FC2ブログ

最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

「Prost!Deutschland!」ドイツ旅行記その4

  1. 名前: K-01 2012/06/11(月) 00:26:58
    ドイツ旅行記事の続き。

    5月4日(金)

    昨晩にハノーバーからミュンヘン目指してシティナイトラインに乗った私。
    乗り心地はというと、途中ICE用の高規格路線も走っているせいか、特に大きな揺れとかも感じず。
    ベッドも欧米人使用でそれなりに大きかったし。

    でも最上段のベッドからは景色も何も見えなかった…
    DSC_0391.jpg


    ともかく定刻通り、ミュンヘン駅にただいま到着。
    DSC_0392_20120604230024.jpg

    DSC_0393.jpg
    DSC_0397.jpg
    ミュンヘン駅構内。

    DSC_0394.jpg
    乗ってきたシティナイトライン。

    DSC_0395_20120604225955.jpg
    ICE3!

    DSC_0398.jpg
    ICE1も。

    一晩かけて北ドイツから南ドイツまで一気に下ってきたわけですが、
    ここミュンヘンは世界最大のビール祭り、オクトーバーフェストの開催地としても有名な場所ですな。
    間違いなく南ドイツ随一の大都市なのですが、到着してわずか1時間で撤退w
    今度ちゃんとオクトーバーフェストの時期にでも遊びに来るから。

    で、先の写真のICE1に乗り換えて、向かう先はニュルンベルク。

    DSC_0399.jpg
    ウム、今日はいい天気だ。

    DSC_0400.jpg
    途中ICE用の高速軌道区間も通ったり。
    ここでICEの真の性能、300km/hが発揮されます。
    ドイツの鉄道技術は世界一ィィィィィィィィィィィィッッッッ!!!!!!!

    …いや、やっぱり世界二位で。技術力だけなら日本の方が…

    DSC_0403.jpg
    およそ1時間ちょいでニュルンベルクに到着。

    DSC_0405.jpg
    駅構内。

    DSC_0404_20120604225903.jpg
    駅構内にあった模型レイアウト。

    DSC_0407.jpg
    コインロッカーに荷物を預けて、街散策に出発。

    さて、このニュルンベルク。
    バイエルン州でミュンヘンに次ぐ第二位の都市で、
    ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」とか、
    第二次大戦の戦犯裁判「ニュルンベルク裁判」などで有名ですが、
    ドイツにおける鉄道発祥の地でもあるのです。

    というわけで、早速市内にある交通博物館に向かうのです。

    DSC_0408.jpg
    途中にあったオペラハウス。

    DSC_0410_20120604225807.jpg
    交通博物館入り口。

    中には車両の展示やら、ドイツの交通機関の発展の歴史の紹介や、様々な体験施設やら、鉄道模型レイアウトの展示やら…
    さすがに大宮の交通博物館ほどではないけど、それなりに展示物もあって楽しめるところでした。

    DSC_0411.jpg
    DSC_0412.jpg
    皇族用客車。

    DSC_0413.jpg
    DSC_0414_20120604225609.jpg
    ICE3のモックアップ。
    この時点ではまだ実車に乗ってないんだけど、一足お先に…

    DSC_0415.jpg

    模型コーナー。
    DSC_0416.jpg
    DSC_0417.jpg
    DSC_0418.jpg
    DSC_0419.jpg
    俺ってホントにこういうの好きねw
    でもミニチュアワンダーランド見た後だとやっぱりちょいとショボくみえてしまう…
    ってか、あれに匹敵するレイアウトなんてそうそう無いんだけど。

    他ドイツの鉄道の歴史を紹介するコーナーでは、
    東西ドイツ時の路線図とか見ててなかなか面白かった。

    交通博物館を見学した後、市内散策へ。

    DSC_0420_20120604225535.jpg
    DSC_0443_20120604225010.jpg
    DSC_0421.jpg
    昔ながらの街並みが広がっている感じだけど、
    このニュルンベルクはナチスの党大会が幾度も開催されたりとナチスを象徴する都市だったので
    第二次大戦中、連合国から集中的に空爆を受けて、その時にほとんどの町並みが焼き払われてしまいました。
    街を再建する際にそれっぽく作り直しているのですが、それでもなかなかに美しい街。

    DSC_0422.jpg
    お、鉄道模型店。
    さすがドイツ鉄道発祥の地だけはあるw

    DSC_0423.jpg
    DSC_0424.jpg
    なんだか凄い噴水…ネオエクスデスか何か?

    DSC_0425.jpg
    DSC_0426.jpg
    いいねぇ、こういう感じ。

    DSC_0427.jpg
    ヨーロッパの水路のある街の雰囲気ってほんと好きだわ。

    DSC_0429_20120604225453.jpg
    おもちゃ博物館。
    ちなみにここニュルンベルクでは毎年2月ごろに世界最大の玩具見本市が開かれる街としても有名。

    DSC_0431_20120604225415.jpg
    大聖堂。

    DSC_0432_20120604225414.jpg
    DSC_0433_20120604225413.jpg
    DSC_0434_20120604225412.jpg
    教会前広場。

    DSC_0435_20120604225411.jpg
    DSC_0436.jpg
    DSC_0437.jpg
    教会内部。

    DSC_0438.jpg
    新商品の試飲なのかコカコーラ・ゼロが無料で配られていたので
    ワシも一つもらった。

    さて、それじゃそろそろ駅に戻るかと思った矢先、
    ふとある店が目に付く。

    DSC_0441_20120604225012.jpg
    店のウィンドウに、ドイツ人が描いたと思われる同人的漫画が掲載されているではありませんか。
    「ああ、オタショップか」ということで早速、ドイツのオタ事情について視察。

    DSC_0439_20120604225211.jpg
    「けいおん!」に「ネギま!」に「セーラームーン」…
    なんだか世代がバラバラだけど日本でブームになった作品が一通りある感じ。
    っておい!よく見たら銀魂が…w
    こっちの人に分かるんかいな、あの漫画のカオスっぷりがw

    DSC_0440.jpg
    なぜかザ・ラストレッドショルダー。

    他にDVDコーナーには、まどマギのDVDや、
    ガシャポンコーナーには、パワーレンジャー・サムライがあったり…
    ちなみにこの時、キュウベエTシャツを着ていたのですが、
    店を出るとき、入ってくる人がわずかに反応したような気もしなくないw

    しかしなかなかドイツにもしっかりと定着しているようですねクールジャパンは。
    先の店の表にあったドイツ人が描いた漫画見ても、もはや感性が日本的だし…

    DSC_0442_20120604225011.jpg

    やはりドイツも中二病に感染していた可能性が微レ存!?

    そんな感じで再び駅に戻って、荷物を回収して、昼食を買って、ICEに乗車。

    DSC_0444_20120604225009.jpg
    ICE3キター!!!!

    ついにICE3に乗車するときがやってましりました。
    これまで乗ってきたのはICE1とか2だったから…
    これこそ正真正銘、日本の新幹線と同じ動力分散式電車方式、新幹線の最大のライバルICE3!
    さあ、見せてもらおうかドイツの高速鉄道の性能とやらを!

    DSC_0446_20120604225008.jpg
    と、その前にさらばニュルンベルク。
    鉄道発祥の地で、玩具流通の中心地で、しかも日本のオタショップが揃っている…
    ドイツの中で一番移住したい都市№1ですわw

    DSC_0447.jpg
    草原の中をのんびりといくICE3…
    ああ、そういえばこの区間は高速軌道が無いんでした。

    DSC_0449.jpg
    やがてアウグスブルク駅に到着。
    この街もこの街で見るところは色々とあるのですが、今回は乗換えで滞在時間30分。
    また今度ちゃんと来るから(先からそればっか…)

    DSC_0450.jpg
    RB(レギオナル・バーン、いわゆる普通列車)のディーゼルカー。
    これに乗り換えて今日の最終目的地「フュッセン」まで行きます。

    DSC_0451.jpg
    またも草原の中をのんびりと…

    DSC_0454_20120604224926.jpg
    しかし車窓の向こうに徐々に山地が現れてきます。

    DSC_0456.jpg
    あれこそ紛う方無きアルプス山脈!
    もはやここはオーストリアとの国境近い高原地帯なのであります。

    DSC_0457.jpg
    ニュルンベルクを出発しておよそ3時間半。終点のフュッセン駅に到着。

    DSC_0459.jpg
    こじんまりとした駅舎。
    ちなみに線路はここで行き止まりです。

    さて、このフュッセンという街、ドイツ観光で必ず名前が出てくるロマンチック街道の終着点の町であります。
    ここからバスで10分ほど行ったとこにホーエンシュバンガウという街があるのですが、
    そこがあのノイシュバンシュタイン城観光の拠点なのであります。
    今回のプランではこの街で2泊して、その合間の日をまるまる城とその周辺の観光にあてることにしたわけです。

    DSC_0460_20120604224805.jpg
    駅前のバス停で明日の時刻を確認。

    DSC_0462.jpg
    ちょうどその時、乗ってきたディーゼルカーが折り返し出発。

    DSC_0465.jpg
    列車を見送った後、駅から歩くこと15分。
    今日の宿「Motel Füssen」
    その名の通り、ホテルというよりはモーテル。
    なんかスポーツ施設の一角にある宿泊施設という感じ。

    DSC_0464.jpg
    なんという素晴らしい部屋!
    ちなみにこれを撮った私の後ろにももう一つベッドがありまして…
    一人なのにツインをあててもらって申し訳ないどすなぁ。
    あとはWiFiがつながっていれば完璧だったんだけれども…

    で、せっかくモーテル内にレストランがあるのでそこで飯を喰うことに。

    なんだか地元の常連のおっちゃんたちがマスターとカウンターで駄弁っていたけど
    感覚が麻痺してきたのか、物怖じする間もなくカウンター席に座る。

    俺はただ飯が喰いたいだけなんだ!

    だが、まずはビール。
    DSC_0468.jpg
    ミュンヘンで一番メジャーな「パウラナー」の黒いの。
    疲れていたこともあって、クソ美味かったw

    DSC_0469_20120604224630.jpg
    なんか適当に頼んだ奴。美味しかった。

    安いこともあって調子に乗って次々とビールを開けていくあるさま。
    お互いに酔っ払ってきたこともあって、カウンターに座っていた常連のおっちゃんたちと「Prost!!」したり。
    ゴローちゃんみたいに自分の飯だけに没頭するのもいいけど、こういうのも悪くは無いw

    ちなみに今回の旅行記のタイトルにもある「Prost!!」は、いわゆる日本語で言う「乾杯!」です。
    他に「Prosit(プロージット)」という言い方もあります。
    ヒーロー戦記でアポロン総統配下のシロッコ、シャドームーン、ヤプールがやってたアレです。

    【参考画像】
    prosit!!_1.jpgprosit!!_2.jpg
    しかし、この3人が乾杯してる光景って…なんか凄げぇなw

    と、そんなドイツのナイスミドルたちと飲み交わした後、
    シャワーを浴びて、近くのスーパーで買い物がてら軽く散歩。

    DSC_0467.jpg
    目の前にドイツ・アルプスが…
    明日もいい天気だといいなぁ。

    【本日の移動ルート】
    4日目
    ミュンヘンからICEでニュルンベルク。
    ニュルンベルクからICEでアウグスブルク。
    アウグスブルクからRBでフュッセン。

    そんな感じ。


    (追記)
    ちょっと調べてみたら、俺がニュルンベルクからアウグスブルクまで乗ったICE。
    ICE3じゃなくて、ICE-Tみたいね。ICEの振り子.ver。

    ほら、見た目が似てるから…失敬失敬。
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。