FC2ブログ

最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

ニューヨークのK01(その1)

  1. 名前: K-01 2013/05/19(日) 01:19:42
    2012120821162554c.jpg

    黒人のガキに財布奪われたり、
    デブの悪徳警官に絡まれたり、
    コーラの瓶の蓋を波紋で飛ばしたりはしませんでした。


    というわけで、今回の訪問国。
    これまで行ったのが,(オーストラリア),イタリア,スペイン,台湾,ベネルクス3国,そして前回のドイツと
    どちらかというと行き先がヨーロッパに偏っていたのですが,
    そろそろここいらで趣向を変えてみたかったこと,
    大学時代の知り合いがニューヨーク近郊に住んでいるということで,
    今回は初の北米大陸へ、「アメリカ」を選定しました。

    以前から,一度は世界の中心(笑)たるアメリカを見ておかないとは思っていたんですよねぇ
    見たかった場所や乗りたかった列車も色々ありますし…
    しかし今まで行ったヨーロッパに比べて,とにかくやたら馬鹿でかい国!
    行程について,色々悩んだあげく最終的にはベタにNYからワシントンまでAmtrakで下っていくというルートに決定。
    大陸横断鉄道にも乗ってみたかったんだけど,まずは初アメリカってことで大人しめに動こうかと…
    それでもそれなりに派手に動いてはいるんですがね

    まあ,そんなこんなでアメリカ道中記の始まりなのです。

    ○4月25日(木)晴れ
    例によって,新幹線とスカイライナーで成田空港まで。
    今回の航空券はユナイテッド航空のサイトから直接手配して、サーチャージ込みで往復100K某。
    行きは成田からニューヨークJFKまでの直行便,帰りはワシントンダレス空港から成田までの直行便。
    ヨーロッパ行くときはほとんど経由便だったから,そういった意味では今回は楽といえば楽だけど…


    それでもって成田を予定通り16:40に出発。
    行きはユナイテッドとコードシェアしてる全日空の機体だったので
    設備も充実してて,暇つぶしには事欠きませんでした。
    やっぱ日本のエアラインは偉大ですわ。


    そして11時間後,これまた予定通りにニューヨークJFK空港に到着。
    DSC_1583.jpg
    しかし経由便じゃなくて,いきなり到着だと心の準備が出来てなくて妙に焦る。
    飛行機もANAで、乗客もCAも日本人しかいなかったし…

    既に現地時間は17時だったので,まずはタクシーをひろってホテルへ。

    DSC_1585.jpg
    あ,これがエアトレイン。
    JFKの各ターミナル間を結んでいる新交通システムですな。
    これを使えば公共交通手段でホテルまで行けるんだけど,来たばかりで勝手も分からない今はタクシーを使ったほうが無難。
    これまでの海外旅行でも空港に着いて一発目はタクってたし。

    タクシー乗り場から,NY名物イエローキャブの運ちゃんにホテルの住所見せたら
    OKということで早速出発。
    だけどちょうど夕方のラッシュにあたってしまったのか,高速道路ものろのろ。
    しかもやたらあっついし,タクシーのディスプレイでやってるCM意味分からんし…

    で、さらにOKとか言ってた癖に運ちゃん道に迷って、50分後ようやくホテルに到着。
    これが米クオリティなのか…

    DSC_1588.jpg
    今回,NY滞在中宿泊するのがこのホテル「ハワードジョンソン」
    ニューヨーク市にあるのですが,いわゆるマンハッタンではなく外れのクイーンズにあるホテルです。
    マンハッタンのど真ん中だと高いからね。
    ホテルの近くのWoodside駅を利用すれば,地下鉄でグランドセントラル駅,ロングアイランド鉄道でペンシルバニア駅まで直通でいけるから、
    クソ高い金を払ってマンハッタンのホテルを取るよりマシだということでここを選んだわけです。
    まあ治安については不安はありましたけど、実際来てみると特に問題はなさそうなので一安心。
    クイーンズ自体そんなに治安は悪くないと聞いていたから、このホテルを選んだってのもあるけどね。

    DSC_1587.jpg
    部屋。これが噂のキングサイズベッド。
    枕も無駄に多い。


    DSC_1589.jpg
    荷物を置いて付近を軽く回ってみる。

    ホテル近くのwoodside駅近くまで行ってみると、セブンイレブンがあったので様子見もかねて入店。
    …しかしセブンイレブンとは名ばかり,日本の奴とは別物といっていい店。
    夕食時だったので,そこでハンバーガーとサラダ,コーラ買ってホテルの部屋で食って就寝

    本当の戦いは明日からなのだよ!

    ○4月26日(金)晴れ
    起床。昨日セブンで買ったミニッツメイドとマフィンケーキ喰って身支度して出撃。

    DSC_1591.jpg
    woodside駅。地下鉄とロングアイランド鉄道が乗り入れてるクイーンズの駅です。

    早速このロングアイランド鉄道(LIRR)に乗ってマンハッタンに乗り込むのです。

    DSC_1592.jpg
    よく見ると架線がない…LIRRは第三軌条方式。

    DSC_1594.jpg
    およそ15分ほどでペンシルバニア駅、通称ペンステに到着。
    ご覧のとおり地下駅で、Amtrakも乗り入れているNYの一大ステーションです。
    まずは地上に出てみる。

    DSC_1599.jpg
    ペンステ駅舎。

    DSC_1600.jpg
    おおっ!あれはエンパイアステートビル!
    早速NYで屈指のランドマークを目にしてテンションも急上昇。
    意気揚々とマンハッタン散策を開始するのです。

    DSC_1601.jpg
    DSC_1596.jpg
    DSC_1602.jpg
    ニューヨークタイムズ本社。

    そしてあの世界一有名な交差点に到着。
    DSC_1609.jpg
    タイムズスクエア。
    正月のカウントダウンでも目立っている「TOSHIBA」の看板も健在。
    ここに「TOSHIBA」の看板がある限り、韓国勢共に好きにはさせんよ!と思いきや…

    DSC_1610.jpg
    反対側には「SUMSUNG」の看板が…やっぱり駄目みたいですね(諦め)

    引き続き歩いて辿り着いたのは…
    DSC_1613.jpg
    ロックフェラー・センター。
    日本がバブルで浮かれてたときに調子に乗った三菱地所がここを無理矢理買収して、
    NY市民達の反感を買ったそうな…
    今は昔、景気のいい話ね。

    DSC_1616.jpg
    はえー、すっげえ高い…
    ここにもエンパイアステートビルに並ぶ高層展望台があるそうで…

    DSC_1614.jpg
    この旗で囲まれた広場が冬になるとスケートリンクになるとのこと。
    それだけNYの冬は寒いのか…(戦慄)

    DSC_1622.jpg
    引き続き5番街通りを北上。

    DSC_1623.jpg
    ユニクロ発見。
    入ってみたら、店員が店内BGMに合わせて踊ってた。

    DSC_1624.jpg
    やたら幾何学的なビル。トランプタワーとかいうらしい。
    そういえばトランプマンは今どうしてるのかしら?

    そうこう歩いているうちにセントラルパークの入り口に到着。

    DSC_1628.jpg
    マンハッタンのど真ん中に広がる、まさに都会のオアシスがこのセントラルパーク。
    その入り口にいるのがこの黄金の兵士。
    誰だか知らんけど。

    DSC_1629.jpg
    周りはこんなビルだらけ。

    DSC_1630.jpg
    でも一度公園に入るとこんな感じ。

    DSC_1635.jpg
    あ、しばいぬ子さん!

    DSC_1644.jpg
    ガチョウ先輩!

    DSC_1645.jpg
    リス兄貴オッスオッス
    普通に都会のど真ん中の公園のいたるところにリスがいるんだよなぁ。
    たまげたなぁ。

    DSC_1636.jpg
    しかし平日なのに結構人がいること…

    DSC_1647.jpg
    不思議の国のアリス像。

    ニューヨーカー気分でセントラルパークをひとしきり歩いた後、向かった先はメトロポリタン美術館。

    DSC_1649.jpg
    あのトラウマソングで有名なメトロポリタンミュージアムですよ。
    当時、ファラオの棺からミイラが出てくるところが怖かった(小並感)



    DSC_1650.jpg
    で、やっぱりメトロポリタンといえば、その古代エジプトの発掘品。
    カーメン・カーメンがいっぱい。

    DSC_1651.jpg
    ヒエログリフ。
    ヒエログリフといえば、マザー2を思い出す…
    フォーサイドの博物館の館長がヒエログリフのうつしをくれて、後でそれを砂漠で使うんだよなぁ確か。

    DSC_1652.jpg
    エジプトのアスワンハイダムで沈みそうになったけど、ここまで持ってきた神殿。

    DSC_1653.jpg
    いつかは本場で見てみたいもんですが…

    DSC_1655.jpg
    エジプトで出会ったやつ。



    DSC_1657.jpg
    甲冑コーナー。
    やっぱりこういうのって男の子の味だよな。

    DSC_1658.jpg
    ひょう!かっくい~!!

    DSC_1659.jpg
    ジャパニーズ・サムライアーマーも負けちゃいませんよ。

    DSC_1660.jpg
    サムライブレード。

    DSC_1661.jpg
    侍戦隊。

    DSC_1662.jpg
    欧州の人間ってホントこういうの好きねぇ。

    DSC_1663.jpg
    ペルセウス「メデューサ穫ったどー!!」

    そういえばこれ、イタリア行ったときヴァチカン美術館でも見たなぁ。
    そしてこのブログで同じこと書いてたなぁ。

    DSC_1664.jpg
    太平洋諸島文化圏コーナー。

    DSC_1665.jpg
    変な人形。
    太平洋諸島ってモアイ像といい、造形に関してなんか大陸の人間とは感覚が違う気がする…

    DSC_1666.jpg
    エジプトの棺とはまた別の方面で派手な棺。

    DSC_1668.jpg
    DSC_1667.jpg
    ちょっとした噴水があれば、すぐにコインを入れるのはどこの国も同じ…?

    DSC_1670.jpg
    イスラム文化圏コーナー。
    なんか雰囲気が前行ったスペインのアルハンブラ宮殿と似てる…

    絵画&写真コーナー。
    DSC_1671.jpg
    『西部警察』

    DSC_1672.jpg
    『ゴルディオンクラッシャー』

    DSC_1673.jpg
    そういえばところどころで、こんな風に模写してる人がいた。
    学芸員の人らからは何も咎められていなかったから、ちゃんと許可はとってんだろうけど…

    DSC_1674.jpg
    アジアコーナー。
    日本美術も当然ありました。

    DSC_1675.jpg
    サーッと約3時間弱回ったけど、それでも全然回りきれないほどの超巨大美術館。
    今回はここいらで切り上げ。

    引き続き公園散策。

    DSC_1677.jpg
    オベリスク?

    DSC_1680.jpg
    『クロスソード!!』

    DSC_1681.jpg
    DSC_1686.jpg
    それにしても皆さん気持ちよさそうに日なたぼっこしてますなぁ。
    中にはパンツ一丁爺さんも…。


    DSC_1685.jpg
    DSC_1682.jpg
    公園の中に建ってるベルヴェデーレ城。
    城とはいってるけど、まあただの展望台です。

    DSC_1683.jpg
    だが登る。
    それが俺のジャスティス。

    DSC_1684.jpg
    こうして見ると、馬鹿でかい公園だということが分かるだろう?(馴れーション風)

    城から下りた後、近くの駅から地下鉄で一気にブルックリンへ。

    DSC_1688.jpg
    ブルックリンといえば杉田…ではなく、マンハッタン以上の人口を誇るニューヨーク5区の一つ。
    かつてニューヨーク市に合併されたことを未だに悔やんでいるほど、地元意識の強い区とのこと。
    でも、合併したことで今日世界屈指のメガロポリスの一部になれたってのもあるし…まあ、多少はね?

    DSC_1689.jpg
    しかし、そんなブルックリンとはすぐにおさらばで、
    ここに来た目的はマンハッタンとの間を結ぶブルックリンブリッジを横断すること。

    DSC_1690.jpg
    ご覧のとおり、橋を渡りながらマンハッタンを眺めることが出来るんですわ。
    夜も夜で夜景が綺麗だとのこと。そうでしょうなぁ。

    DSC_1692.jpg
    お隣の橋はマンハッタンブリッジ。

    DSC_1694.jpg
    橋の構造としては、車道とこういう観光客向けの遊歩道が併設されている感じ。

    DSC_1695.jpg
    ブルックリンのウォーターフロント。

    DSC_1693.jpg
    徐々に近づいてくるマンハッタンのビル群。

    DSC_1699.jpg
    む?あれは…自由の女神?

    DSC_1700.jpg
    エンパイアステートビルも!

    DSC_1701.jpg
    塔の上にたなびくアメリカ国旗。
    …やっぱり、星条旗ってカッコいいなぁ…
    どっかの白に赤丸だけの国旗とは違って。

    DSC_1703.jpg
    しかしどこの国もこうやって記念に南京錠つけてるのがね…
    フィレンツェのベッキオ橋とかでこんなん見たよ。

    DSC_1704.jpg
    間もなく対岸のマンハッタン。

    DSC_1705.jpg
    およそ30分ほどでマンハッタンに到着。

    DSC_1706.jpg
    振り返りわたってきた橋を見る。
    ねー、人多いよねー

    でもそういえば今回のアメリカは、
    総じて中国人観光客がこれまで行ったヨーロッパより少なかった気がする。
    ドイツの時なんか至る所にいたというのに…
    やっぱり将来の敵国には来たくないんでしょうかね?w

    DSC_1707.jpg
    次に向かうはウォール街。
    米国の金融市場の代名詞ともなってる場所ですな。

    DSC_1710.jpg
    ワールドトレードセンター跡のグラウンドゼロに再建中の新タワー、1ワールドトレードセンター。
    現在西半球で一番高いビルだそうな…。
    世界一はドバイの石油成金タワーことブルジュ・ハリファですな。
    この前行った台北101は…三番目くらいだっけ?

    このビルに続いて、これからまたこの地ににょきにょきビルが生えてくるそうな…

    DSC_1711.jpg
    グラウンドゼロに近いこの辺り、9.11の時はもうそりゃエラい騒ぎになったんやろな…と思いながら通過。

    DSC_1713.jpg
    ウォールストリートに到着。

    DSC_1714.jpg
    紛れもなくウォールストリート。

    そもそも原住民をだまくらかして、マンハッタン島に入植したオランダ人がインディアンやライバルのイギリス人の侵入を防ぐために、ここに壁を作ったのが『ウォール』街の由来。

    もともとニューヨークも『ニューアムステルダム』と呼ばれていて、イギリスに戦争に負けるまではオランダ人のものだったんですよね。

    かつて占領していたジャワ島を太平洋戦争で日本軍に奪取されていたことで日本人を嫌うオランダ人も未だにいるっつー話を聞くので、
    なおさらオランダとイギリスの確執ってのもなかなか深そうですなぁ。
    同じ新教の国とはいえ…

    DSC_1718.jpg
    ウォールストリート沿いに建つフェデラル・ホール。
    初代大統領ジョージ・ワシントンが就任宣言を行った場所だそうな。

    DSC_1719.jpg
    そしておなじみ、ニューヨーク証券取引所。
    まわりは柵が張り巡らされていて、警官もいっぱい見張ってました。

    DSC_1721.jpg
    まあ…ウォール街といってもただこんな感じな場所。
    一応あのウォール街に来たんだ、ってことで。

    またも地下鉄に乗って今度向かった先は国連ビル。
    来たなら一度は見ておかないとね、ということで…

    DSC_1722.jpg
    これが国連ビル。

    DSC_1726.jpg
    なんか…思っていたより…ショボイ…
    国連加盟国のフラッグがズラッと並んでいるかと思ったのに…
    これだったらブリュッセルのEU本部ビルの方がまだ立派だよ。

    まあ一応、国連ビルを見たところで本日の観光は終了。

    DSC_1728.jpg
    グランドセントラル駅に向かう途中に姿を現したクライスラービル。
    これもまたマンハッタンで代表的なビルの一つ。
    エンパイアステートビルやロックフェラーセンターと違って、観光客はロビーしか入れないけど。

    DSC_1731.jpg
    グランドセントラル駅、通称グラセンに到着。
    ペンステーションと並ぶニューヨークの一大ステーションですな。

    DSC_1729.jpg
    天井にはこんな風にプラネタリウムが。

    DSC_1730.jpg
    そしてお約束の星条旗。
    如何にもThe・アメリカンステーション。
    しかしやっぱり大型ステーションはいいものですなぁ~!

    ここの地下食品街で夕食目当てにブラブラしていたら、
    持ち帰りの寿司ショップを発見。
    MISOスープとBoilビーンズまであったので、これと鉄火巻きとカリフォルニアロールを買って帰還。
    ニューヨークに来たのに、一日目にして寿司とか…
    でもあまりアメリカの食事には期待していなかったから、まあ多少はね?

    グラセンから地下鉄に乗ってWoodside駅まで。

    DSC_1733.jpg
    高架下をアムトラックの車輌が…

    DSC_1735.jpg
    woodside駅に到着。
    この地下鉄7番線はマンハッタンに入る直前までずっと高架。

    DSC_1736.jpg
    けたたましい音を鳴らして上を通り過ぎてゆく7番線。

    んで19時過ぎ頃、ようやくホテルに帰還。
    今日は9時ごろからずーっと歩き詰めだったので、足腰が痛くなったですわい。
    まだ一日目なのに張り切りすぎた…

    DSC_1737.jpg
    まあそういうこともあって、食べなれた寿司を買ったんだけどね。
    ホテルの部屋で食べて、シャワー浴びて、アメリカの見たことのないアニメをボケーッと見て就寝。

    全部ではないけれど、NYをなかなか堪能した一日目でした。

    さて、二日目はNYから離れてナイアガラの滝へ日帰りツアー。
    ここで現地に住んでる大学時代の友人と合流して一緒に巡るのであります。

    次回「三大瀑布第一の刺客!ナイアガラの脅威!」にチャンネルセット!(ジーグ的締め)

    【補足】
    ニューヨークについて。

    上でニューヨークは5つの区に分かれてると描きましたが、具体的に図で示すとこんな感じ。
    New_York_City_location-top.jpg
    いわゆるビル街が立ち並ぶマンハッタン。
    その対岸にブルックリン、今回宿をとったクイーンズ。
    マンハッタンの奥でキリー・ギャグレー出身地のブロンクス。
    そしてスタテンアイランドと…。

    この中で唯一北米大陸に繋がっているのはブロンクスのみ。
    マンハッタン、スタテンアイランドは島だし、ブルックリン、クイーンズもロングアイランド島の一部。
    ちなみにガチムチ兄貴でおなじみビリー・ヘリントン氏はニューヨーク市でないロングアイランドのどこかの出身らしいです。

    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。