FC2ブログ

最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

フィラデルフィアのK-01

  1. 名前: K-01 2013/07/03(水) 00:21:40
    (異動の引継ぎが)やはりヤバイ

    というわけで、ここんとこ本当にbtbtしていてアメリカ旅行の記事もろくに更新してなくて申し訳ない。
    こういうのはヤれるときにヤっとくのに限りますので、とにかく勢いで片付けておきたいところ。

    というわけで、アメリカ周遊旅行4日目です。

    ○4月29日(月)雨

    今日はいよいよNYから離れてフィラデルフィアに向かうのです。
    ちなみに「フィラデルフィア」とは古代ギリシャ語で「兄弟愛の街」という意味らしいです。

    兄弟愛(意味深)

    DSC_2018.jpg
    あー、ついに雨かー。
    ワイが海外に行くと必ず一度は雨日にあたるんですわ。
    ドイツのハイデルベルクのときも然り、オランダのアムステルダムのときも然り…

    DSC_2019.jpg
    3日間にわたって利用したwoodside駅とも今日でお別れ。
    ここからロングアイランド鉄道でペン・ステーションへ。

    DSC_2020.jpg
    アムトラック車庫。

    DSC_2023.jpg
    ペンステに到着。アムトラックのホームが見つからず焦る焦る。

    DSC_2028.jpg
    セーフティゲットオン!!
    これがワシントンDC行き、ノースイースト・リージョナル号。
    ボストンからワシントンDCまでの北東回廊を走るL特急みたいなものです。
    そしてノースイースト・リージョナル号の上位互換機として、
    TGVの技術をベースにつくられたアセラ・エクスプレスがあるのですが、それはまた後日。

    DSC_2029.jpg
    側面。

    DSC_2030.jpg
    まごうことなきAmtrak
    ではしゅっぱーつ!!

    とか言ってる余裕はなくて、
    自席を確保すべく車両内をウロウロ…ようやく白人の老婦人の向かいの席に落ち着く。

    しかしなんか妙な緊張感があって外の写真撮る余裕もなく、
    ソワソワしてるうちに1時間ほどでフィラデルフィアに到着。

    DSC_2031.jpg
    フィラデルフィア30thストリート駅。
    アセラ・エクスプレスをはじめとしたアムトラックの特急が停まるメインステーションですが、
    フィラデルフィア市街地の外れにあるので、中心地へはここから地下鉄かトラムで移動しなければならんです。

    DSC_2032.jpg
    さらば、ノースイースト・リージョナル号。

    DSC_2033.jpg
    駅舎内。なかなかに荘厳。

    DSC_2034.jpg
    なんか新しい車両のイメージ図。E751系みたい。

    DSC_2035.jpg
    フィラデルフィア駅概観。

    ここから地下鉄に乗り換え。

    DSC_2079.jpg
    地下鉄。

    そしてこの地下鉄に並行するようにして…
    DSC_2093.jpg
    なんとトラムが!地下を!
    フィラデルフィア市街地から、この30thストリート駅まで地下。
    そしてその先は地上を走るという…

    同じ地上と地下を走る路面電車といえば京阪800形があるけど、
    こっちはご覧のとおりれっきとしたトラム。
    たまげたなぁ…

    DSC_2036.jpg
    DSC_2039.jpg
    DSC_2080.jpg
    フィラデルフィア中心部。
    ニューヨークと違って、ゴミゴミしてなくてすっきりした感じの街。

    DSC_2040.jpg
    市庁舎。

    DSC_2038.jpg
    今宵のホテル、「Rodeway Inn」
    見た目はボロそうだけど…

    DSC_2037.jpg
    中はかなり綺麗。
    今回の旅で間違いなく一番当たりのホテルでした。

    アメニティもしっかりしていて、WiFiもしっかりつながって、
    近くに日本食材を売ってるスーパーもあってロケーションもばつ牛ん。

    正直このホテルから移動したくありませんでした。

    が、せっかく来たからには巡り回らなければ!
    それが俺のジャスティス!

    というわけで、フィラデルフィア観光開始。
    地下鉄に乗って、まず向かった先はココ。

    DSC_2041.jpg
    インディペンデンス国立歴史公園。

    DSC_2042.jpg
    DSC_2051.jpg
    DSC_2059.jpg
    独立記念館。前にいるのは初代大統領ジョージ・ワシントン。

    201302061958340001.jpg
    …間違えた。こっち↓
    k905381926.jpg

    このフィラデルフィアは、かつてアメリカがイギリスからの独立を果たす上で重要な役割を果たした都市で、
    独立戦争時には、この独立記念館(かつての州議事堂)で大陸会議や独立宣言がされたことで有名。
    ワシントンDCの建設が完了するまでの10年間、アメリカの首都だった時期もあります。

    DSC_2045.jpg
    この独立記念館の中は観光できるのですが、そのためにはツアーに参加しなければいかんのです。
    無料とはいえメンドくさい…でもせっかく来たからしょうがない。

    DSC_2047.jpg
    大陸会議の様相を描いた絵。

    この絵が飾られている広間で、ガイドのおっちゃんがなんか色々言ってましたが、詳しい内容はよぅ分かりませんでした。
    とりあえず、アメリカがイギリスから独立したことをエラく自慢してた気がする。
    ツアー客にも色々話を振ってて、その際に相手の出身地を聞いてたけど、相手がイギリス人だったときに
    「あ、それじゃ俺たちの敵だw」みたいな感じで冗談交じりに話してたのが印象的だったですわい。
    本当にこの国の人らは自分の国への自負心が半端ねぇですなぁ。
    俺は少なくともこの国に、これほどまでに自負心は持てませんわw
    日本は好きだけど、日本人は嫌いだから。

    DSC_2050.jpg
    独立宣言がされた議事堂。

    独立記念館のツアーが終わった後は、同じ敷地内にあるリバティベル・センターへ。

    DSC_2053.jpg
    これが独立宣言のときに鳴らされた鐘、通称「自由の鐘」

    DSC_2055.jpg
    今は亀裂が入って鳴らすことが出来ないとか。

    DSC_2058.jpg
    独立記念館と自由の鐘。
    まさにアメリカ独立の象徴ともいうべき2大シンボル。

    さて、一通りインディペンデンス国立歴史公園をみたところで、ここから歩いてデラウェア川目指して歩く。

    DSC_2062.jpg
    DSC_2064.jpg
    途中であった建物たち。
    なんかフィラデルフィアって、シムシティ的な感じがする街ですわ。

    DSC_2065.jpg
    なんかのモニュメント発見。

    DSC_2067.jpg
    アイリッシュメモリアル?
    アイルランドが何か関係あるんかいな?と帰ってから調べてみると、
    かつてアイルランドでジャガイモ飢饉(おジャガが疫病でまったく採れなくなった)が起きた際に、
    大量の移民がアメリカに向けて出発したけど、衛生環境が「棺桶船」と呼ばれるほど劣悪な船で、
    これまた途中で多くの犠牲を出しながらなんとかアメリカに辿り着いた人たちがいたとのこと。
    それの記念碑というわけですな。

    今ではアイルランド系アメリカ人はアメリカの人口の12%を占めるほどの勢力。
    有名処だと、ケネディやレーガン、クリントン、そしてバマオもアイルランド系アメリカ人だとか。
    「え?バマオが?」と思ったけど、おかんの先祖がアイルランド系だのことで…

    しかしアメリカなんて、色んなところから移住してきた人たちだらけだから、
    物は言いようというか、もはや何でもありなような気もする…

    DSC_2068.jpg
    アイルランドの国旗も。

    DSC_2069.jpg
    デラウェア川に到着。

    DSC_2071.jpg
    DSC_2072.jpg
    ヨーロッパの河川もでかかったけど、こっちの河川もやはりデカい。

    DSC_2073.jpg
    この川の底のどこかで、考えるのをやめた人が沈んでいるんですかね?

    DSC_2074_20130620001836.jpg
    それにしても天気が悪いので、今日はこの辺で撤収。
    フィラデルフィアといえば、映画「ロッキー」でトレーニングで使っていた階段のあるフィラデルフィア博物館があるけど、
    今日は月曜日で閉まってるし、そもそもロッキー見てないし…

    DSC_2075.jpg
    帰り道の途中にあったインディアンっぽい人の像。

    今日の夕食はホテルの近くにあったバーで取ることに。

    DSC_2083.jpg
    こんなお店。

    DSC_2082.jpg
    なかなかいい感じの店内。

    フィラデルフィアといえば、フィル・ステーキが有名とオタ後輩から言われたので
    メニューに書いてあったそれらしきものを頼んでみると…

    DSC_2081.jpg
    …なんか違わね?
    っていうか、サンドウィッチじゃんコレ。
    まあ美味しかったからいいけど。

    というわけで、フィラデルフィア観光はこれにて終了。
    NYと比べてえらくあっさりしてるけど、NYで歩きまくった反動でこの時むっちゃしんどかったのよw
    だからこの日は体力回復のために、あまり派手に動かないようにしてたんです。
    もう年だねぇ、ホントに。

    夜、シャワーを浴びて缶ビール飲みながらテレビをザッピングしてたら
    なんかこんなアニメがやってた↓
    DSC_2084.jpg
    DSC_2086.jpg
    アイアンマンとバットマンが合コンしてる…
    というか、女の顔ブッサイクやなぁw

    これがメリケンクオリティかぁと思ってると、次に始まった番組を見てさらに驚愕。
    DSC_2088.jpg
    !!!???????

    DSC_2089.jpg



    ……

    ………なんだコレは……?

    アメリカ在住中のオタ後輩が言ってた、「アメリカには可愛いという概念がない」という言葉が実感できた瞬間でした。

    そして、NYにいたときにも夜やってたアニメ。
    DSC_2090.jpg
    俺がツイッターで「死んだ魚のような目をしたアニメ」と言ってたコレ、
    後で検索してみると「キング・オブ・ザ・ヒル」というタイトルのアニメで、
    アメリカのアニメでも「シンプソンズ」に次ぐ長寿アニメだとのこと。
    日本でもCSで吹き替え版が放送されたとか…

    DSC_2091.jpg
    テキサスに住む、ある典型的アメリカ人一家と、その周りに住む奇人変人が織り成す社会派コメディ作品らしい…
    日本でいうと「サザエさん」…もしくは「クレヨンしんちゃん」あたり?

    まあ、絵柄はともかく、内容は面白そうな感じはした。
    何言ってるかさっぱり分からんかったけど。

    他には「アメリカン・ダッド!」とか、言葉は分からなくても明らかにアメリカや保守的な思想を皮肉ってるアニメとか、
    「シンプソンズ」といい、本当にここの国の人たちはブラックユーモアなアニメが大好きなんだなぁと実感。

    こりゃ日本の「萌え」が理解される日は、まだ当分来なさそうですわ。
    日本のアニメが流行っている分、ユーロな国の方々の方がよっぽど日本人の思考に近いとつくづく感じました。
    そんなアメリカと日本の感性の違いを感じながら就寝。

    さて、明日はいよいよアメリカ首都、ワシントンDCに突入。
    次回、『大ピンチ!ワシントンDCの夜』にオーバーヒートッ!!(キングゲイナー的締め)
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。