最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

ワシントンのK-01

  1. 名前: K-01 2013/07/15(月) 14:50:33
    ○4月30日(火)雨

    はい、今日はワシントンに向かうのです。

    DSC_2092.jpg
    う~んこの天気…
    今日も振りそうだなぁ…

    DSC_2094.jpg
    メトロで30thストリート駅へ。
    ここからAmtrakでワシントンを目指すのです。
    そして今回乗る列車は…

    DSC_2095.jpg
    アセラエクスプレス!
    アメリカに来たからは、こいつに乗っておかねばなるまい!

    DSC_2097.jpg
    室内はこんな感じ。ヨーロッパでもおなじみのお見合いシート。
    ちなみにこのアセラはビジネスクラスとファーストクラスの座席しかありません。
    昨日乗ったノースイースト・リージョナル号と違って、このアセラは完全座席指定。
    「こだま」と「のぞみ」みたいな関係ですが、にしても自由席とビジネスクラスの値段が3倍近いのは何とも…
    それでいて、日本やヨーロッパみたいに高規格線路がないので、所要時間ほとんど変わらないとか…

    まあ、飛行機のエコノミーとビジネス&ファーストと同じような価格差ということなのでしょうな。

    DSC_2098.jpg
    たとえ高規格線路じゃなくても走る走る。ボンバルディア社製は伊達じゃない!

    DSC_2099.jpg
    デラウェア川沿いを疾走。
    この川の底のどこかに考えるのをやめた人が…(昨日と同じ感想)

    DSC_2101.jpg
    フィラデルフィア市交通局、通称『Septa』の普通列車。

    このボストン~ワシントン間の路線、通称『北東回廊』には、
    アムトラック以外にも、各市、各州の交通局が線路を借りてこうした近郊列車を走らせているのです。

    ちなみに線路の所有者も全部アムトラックというわけではなく、州や貨物運行会社だったりします。

    DSC_2104.jpg
    およそ1時間ほどでボルティモアに到着。
    メリーランド州交通局(通称『MARC』)の普通列車が停まってるのです。

    DSC_2106.jpg
    運転停車中にすれちがったアセラ・エクスプレス。

    DSC_2108.jpg
    そしてボルティモアからさらに約30分ほどで終点、ワシントンDCに到着。

    DSC_2109.jpg
    アセラのロゴ。

    DSC_2110.jpg
    アムトラックのロゴ。

    DSC_2111.jpg
    車体的にはシンプルながら洗練されてる感じ。

    DSC_2112.jpg
    ただ個人的に4つ目がなぁ。
    こう4つとも並んでいるよりは、681系みたいな配置のほうがいいような…

    DSC_2114.jpg
    隣には昨日乗ったノースイーストリージョナル号。

    乗り心地を比べると、う~ん…
    昨日が落ち着いて乗っているような状況じゃなかったのでよう分からんですw

    DSC_2115.jpg
    ワシントン・ユニオン駅。
    100年以上の歴史を持つ由緒正しいワシントンDCの一大ステーション。

    DSC_2119.jpg
    行き先表示板。
    北東回廊の終着駅だけあって、方面的にもボストンとかNYがほとんどだけど、
    周りの州に行く列車もちらほら…

    DSC_2118.jpg
    外観。とにかくデカイ!
    写真は撮ってないけど、中には駅施設以外にも巨大ショッピングセンターもあって、その中のフードコートで昼食。

    DSC_2117.jpg
    わざわざ3本とも同じ星条旗を掲げるという…
    首都だけあって凄いアッピルぶり。

    ここからメトロに乗って、ホテルに移動。

    DSC_2120.jpg
    これがワシントンメトロの駅。
    なんでも核シェルターの役割も備えているとか…

    DSC_2121.jpg
    メトロの車両。
    なんかこれと似たような顔つきの奴、昔日本にもいなかったけ?

    DSC_2124.jpg
    今宵のホテル「DC Lofty」
    とにかくホテルが高いワシントンにおいて、安いことだけでとったホテルでしたがこれが裏目に出ることに…

    DSC_2123.jpg
    まあ、室内は普通といえば普通なんですが…

    とりあえずそれは後にして、まずは荷物を置いてワシントン観光へ。

    ワシントンといえば…
    やはり見ておきたいのは、ホワイトハウスとスミソニアン博物館!
    「ロスト・シンボル」も読んでたから、作中に出てきた場所でもめぐろうかとも思ったけど、
    時間もそうなかったので、ピンポイントで上の2つを巡る事に。

    DSC_2125.jpg
    というわけで、国立航空宇宙博物館。
    やっぱり乗り物好きならまずはここねw

    ちなみにスミソニアン博物館というのは、
    20近い複数の博物館、美術館から構成されているのをまとめて指している呼称で、
    本当に全部見て回ろうものなら、1週間はかかる代物。

    なので、今回はこの国立航空宇宙博物館と国立自然史博物館をチョイス。

    DSC_2127.jpg
    入るや否やもういきなりこんな感じ。

    DSC_2129.jpg
    月の石なんてのもあるけど、大勢の人が触りすぎていて、これよく分かんねぇな…

    DSC_2131.jpg
    ノースアメリカンX-15。
    超音速飛行の試験用機体。時速7296kmを叩き出したキチガイ超音速機。

    DSC_2128.jpg
    アメリカと旧ソ連の核ミサイル。

    DSC_2132.jpg
    火星探査機君。

    DSC_2133.jpg
    エアバスの頭。

    DSC_2134.jpg
    こっちはボーイング747の頭。

    DSC_2136.jpg
    無人飛行機機君たち。

    DSC_2137.jpg
    アメリカ空軍の名機、ダグラスA-4C「スカイホーク」
    やっぱり戦闘機は男の子の味だよな。

    DSC_2139.jpg
    空母の模型。
    やっぱり航空母艦は男の子の味だよな。

    DSC_2140.jpg
    第二次大戦のイギリス防衛の英雄「スピットファイアMkⅦ」

    DSC_2141.jpg
    一方のドイツ空軍の名機「メッサーシュミットBf109」

    DSC_2142.jpg
    こち亀の特殊刑事課でもおなじみ、アメリカ空軍の名機「ムスタングP-51」

    DSC_2145.jpg
    そして日本の名機こと「三菱零式艦上戦闘機52型」

    ここらへん、ストライクウィッチーズとか知ってたら、もっと興奮できたんでしょうかね?

    DSC_2146.jpg
    ボーイングやダグラスの最初期の航空機たち。
    ちなみにボーイングって元シアトルの木材業者だったらしいですね、知らんかった…。

    DSC_2148.jpg
    NASAのなんかの試験ジェット機。

    DSC_2149.jpg
    女性で初めて大西洋横断飛行を成功させたアメリヤさんの愛機『ベガ』
    世界一周飛行の途中で行方不明になってしまったらしいですが。
    それにしても、某空飛ぶ豚の愛機を髣髴とさせるカラーリングですなぁ。

    DSC_2150.jpg
    1911年アメリカ大陸横断レースに挑んだライト兄弟製複葉機「ヴィン・フィズ」

    DSC_2155.jpg
    その飛行機神ことライト兄弟。

    DSC_2156.jpg
    ライト兄弟が作った人類初の動力飛行機「1903フライヤー」
    ここから約100年で今やこんな時代になっているんですから、本当に凄いもんですねぇ。

    DSC_2153.jpg
    NASAのなんかの試験ジェット機その2。

    DSC_2158.jpg
    ロケットの模型。アポロ何号だろう…?

    DSC_2159.jpg
    ロケットのバーニア部。
    ガンプラとか組んでるときも、こういう部品たくさんつけてますね。

    DSC_2160.jpg
    月面着陸シミュレーター君。

    DSC_2162.jpg
    トマホークミサイル君。

    と、まあ鳥以外で空飛ぶものをほとんど見尽くした感じ。
    専門は鉄道だけど、時には飛行機もいいものですな。
    というわけで撤収。

    DSC_2166.jpg
    相変わらず天気が優れませんが…遠くにあるのが国会議事堂。

    DSC_2168.jpg
    反対側にはワシントン記念塔。

    DSC_2169.jpg
    お次に向かった先は、国立自然史博物館。

    DSC_2170.jpg
    入り口に入るや否やアフリカゾウ。

    まずはお約束の恐竜ゾーンへ。

    DSC_2172.jpg
    ガブティラ!

    DSC_2174.jpg
    ドリケラ!

    DSC_2184.jpg
    プテラゴードン!
    いざ尋常に…キョウリュウチェンジ!

    DSC_2173.jpg
    ブロントさんもいるよ。

    恐竜以外にも色々。

    DSC_2177.jpg

    DSC_2178.jpg

    DSC_2179.jpg

    DSC_2180.jpg

    DSC_2181.jpg

    DSC_2182.jpg

    DSC_2183.jpg

    DSC_2185.jpg

    DSC_2186.jpg
    マンモスマン!

    DSC_2187.jpg

    DSC_2188.jpg
    証拠隠滅中。

    DSC_2189.jpg
    シーラカンスカンス

    DSC_2190.jpg
    フェニックスと命名されたホッキョククジラ。
    どこら辺がフェニックスなのかは知らない。

    DSC_2191.jpg
    ヒディアーズイカちゃん。

    DSC_2193.jpg
    なんかワロタw

    DSC_2194.jpg
    だらしねぇ体してんなぁお前…

    DSC_2196.jpg
    ダイナミックジャンプ!(ジャンプ!)

    DSC_2197.jpg
    柴犬?

    DSC_2199.jpg
    アリクイ。

    DSC_2200.jpg
    シャー!!

    DSC_2201.jpg
    ランドバイソン

    DSC_2203.jpg
    類人猿から人類まで。

    DSC_2202.jpg
    世界の人口カウンター。
    ちょっと見てる間にも次々と増えていくのがなんとも…

    DSC_2204.jpg
    2階からホールを見下ろす。

    次に入ったのは鉱物コーナー。

    DSC_2205.jpg
    メタルゥ!(立木文彦風に)

    DSC_2206.jpg
    ゴールド!

    DSC_2207.jpg
    イーンフィニティ!トパーズ!

    DSC_2208.jpg
    ここまで来るともう何がなんだか…

    DSC_2209.jpg
    とにかく色んな鉱物が所狭しと飾ってあったけど、ここでタイムリミット。
    係員に追い出されてしまいました。

    DSC_2210.jpg
    帰り際、像の周りで何かパーティを始める準備してた。

    博物館を出た後は、今度はワシントン記念塔を目指して歩く。

    DSC_2211.jpg
    DSC_2215.jpg
    DSC_2217.jpg
    記念塔の周りをグルッと一周。
    ジョージ・ワシントンのを称えて建造された記念碑ということで、これもまたアメリカ独立を象徴するシンボルの一つ。
    一時期はエッフェル塔に抜かされるまで、世界で一番高い建造物だった時もあるとか。
    ロスト・シンボルでもラストでラングドン教授が昇ったところですが、2011年8月に起きた地震の影響で今は無期限の立ち入り禁止状態。
    自由の女神のときといい本当にもう…(プリプリ)

    DSC_2219.jpg
    DSC_2220.jpg
    DSC_2221.jpg
    ポトマック河畔のチェリーパーク。
    1912年以降、日本から寄贈された桜たちです。
    ほんの少し前まで桜祭りをやっていたそうですが、今は完全に葉桜状態。

    DSC_2223.jpg
    アメリカ第3代大統領トーマス・ジェファソンのブロンズ像を納めたジェファソン博物館。

    ここから次はホワイトハウスを目指して歩くのです。

    DSC_2224.jpg
    第2次世界大戦記念碑。

    DSC_2233.jpg
    そして遠くに見えてきましたよ…

    DSC_2230.jpg
    DSC_2238.jpg
    DSC_2234.jpg
    DSC_2235.jpg
    ホワイトハウス!

    近くから撮っているように見えますが、カメラをズームさせてるだけです。
    柵の前には同じように観光客たちが写真をとっていましたが、
    ちゃんとポリスメンたちが目を光らせているので迂闊なことは出来ません。

    しかしこれでも9.11のテロまで普通に内部も見学できていたんですがね。

    今度は反対側に回ってみる。

    DSC_2241.jpg
    ワシントンにあるのでまごうことなき、ワシントンホテル。

    DSC_2242.jpg
    ホワイトハウス反対側。ってかこっちが正面。

    DSC_2245.jpg
    こっちにも同じように観光客たちがたくさん。

    DSC_2246.jpg
    そしてこちらもポリスメンたちが見張っているのです。

    とまあ、ワシントンで見たかったところは一通り見たのでここいらでディナータイム。
    ちょっと買いたい物もあったので、どうせならショッピングセンターで食おうということでガイドブックを見たところ、
    地下鉄ですぐにいけるところに「ファッションセンター・アット・ペンタゴンシティ」というところがあったので行ってみることに。

    DSC_2254.jpg
    DSC_2247.jpg
    地下鉄から降りて、案内図を見る。
    「ペンタゴンシティ」ということは…ということで、やっぱりありましたあの五角形。

    DSC_2251.jpg
    DSC_2252.jpg
    ここがそのショッピングセンター。
    地下鉄の駅とつながっているので、外に出る必要も無し。

    DSC_2253.jpg
    ここのフードコートで飯を喰う。
    この雑多な盛り付け方がいかにもアメリカン…

    DSC_2250.jpg
    ついでに1ドルで動くマッサージ機も体験。
    いや、本当に歩きまくって足がパンパンだったのよ。
    ワシントンって平坦だけど、一つ一つのランドマークとか博物館とかが離れているから、歩きだとほんまキツいですわ。
    といっても、公共交通手段はあまり使えないし…、レンタルサイクルとか借りるのが正解かもしれん。
    ガイド見るとセグウェイもレンタルしてるって書いてあったけど、誰も乗っている人見かけなかったぞw

      -=  ∧_∧
     -=≡  ( ´∀`)
       -= ( つ┯つ
      -=≡ / / //
     -=≡ (__)/ )
      -= (◎) ̄))

        -= ∧,,,∧
      -=≡ (´・ω・`) ショボーン
        -=( つ┯つ
       -=≡/  / //
      -=≡(__)/ )
       -= (◎) ̄))

    と、まあこんな感じでワシントンDC観光終了。

    で、その夜にあった悲惨なことですが、共同のシャワーから水しか出なかったことと、
    そのショックで部屋の4桁の暗証番号を忘れてしまったこと。

    安宿なので、黒人の管理人の兄ちゃんが夜はいなくなってしまうので、
    どーするべどーするべと右往左往したあげく、掲示板に「緊急時はここにTEL」という文字を発見し、
    フロントの電話からかけて番号を聞き出して、なんとかベッドイン。

    ぬわああああん疲れたもおおおおおおおおおん

    いくら安くても、それなりの場所にせんといかんなぁと思った次第…

    さて、そんなこんなでアメリカ東海岸周遊旅行も残り1日。
    最後に向かうのは…

    次回『ボルティモア』、来週もK-01と地獄に付き合ってもらう(最低野郎的締め)
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。