FC2ブログ

最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

「Prost!Deutschland!」ドイツ旅行記その5

  1. 名前: K-01 2012/06/16(土) 23:29:54
    ドイツ旅行の続きなのです。
    ようやくこれで後半部突入なのですよ…

    DSC_0471_20120616230927.jpg
    前日、ノイシュヴァンシュタイン城を観光するためフュッセンにやってきた私。
    今日はさっそくその観光拠点『ホーエンシュバンガウ』へ向けて駅前からバスに乗車。
    しかし昨日と打って変わって、イマイチ天気が優れないのが残念。

    DSC_0472.jpg
    およそ10分ほどでホーエンシュバンガウに到着。
    ここからノイシュヴァンシュタイン城が見えるはずなのですが…

    DSC_0473_20120616230919.jpg
    !?

    …あれ?
    なんだか…工事中のような…

    DSC_0481.jpg
    やっぱり工事中じゃないか!!!!(憤怒)
    よりによってせっかくドイツまで来たというこの日に…

    DSC_0474.jpg
    まあ嘆いていても仕方ないので、チケットセンターにてチケット購入。
    あらかじめネットで予約しといたからスイスイと。

    DSC_0476.jpg
    ここから城の入り口まで山道を登らんといかんのですが、
    行く方法としては3つ。バス、馬車、そして徒歩。

    DSC_0477.jpg
    これがその馬車。
    私は手っ取り早くバスを選択。

    しかし、さすがドイツを代表すべき観光地というべきか、
    ここに来て大量のシナ人が溢れ返っていること、溢れ返っていること。
    むしろこれまで遭遇しなかった方が不思議な気もするけど…
    まあミニチュアワンダーランドとかブロッケン山とかマニアックな場所ばかり行っていたからねw

    DSC_0519.jpg
    チケット売り場のすぐ側の丘の上にあるホーエンシュバンガウ城。
    ここも先のチケットセンターで入場券売ってます。

    DSC_0482_20120616230822.jpg
    土産物屋が並んだ先の奥で、ひっそりと佇むアルプ湖。
    アルプスの山々が写っていていい感じ。

    DSC_0483.jpg
    バスの時刻が来たので乗車。
    俺以外乗客が全員シナ人とかもうね…

    山道を登ること約10分でバス停に到着。
    そこからさらに少し歩いたとこにノイシュヴァンシュタイン城があって、
    バスの乗客たちのほとんどはゾロゾロと城に向かっていったのですが
    私は一人、城の方に行かず別の方面に歩いていきます。

    DSC_0484.jpg
    マリエン橋。
    ここはノイシュヴァンシュタイン城がとてもきれいに見えるスポットだというので
    城に行く前に、先にここから城の風景を撮っておこうというわけで。

    DSC_0485.jpg
    おぉ、おお…
    こ、これは…これこそ、あの写真でよく見たノイシュヴァンシュタイン城の姿…
    これを見るためにドイツに来た甲斐があったといってもいいほど素晴らしい…
    一面が工事中だけど、それを差し引いてもディ・モールト素晴らしい…

    しかし下の方は…
    DSC_0486_20120616230712.jpg
    ひいいいいいい!!!!!!

    それでもこの光景の素晴らしさに何度も写真をパシャパシャ。
    ちょうど橋には俺以外誰もいなかったしね。

    DSC_0487_20120616230711.jpg
    DSC_0488.jpg
    DSC_0492.jpg
    一生分のノイシュヴァンシュタイン城の写真を撮ったところで撤収。
    いよいよ城に向かうのです。

    DSC_0496.jpg
    城に向かう遊歩道。

    途中、遊歩道上からの景色をパシャパシャと。
    DSC_0493.jpg
    先、畔から見ていたアルプ湖とホーエンシュバンガウ城。

    DSC_0495.jpg
    DSC_0494.jpg

    DSC_0497.jpg
    ホントに工事中なのが残念だけど…

    DSC_0499.jpg
    ノイシュヴァンシュタイン城に到着。

    DSC_0498.jpg
    DSC_0501.jpg

    DSC_0500.jpg
    城の見取り図。

    DSC_0502.jpg
    入場門。

    DSC_0507_20120616230324.jpg
    中に入るとこんな感じ。

    DSC_0504.jpg
    以前スペインで行ったアルハンブラ宮殿と同じように、時間毎に見学出来る人数が決まっていて、
    それぞれチケットに書かれた時間にここに集合して、皆揃ってから見学開始という流れ。

    DSC_0505_20120616230422.jpg
    先、城をパシャパシャ撮っていたマリエン橋。
    こうしてみるととんでもない場所にあったのね…

    DSC_0508_20120616230323.jpg
    早速、私の見学時間が来たのでいよいよ城に突入。
    案の定、見学者のほとんどがシナ人。

    ………

    というわけで、城の見学終了。
    いや、何あっさり終わってんだよ!という話ですが、城の中は撮影禁止ですので…
    相も変わらず同じグループだったシナ人共はパシャパシャやってましたけどね。
    まるで鉄道マニアが沿線で構えているようなデカい黒いカメラ構えて…

    まあ、日本人も一昔前までは、世界の各地で似たようなことをやっていたんでしょうから
    あまりどうのこうの言える立場じゃないかもしれませんが、
    それでもやっぱりシナ人は品が無いですね(ばっさり)

    で、城内部の感想ですが、
    城の建造者、バイエルン王「ルートヴィッヒ2世」のまさに夢と狂気の結晶だなぁと…。

    王座の広間、寝室、歌人の間など、どこも金ピカだらけの部屋。
    いたる壁には、自分を主人公になぞらえた様々な伝記やオペラの絵画。
    果ては城の中に戯曲「タンホイザー」になぞらえた洞窟まで…。

    (土産物屋で買った絵葉書より)
    RIMG0151.jpg
    寝室
    RIMG0153.jpg
    歌人の広場
    RIMG0160.jpg
    王座の広間

    生涯結婚もせず、国庫が傾くまで、
    永延と自分の世界に没頭し続けたルートヴィッヒ2世こそ、
    真の趣味人といえるのかもしれません。

    まあ、実際に彼がこの城に住めたのは100日くらいだという話ですが。
    しかも完成前に謎の不審死しちゃうし…。

    でも、やっぱり自分の趣味でこんな城おったてるなんて羨ましいっすよホント…
    古田織部に並んで私が憧れる偉人の一人になりましたw

    DSC_0509.jpg
    みやげ物屋にて。
    説明文も日本語で書かれた奴があったけど、一昔前まで日本人が大挙して押し寄せていたんだなぁと実感。
    今日び、大挙してやってきているのはシナ人だけど。

    DSC_0512.jpg
    城の模型。

    DSC_0515.jpg
    そんなこんなで城見学は終了。

    DSC_0513.jpg
    さらばノイシュヴァンシュタイン城。

    麓までは今度は歩いていくことに。

    DSC_0516_20120616230224.jpg
    またも馬車。山道の途中はこいつらのクソ地雷だらけですw

    DSC_0514_20120616230223.jpg
    山道途中の景色。
    いや、何度見ても素晴らしいですわ。

    DSC_0517.jpg
    なんか茂みの方でガサガサしていたのでよく見ると…、リス先輩オッスオッス!

    DSC_0520_20120616230131.jpg
    再びチケットセンター前。
    ご覧の通り、もうこの時間帯(11時くらい)だとごった返してます。

    さて、次はここからバスで40分ほど行ったところにあるヴィース教会に行きます。

    バスが来るまで、バス停近くの喫茶店でお昼。
    DSC_0521.jpg

    やがてバスが来たのでそれに乗車して出発。
    ちなみにバスに乗るとき、普通に片道きっぷ買おうとしたら、
    バスの運ちゃんが気を利かしてくれて1日券を売ってくれた。
    この運ちゃんに限らずドイツ人の方々って基本的に親切だわ、ホント。

    DSC_0523.jpg
    湖沿いの道路をひたすら走るバス。
    途中「ロマンチック街道」と日本語で書かれた看板を見たときには思わず苦笑w

    DSC_0524_20120616230029.jpg
    到着。

    DSC_0529_20120616230028.jpg
    この牧草地の中に佇むのが世界遺産「ヴィース教会」
    ここに祀られているキリスト像が昔、涙を流したとか流してないとか…

    DSC_0528_20120616230027.jpg
    見た目は特に何の変哲も無い白亜の教会ですが…

    RIMG0163.jpg
    中がこんな風にとんでもないことになっているんですよ。
    ホントにこっちの教会の懲りようは半端ないですわ…

    ちなみにここも内部は撮影禁止なので、上の写真はお土産屋で買った絵葉書から。
    私が行ったときはちょうど中で結婚式がやっていて、とても厳粛な雰囲気だったのでこっそりと見学。
    さすがのシナ人もこの雰囲気の中では大人しくしてましたw

    DSC_0526.jpg
    DSC_0527_20120616230024.jpg
    教会の周り。

    と、そんな感じで30分ほど滞在した後、帰りのバスがやってきたので乗車。
    ちなみにここまでやってくるバスは1日に6本くらいしかないので、一本でも逃すとエラいことになりますのでご注意を。

    DSC_0531.jpg
    DSC_0532.jpg
    DSC_0535.jpg
    草原に点在する集落を一つ一つ通過していくバス。
    いや、本当にいい場所だわ…。

    DSC_0573_20120616225905.jpg
    と、テーゲルベルク山ロープウェー乗り場で下車。

    ここからロープウェーに乗って山に登ります。
    天候がすぐれないから今回パスしようかと思ったけど、せっかく来たので…

    DSC_0538.jpg
    DSC_0539.jpg
    発車。

    天候が良くないのにも関わらず、ロープウェーは満員。
    なんかクソでかいリュックをもった兄ちゃんやおじちゃんがいたので、
    山頂までロープウェーで行って、そこからトレッキングでもするのかなと思っていたんだけど…

    DSC_0540.jpg
    DSC_0544.jpg
    DSC_0546_20120616225816.jpg
    乗り場がどんどん遠くに。

    ふと横を見ると、
    さっき行ったノイシュヴァンシュタイン城が!
    DSC_0542.jpg
    DSC_0541_20120616225626.jpg
    DSC_0545_20120616225624.jpg
    ホーエンシュバンガウ城やアルプ湖も見えて素晴らしい!

    DSC_0547.jpg
    DSC_0548.jpg
    だいぶ高いところまでやってきました…

    DSC_0549.jpg
    山頂に到着。って、寒ッ!
    ご覧の通り、雪も結構残ってます。

    DSC_0550.jpg
    DSC_0560_20120616225438.jpg
    アルプス連峰。もうすぐそこがオーストリアとの国境なのです。


    DSC_0551.jpg
    DSC_0553.jpg
    DSC_0554.jpg
    DSC_0555.jpg
    一方のドイツ側。
    さっきのロープウェーからも見てたけど、やっぱり素晴らしい。
    雲が結構せまって来ているけど、これはこれで…

    と、ここで先のクソでかいリュックを背負っていた兄ちゃんが何やらガサガサと…
    DSC_0559.jpg
    DSC_0561.jpg
    ああ、なるほど!
    あのリュックの中身はパラグライダーだったのね!
    ここら辺りは、パラグライダーの飛行地としてもいいところだとか…

    パラグライダーの準備を、私を含めマジマジ観察する周囲の人たち。

    そして…
    DSC_0562.jpg
    テイクオフ!
    一斉に歓声をあげる周りの人たち。
    ここでホリケンの「パラグライダー!!」を心の中で叫んでいたのは、俺だけでいい…

    DSC_0564_20120616225002.jpg
    DSC_0565.jpg
    いやー、いいなぁあれ…
    こういうの見てると、自分も一度やってみたいですなぁ。

    DSC_0566.jpg
    そして次に準備をし始めるおっちゃん。

    DSC_0567_20120616224859.jpg
    しかしこれまでもっていた天気が徐々に崩れ始めてきた感じ…

    そんなわけでおっちゃんが飛び立つのを見届けることなく、再びロープウェーで撤収することに。

    DSC_0570.jpg
    DSC_0571.jpg
    DSC_0572.jpg
    ご覧の通り、ロープウェーに乗っている間にたちまち霧が発生。

    _______________
    |/:./:.:イj:.リ:.八:.リ   j:.i|         \_____________
    |:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:.j| ミストさん      
    |∧ぐセオ}    弋ダノイ.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | .ハ   j       /イ | 「楽しい観光でしたね…」
    | .八  <、      /イ|    
    | ト、:ヘ  、_ _ ,  /イ .|
    |./リ;;;\  -    ′..|
    |.//;;;;;;;;ヘ   ./  / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    というわけで、今日の観光はこれにて終了。
    再びバスに乗ってフュッセン駅まで帰還。
    モーテルに戻ってからは、スパロボK…じゃなくてスパロボZ2再世編をすすめてました。

    DSC_0574.jpg
    DSC_0575.jpg
    今日もモーテル内のレストランで夕食。
    昨日と違って常連たちのおっちゃんが全然いなかったのが残念。

    食後、辺りを少し散歩。

    DSC_0576.jpg
    マック。本当に世界のどこにでもあるなコレは。

    DSC_0577.jpg
    ボンネットバス。スクールバスっぽい。

    と、こんな感じでノイシュヴァンシュタイン城観光は終了したのでした。
    自分もルートヴィッヒ2世に負けないくらいに趣味に没頭して人生を全うしようと思った次第w

    【本日の移動ルート】
    フュッセン駅~ホーエンシュバンガウ
    ホーエンシュバンガウ~ヴィース教会
    ヴィース教会~テーゲルベルク山ロープウェー駅
    テーゲルベルク山ロープウェー駅~フュッセン駅

    全部バス!
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。