3J0221_20111026013526.jpg
    ★★☆

    SN3J0215_20111026013525.jpg
    風車の中も見学できます。

    SN3J0216_20111026013525.jpg
    風車の中。奥に狭いベッドスペース。

    オランダ人って世界でも5本の指に入るくらい背の高い人達なのに
    何でこういう狭いとこばかり入りたがるんだろう…?

    SN3J0218_20111026013524.jpg
    風車の仕組み。
    知ってのとおり、オランダの風車は灌漑のために作られたもの。
    今は電動式のポンプにとって変わられちゃってますが…。

    SN3J0222.jpg
    内部見学した風車。
    羽がグワングワン高速回転していて、近くに寄っては危険が危ないので注意。

    再び風車巡り。

    SN3J0223.jpg
    ★★★

    SN3J0224_20111026013420.jpg
    ★☆☆

    SN3J0225_20111026013419.jpg
    ★★☆

    SN3J0226.jpg
    ★★★

    SN3J0227_20111026013309.jpg
    ★★★

    SN3J0229_20111026013309.jpg
    ★★★

    SN3J0230_20111026013308.jpg
    ★★☆

    SN3J0231_20111026013308.jpg
    ★☆☆

    SN3J0232.jpg
    ★★★

    SN3J0233_20111026013142.jpg
    ★☆☆

    SN3J0234_20111026013141.jpg
    ★★☆

    SN3J0235_20111026013136.jpg
    カモ兄貴チーす

    SN3J0237_20111026013135.jpg
    ★☆☆

    SN3J0238_20111026013135.jpg
    ★★☆

    いやー、一生分の風車の写真撮りましたわ。
    ちなみに写真のすぐ下の★マークは自分のお気に入り度をしめしてます。
    三段階評価で★が多ければ多いほどお気に入りってわけです。

    SN3J0241.jpg

    一通り見て回って帰ろうかと思ったけど、
    ふと入り口近くから周遊船が出るようだったので
    せっかくなので乗ってみることに。

    DSC_0097.jpg
    これがその船。
    一緒に乗ったのは俺と同じ個人旅行者っぽい親父と赤ちゃんを連れた家族1組。
    シーズンオフってのもあるけど、ホントに人も少なくて伸び伸びと観光が出来る。

    それでは今度は船に乗ってもう一周。

    SN3J0243.jpg
    ★★☆

    SN3J0244.jpg
    ★★★

    SN3J0245_20111026012704.jpg
    ★★★

    DSC_0086.jpg
    ★★★
    庭の手入れをする奥様。
    ここに住んでるんかな?

    DSC_0089.jpg
    ★★☆

    DSC_0090.jpg
    ★★★
    やっぱり住んでるっぽい。

    DSC_0091.jpg
    ★★☆

    DSC_0092.jpg
    ★★☆

    DSC_0093.jpg
    ★★☆
    修理中の風車も。

    DSC_0094.jpg
    ★☆☆

    SN3J0239_20111026012612.jpg
    いやー、もう十分堪能しつくしましたキンデルダイク。
    風車のある光景をゆっくりとブラブラしながら見れるのがイイ!

    ちょっとここまで来るのが大変だけど、
    それでも来る価値は十分にあると思うのです。
    皆様もオランダに来た際は是非、ここキンデルダイクへ。

    DSC_0098.jpg
    帰りのバス停に向かう途中、いきなり「ニホンジンデスカ?」と聞かれ
    「はあ、そうですが…」と答えると風車のポストカードをくれたアンちゃん(後姿)
    何者…?

    バス停からロッテルダム行きのバスに乗っておよそ40分
    ロッテルダム駅に到着して、そこから行きと同様ICに乗ってデン・ハーグに帰りましたとさ。
    ちなみに夕飯は探すのめんどくさかったので、ロッテルダム駅近くのサブウェイ!!(0w0)

    明日はいい飯喰うぞー!

    本日の移動ルート
    benelux-network(9_20).jpg
    デン・ハーグHS駅からロッテルダム駅。
    そっから水上バスと小型船乗り継いでキンデルダイクまで。
    これで陸海空制覇(?)だぜ!

    ちなみに今回行きに水上バス使ったのは、
    やはり港湾都市ってことでちゃんと水路も見ておこうかなと思って。
    なかなか面白かったのでお勧めですよ。
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [日常な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。