最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

「Prost!Deutschland!」ドイツ旅行記その2

  1. 名前: K-01 2012/06/01(金) 00:32:58
    ドイツ旅行の続き。

    前回ベルリンからECに乗り込んでハンブルグに向かうとこで終わったわけですが、
    今回はハンブルグ観光までお送りします。

    さて、今回も移動のためにドイツ国内の鉄道が乗り放題のジャーマンレイルパスを事前に購入。
    これを使ってドイツ国内を縦横無尽に動き回っていたわけですが、
    ドイツの場合、事前に乗る列車が決まっていればレールパスじゃなくて、
    直接DB(ドイツ国鉄)のHPから予約したほうが安いかもしれない。
    前割で通常よりも半分の料金で乗れるし。予約も意外と簡単だし。
    ネットで予約した画面を印刷した紙と決算に使ったクレジットカード持って
    検札のとき車掌に見せればいいだけ。

    ただどの列車に乗るかは分からない、気ままにその時来た列車に乗るという場合には
    やっぱりレイルパスの方がお得。

    DSC_0132.jpg
    ベルリンから約1時間半、ハンブルグにまもなく到着。

    DSC_0134.jpg
    DSC_0136_20120530011648.jpg
    ハンブルグ駅。
    大学時代の先輩が、若林君が入団したところだと言ってました。

    さて、この街に来た目的はただ一つ。
    本来であればベルリンをもっと観光したかったところなのですが、
    どうしてもこのハンブルグで行きたかった場所がありまして、
    スケジュールの都合上、已む無くベルリンを半日で切り上げてこの街にやってきたのです。

    DSC_0135_20120530011647.jpg
    ホテル「Kronprinz Novum」
    ハンブルグ中央駅の目の前なので、さっさと荷物を置いて駅前に止まっていたタクシーを掴まえて目的地へ。

    港湾地帯に向かって走ること約10分で到着。

    DSC_0248.jpg
    目的地は港湾地帯の倉庫街の一角に立っていました。
    その名も「ミニチュアワンダーランド」

    …もう名前だけで私が好きそうな場所というのがお分かりかとw

    DSC_0137_20120530011644.jpg
    入り口。
    ここから4階まで昇ったところに入り口があるのですが、そんな上にあると知らず少し迷ったw

    入場券を買って入ってすぐの場所は物販コーナーになっていて、一瞬「え?こんなもん?」となるのですが
    奥に進むと…

    DSC_0142_20120530011644.jpg
    ………

    す、すげええええええええええええええええええええええっっっっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!

    DSC_0141_20120530011541.jpg
    DSC_0146_20120530011538.jpg
    DSC_0143.jpg
    ご覧のとおり、HOゲージの鉄道模型をメインに超巨大レイアウトが内部に敷き詰められているのです。
    ここの場所の存在を知ったとき、これは絶対行かねば!と固く誓っていた場所。
    実際に来てみると予想以上の場所でした。

    というわけで、しばらくジオラマの写真が続きます。
    今回のドイツで一つの場所で一番写真を撮りまくったのは間違いなくココw

    DSC_0147_20120530011537.jpg
    DSC_0148_20120530011440.jpg
    DSC_0150.jpg
    DSC_0149_20120530011438.jpg
    DSC_0152_20120530011437.jpg
    DSC_0144_20120530011539.jpg
    鳥人間コンテストw

    DSC_0145_20120530011436.jpg
    作業ブース。
    ここでジオラマを彩る様々な情景物を作り出しているわけです。

    5階に移動。

    DSC_0241.jpg
    DSC_0243.jpg
    DSC_0168.jpg
    先のレイアウトを上から見下ろしたところ。
    はえー、こいつぁすげぇや。

    しかし5階には先のレイアウトを凌ぐ超絶ギミックを仕込んだ数々のレイアウトが待ち受けていました。

    まずはコレ。
    DSC_0161_20120530010952.jpg
    飛行場。

    DSC_0153_20120530011109.jpg
    DSC_0154_20120530011108.jpg
    DSC_0169.jpg
    DSC_0167.jpg
    DSC_0239.jpg
    ターミナル前の駐車場までこんな…

    DSC_0238.jpg
    ターミナルの地下にはちゃんと駅があったり…

    これだけでも凄いのですが、なんとこの空港
    実際に模型の飛行機が離発着して、ちゃんとターミナルまで自走していくのです。

    スマートフォンで撮った動画を載せときます。

    テイクオフ


    ランディング


    ランディ………降りひんのかいっ!?


    朝焼けのテイクオフ


    いい年した大人たちが(自分含む)子供のこと差し置いてずっと見とれていましたw

    DSC_0155_20120530011107.jpg
    ちゃんと発着案内板までw

    しかしレイアウトは他にもまだあって
    いつまでも見とれているわけにもいかないので撤収。

    DSC_0173_20120530010732.jpg
    DSC_0174_20120530010731.jpg
    DSC_0175.jpg
    DSC_0184_20120530010602.jpg
    DSC_0186_20120530010601.jpg
    DSC_0189_20120530010600.jpg
    ちゃんとICEも走ってます。

    DSC_0179_20120530010559.jpg
    コントロールルーム。
    ここですべてのギミックを管理していて、
    どこかで列車がコケたりしたときは、すぐに察知して兄ちゃんが駆けつけてきますw

    さて、既にこれまでの写真でお気づきかもしれませんが
    このレイアウト、ちゃんと昼夜が再現されています。
    夜にもなればレイアウトのそこら中に仕掛けられた照明や発光ギミックが一斉に点灯し始めるわけで…

    DSC_0140_20120530010352.jpg
    DSC_0139_20120530010351.jpg
    DSC_0227.jpg

    夕暮れを経て…

    DSC_0138_20120530010312.jpg
    DSC_0178_20120530010310.jpg
    DSC_0181_20120530010109.jpg
    DSC_0170_20120530010311.jpg
    DSC_0228.jpg
    DSC_0229_20120530010106.jpg
    DSC_0230.jpg
    さすがサッカーの本場w

    DSC_0232.jpg
    DSC_0233.jpg
    DSC_0234.jpg
    DSC_0240_20120530005911.jpg
    ノイシュヴァインシュタイン城も。

    DSC_0204.jpg
    DSC_0201.jpg
    DSC_0202.jpg
    DSC_0205_20120530005440.jpg
    DSC_0203.jpg
    出撃!トミカヒーローレスキューファイアー!(違)
    大体巨大レイアウトに一つはこういった火災現場があるのよねw

    DSC_0207.jpg
    巨大ブリッジ。

    DSC_0242_20120530011837.jpg

    凄い人数のイベント。
    有明のアレを再現するとなると、一体何体の人形が必要になるのか…と思ったり。

    DSC_0244.jpg
    何故か恐竜。

    打って変わってアメリカゾーン。
    DSC_0191.jpg
    DSC_0195_20120530005435.jpg
    DSC_0196.jpg
    ラスベガスにICEっておかしいじゃねぇかw
    と、思ったけどICEがアメリカを走ったことはある模様。
    東海岸側で高速鉄道を作るために試験的にアムトラック社がドイツDBから借りて走らせたとか…。

    DSC_0246.jpg
    DSC_0247.jpg
    いやぁ、アメリカ的情景レイアウトもまたヨーロッパ型とは違う地形のダイナミックさという点で素晴らしいですな。

    ふと、足元を見てみると…
    DSC_0206.jpg
    なんと床の下にも列車が!
    まったく油断も隙もないなこのレイアウトは…w

    続いて海岸レイアウト。
    DSC_0208.jpg
    実際に水を使ったレイアウトです。

    DSC_0209.jpg
    DSC_0210.jpg
    DSC_0222_20120530004823.jpg
    DSC_0211.jpg
    DSC_0214.jpg
    DSC_0216.jpg
    DSC_0217.jpg
    DSC_0218.jpg
    DSC_0220_20120530004922.jpg
    実際に水の上を船が航行します。
    先の飛行機に対してちゃんと海の方も…ホントすげぇな。

    あと水中をよく見てると色々と面白いモンが…
    DSC_0219_20120530004921.jpg
    水中遊泳牛。

    DSC_0221.jpg
    カニに襲われている人たち。
    「カ、カニに…カニになりたいね!」

    スノーゾーン
    DSC_0223.jpg
    DSC_0224.jpg
    DSC_0225.jpg
    DSC_0226.jpg
    雪が降ると…訳もなく悲しくなりません?

    と、そんなわけで閉館まで2時間いっぱい、堪能していました。
    もともと兄弟2人で始めたそうですが、今や従業員200人によって支えられているこのミニチュアワンダーランド。
    私も、どうせ一度きりの人生なら、これぐらいのことやってみたいモンですが…
    まずは趣味のスペースを手に入れなければいけませんね。

    嫁より家!

    ミニチュアワンダーランドを出た後は、しばらく近くの港湾地帯を散歩。

    DSC_0249_20120530004411.jpg
    DSC_0250.jpg
    DSC_0251.jpg
    DSC_0252_20120530004250.jpg
    DSC_0253.jpg
    このハンブルグも、以前訪れたロッテルダムと同様、
    河川沿いに立地する一大港湾都市でいつも数多くのコンテナ船が行き交いしてるのです。
    やっぱり神戸育ちのせいか、こういう港湾施設見てると癒されるなぁ…

    しばらく歩いて疲れてきたので、Uバーンに乗って中央駅にリターン。
    DSC_0254.jpg
    DSC_0255.jpg

    もう今日はベルリンにハンブルグととにかく疲れて、飯を喰う場所を探しに行く気力も尽きたので、
    駅中で売ってた「Sushi with Miso soup」と缶ビールを買ってホテルの部屋で食してましたw
    DSC_0257.jpg
    味は…まあ推して知るべし。でも味噌汁に癒された…w

    そんなこんなでドイツ旅行2日目も終了。
    明日はドイツ中央部、ゲーテは戯曲ファウストの中に登場する「ワルプルギスの夜」の舞台、
    『ブロッケン山』に向かうのです。

    え?
    何でそこに行ったか理由が分かるって?
    いいじゃないですか、聖地巡りですよw

    【本日の移動ルート】
    2日目
    ベルリンからハンブルグまでECで移動。それだけ。
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。