FC2ブログ

最新の記事

ロシアより鉄愛を込めて(その1~ウラジオストク観光編) (11/21)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08) 

記事一覧はこちら

冬の乗り潰し大作戦(南西諸島編)

  1. 名前: K-01 2014/04/08(火) 01:35:45
    最後は南西諸島編。

    ってか、南西諸島にある鉄道って、サトウキビ畑の中を走るトロッコみたいなのを除けば「ゆいれーる」しかないんすけどね。
    しかしただゆいれーるを乗りに行くのもつまらないので、今年1月からPeachが運行開始した便で石垣島に行ってみることに。

    …何故そこでそういう考えになるのか?

    ○3月20日(木)
    前日の夜の便で仙台を出発して関空近くのビジネスホテルに一泊。
    新石垣島行きの便が朝7:00だから、こうせざるをえなかったのね。

    DSC_2981.jpg
    関空からおよそ3時間、新石垣島空港に到着。
    もうほとんど台湾あたりと感覚が変わらんよね。

    DSC_2983.jpg
    空港にいたジンベエジェット。

    ここから市街地までバスで40分。

    DSC_2985.jpg
    さすがの石垣島といえ、3月なので天気はこんな感じだったけど、気温はそこそこ。
    普通に半袖、短パンでウロウロしている人たちもいました。

    ホテルに荷物をおいて、早速フェリーターミナルへ。

    DSC_2988.jpg
    石垣島中心地。

    DSC_2990.jpg
    昼食のソーキそば。

    DSC_2989.jpg
    フェリーターミナル。

    DSC_2991.jpg
    案内掲示板。近隣の島は通常運行だったけど、西表島や波照間島のような離島は欠航してた。

    DSC_2992.jpg
    竹富島行きの高速船。

    DSC_2993.jpg
    石垣島港を出発。
    最初はこんなどんよりとした日本海とそう変わらない海の色が…

    DSC_2994.jpg
    なんということでしょう!
    ちょっと港湾から出ただけで、すぐこんな鮮やかな洗剤色に。

    DSC_2995.jpg
    およそ20分で竹富島に到着。

    ここ竹富島は石垣島からすぐに行くことができるお手軽観光にはうってつけの場所。
    島全体が保存地区と昔ながらの沖縄チックな雰囲気が体験できる場所なのであります。

    船着場の駐車場にて待ち構えていたレンタサイクル屋の送迎車に乗って島の中心地へ。
    レンタサイクルを借りて早速探索開始。

    DSC_2997.jpg
    DSC_3014.jpg
    要はこんな感じの場所ですよ。

    DSC_3015.jpg
    でいごの花…ではなくブーゲンビリアの花。

    DSC_3017.jpg
    昔ながらの家。
    そしてその屋根には…

    DSC_3013.jpg


    jojo2.jpg
    ※「シーサー」です。


    自転車で街を抜けて向かった先は…

    DSC_3002.jpg
    DSC_3004.jpg
    「星砂浜」こと、カイジ浜。
    ここの砂を踏みしめると「ざわ…ざわ…」という音がするとかしないとか(ホモは嘘つき)
    マジレスすると沖縄土産で定番の「星砂」が取れるということで有名。

    DSC_2999.jpg
    それよりも浜辺にたくさんいたナマコが気になった。
    そして若い女子たちが「ナマコ可愛い~♪」と言いながら、掴んだりしていた…

    DSC_3001.jpg
    ぬこは可愛かったけどね。

    DSC_3010.jpg
    野良馬発見。

    野良ヤギもいたけど写真撮ろうとしたら逃げられた。

    DSC_3006.jpg
    西桟橋。昔はここから船が発着してたらしい。

    DSC_3007.jpg
    桟橋からさらに先の方で何かを捕っている人たち。ナマコ?

    DSC_3011.jpg
    石垣島とはこんな距離。
    ライフラインはすべて石垣島から海底ケーブルで送られてます。

    DSC_3012.jpg
    牛。そういえば竹富島名物の水牛車撮るの忘れた…

    DSC_3023.jpg
    石垣島からの送水ケーブル出来るまで、唯一の水源だった井戸。

    DSC_3022.jpg
    なんとも味のある展望台…
    完全に個人でやってるよねコレ。

    DSC_3019.jpg
    DSC_3020.jpg
    DSC_3021.jpg
    展望台からの景色。
    本当に小さな島。自転車なくても半日で十分観光できますわ。

    およそ2時間くらい島内をぐるぐる見て撤収。

    石垣島に戻った後、繁華街へ。

    ふと立ち寄ったお店で、波照間島出身の店主とマリンスポーツ好きが嵩じて石垣島に移住した豊中市出身の親父と泡盛を酌み交わす。

    そしてホテルに戻って、何故かホテルの踊り場の本棚に置いてあった「鉄鍋のジャン!」を一頻り読んでから就寝。

    kakakakakakakakaka.jpg
    相変わらずお元気そうで何よりです秋山さん


    ○3月21日(金)
    今日はレンタカーを借りて、石垣島を一週予定。

    ishigakijima.jpg
    巡ったコースはこんな感じ。
    まさに文字通り一週。

    まずは空港までバスで行ってそこからレンタカーに乗って出発。
    まずは上の地図の番号①の玉取崎展望台。
    DSC_3034.jpg
    DSC_3032.jpg
    なるほどね(何が?)さすがは石垣。

    そしてそのまま北上して、②の石垣島北端の平久保崎灯台。
    DSC_3036.jpg
    DSC_3035.jpg
    こんなまだ冬の日でも海の色はこんな感じ。さすがは石垣。

    少し戻ってからしばらく西進して③の川平湾。
    DSC_3038.jpg
    DSC_3041.jpg
    DSC_3042.jpg
    DSC_3044.jpg
    いわゆるこんな感じのラグーン。
    夏にくればそりゃもう最高だろうけど、今の季節でもそれなりに雰囲気出てる。さすがは石垣。

    DSC_3046.jpg
    駐車場の近くの売店で売ってたドラゴンフルーツの生ジュース。
    なんという毒々しい色w うまかったけど。

    今度は島の西端、④の観音崎灯台へ。
    DSC_3048.jpg

    DSC_3049.jpg
    海の向こうには昨日行った竹富島。

    そして内陸側に入って、最後に見たのは⑤の石垣島鍾乳洞。

    DSC_3050.jpg
    DSC_3052.jpg
    DSC_3053.jpg
    DSC_3054.jpg
    DSC_3055.jpg
    DSC_3056.jpg
    DSC_3057.jpg
    DSC_3058.jpg
    DSC_3059.jpg
    DSC_3060.jpg
    DSC_3061.jpg
    堕ちろ!堕ちたな(確信)
    DSC_3062.jpg
    DSC_3063.jpg
    DSC_3064.jpg
    DSC_3066.jpg
    DSC_3067.jpg
    DSC_3068.jpg
    DSC_3069.jpg
    DSC_3070.jpg
    DSC_3071.jpg
    DSC_3072.jpg
    DSC_3073.jpg
    DSC_3074.jpg
    DSC_3075.jpg
    DSC_3076.jpg
    …意外と見応えがあった。
    正直、島内を予定より早く廻りすぎて時間潰しで立ち寄ったところだったけど…
    鍾乳洞マニアの方は遠いとこだけど一度来られては如何?

    と、時間になったので空港に撤収。
    DSC_3077.jpg

    レンタカーを返して、石垣島から日本トランスオーシャンで撤収。
    さらば石垣島。また南西諸島の何処かに遊びに来たときにでも立ち寄りますよ。

    飛行機に乗ること、およそ1時間で沖縄は那覇空港に到着。
    沖縄本島に来るのは実に20年以上ぶり。小学2年生の時に来た時以来。

    DSC_3079.jpg
    ゆいれーる那覇空港駅。

    皆さんお忘れかもしれませんが、今回の遠征の目的はこれに乗ることなんすよ。

    DSC_3080.jpg
    2両編成のモノレール。

    しかし今日は終点までいかず、県庁前駅で降りてさっさとホテルに。
    近くの居酒屋で軽く喰って飲んで就寝。疲れたのよ。

    ○3月22日(土)
    飛行機の出発までにゆいれーる乗り潰し。
    これで寝過ごしたら、お前何しに沖縄来たんだっつー話ですよ。

    DSC_3083.jpg
    秘技かぶりつき。
    こっちの海も綺麗ですな。

    DSC_3081.jpg
    首里城駅。これにてゆいれーるも無事攻略。
    ここに来るまで一体どれだけ寄り道してきたのか…

    DSC_3084.jpg
    那覇空港へ。帰りも当然peachなんですが、メインターミナルから連絡バスに乗ってやってきたのはこんな倉庫をお手軽改装したかのような待合室。
    関空のpeachターミナルもなかなか簡素だけど、これまた一段と簡素というか安普請というか…
    ちなみにバニラエアのターミナルも同じ。

    DSC_3085.jpg
    やっぱり倉庫じゃないか!

    DSC_3086.jpg
    というわけで、いつものpeachのA320で関空へ。

    関空に着いて、最後に乗る仙台行きの便まで3時間くらい時間があったので荷物をロッカーにあずけて空港散策。
    何気に関空もちゃんと見て歩いたのは開港のときに遊びに来たとき以来。

    ビル内をグルグル歩いた後、連絡バスにて展望ビルへ。

    DSC_3087.jpg
    展望ビルからこんな感じ。

    DSC_3090.jpg
    キャセイパシフィックのボーイング747。まさにTheジャンボ。
    やっぱりこの機種が航空機として一番均整が取れてる気がするんだよなぁ。
    エンジンも片翼2基づつの計4基とか男の子の味すぎるw

    DSC_3092.jpg
    カタール航空の多分ボーイング777。
    遠目からじゃよく分からん。

    DSC_3095.jpg
    大韓航空のボーイング737。多分。
    もしかしたら今年お世話になるかもしれん。

    DSC_3097.jpg
    ユナイテッド航空のA320。ボーイング737かもしれん(すっとぼけ)
    しかしユナイテッドっていうと、日本には767とか777とかばかり来るものと思っていたけど
    グァム行きとかもあるから、こんなちっこいのも来るのね。


    DSC_3091.jpg
    そしてPeachのA320。

    というわけで飛行機のお勉強でした。
    列車みたいに素人目では、見た目ですぐに区別がつかないのが難しいところ。
    でもやはりこういう国際空港は見ているだけでも面白いですわ。

    というわけで、予定通り仙台行きの便に乗って関西を後にしたのでした。


    これで南日本に残る鉄道は、長崎の路面電車と小倉のケーブルカー…
    なかなか厄介なのが残ってますなぁ…
    まあ、7月に仙台~福岡のスカイマークの安いのとってあるので、
    それで一気に仕上げちまいますです。

    さて、今年中の民鉄完乗は果たして…?
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と