FC2ブログ

最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

春の乗り潰し大作戦(中京地区完結編)

  1. 名前: K-01 2014/04/27(日) 01:13:24
    も~ぅ、乗り潰しばかりやになってきますよ~ぅ。

    でもやる。

    今回は樽見鉄道&養老鉄道&三岐鉄道編。

    ○4月13日(日)
    前日にいつもの如くpeachで関西入りして実家で一泊。

    朝の新快速でまずは一気に米原、そして乗り継いで大垣へ。

    DSC_3117.jpg
    樽見鉄道攻略開始。

    ところでこの時期にここにやってきたのには理由がありまして…
    ちょうどこのシーズン、樽見鉄道では桜ダイヤというのを設定していつもより多くの本数の列車が運行されてるんすよ。
    ただ終点の樽見まで行って帰ってくるだけなら、別にわざわざこの時期に来る必要もないんですけどね。
    でも沿線で色々見たいものもあったので、まだ石垣島遠征からそう経っていないこの時期に来たわけです。
    どうせ乗り潰しをやってる以上、いつか乗るんだから今行ったれ!ってことで。

    DSC_3120.jpg
    途中の本巣駅で1両増結。
    車両ん中がパンパンだぜ状態からようやく解放。

    DSC_3124.jpg
    まあすぐに降りるんですがね。
    降りた駅は「織部駅」

    DSC_3122.jpg
    すぐ横に道の駅「織部の里もとす」
    「へうげもの」として、ここは一度来たかったのですよ。

    DSC_3121.jpg
    バイバイ。

    DSC_3123.jpg
    道の駅内にある織部展示館。

    DSC_3125.jpg
    入るなりいきなり鎮座している織部助殿。随分精悍とした顔。
    あの漫画のせいでどうも織部は顔芸親父というイメージが…

    otsu.jpg


    中には古織殿の年表やら織部焼の展示やら織部の遺品のレプリカやら…
    無料で入れる割には結構見応えがある「乙」な展示館でした。

    DSC_3127.jpg
    1時間ほどいた後、再び織部駅から乗車。
    樽見鉄道のDCの中でも最新型のハイモ330-700形。
    まあ全部ロングシートだから、新型でもそんなにありがたみは無いんすけど…

    DSC_3129.jpg
    谷汲口駅。
    よく樽見鉄道で車両と桜の写真が撮られるのがココ。
    今はもうピークは過ぎてこんな感じだけど…
    後でまたここに戻ってきます。

    DSC_3133.jpg
    樽見駅到着。

    DSC_3134.jpg

    DSC_3135.jpg
    桜とハイモ330-700形。

    DSC_3137_20140427010053ea6.jpg
    樽見駅舎。こっから歩いて国の天然記念物「淡墨桜」を見にいくのです。


    DSC_3138.jpg
    エイシャアエイシャアと歩くこと15分…

    DSC_3139.jpg
    到着。

    DSC_3140.jpg
    これが淡墨桜。
    大正11年に天然記念物に指定されたのだとか…
    ピークは過ぎちゃってるけど、それでも見ごたえのある桜。

    DSC_3141.jpg
    観光客もたくさん。
    車で来ている人がメインだけど、列車で来てる人も結構いました。
    まあ、そのために桜ダイヤ組んでいるからねぇ…

    DSC_3142.jpg
    一通り見たあとまた駅へリターン。
    樽見集落を一望。本当によくここまで線路を引っ張ってきたとつくづく…

    DSC_3143.jpg
    川縁にまだ花がたくさん残っている桜があったので一枚。

    DSC_3145.jpg
    既に入線済みの帰りの列車。

    DSC_3147.jpg
    コイツ昔、三木鉄道にいた奴よね?

    DSC_3148.jpg
    大垣駅まで戻ると見せかけて先程の谷汲口駅で下車。

    DSC_3153.jpg
    ここからバスを乗り継いで養老鉄道揖斐駅に向かうのです。

    DSC_3152.jpg
    バスが出るまで駅付近をブラブラと。
    駅ロータリーに植えてあった桜。

    DSC_3150.jpg
    国鉄からの払い下げで、2006年まで使っていた客車。

    DSC_3156.jpg
    DSC_3157.jpg
    樽見行きの列車。

    時間になったのでバスに乗車。
    バスの行き先は谷汲山。そこからさらに揖斐駅行きのバスに乗り換えるわけですが、
    谷汲山には、西国三十三所第三十三番札所「華厳寺」という由緒正しいお寺があるので少し寄り道。

    DSC_3159.jpg
    もう少し前に来てたら満開の桜の下を歩けただろうに…

    DSC_3160.jpg
    華厳寺総門。

    DSC_3161.jpg
    DSC_3162.jpg
    参道を登って…

    DSC_3163.jpg
    到着。
    とりあえずお参りして、御朱印買って撤収。

    再びバスに乗って、今度こそ揖斐駅へ。

    DSC_3164.jpg
    到着。養老鉄道揖斐駅。

    DSC_3165.jpg
    2007年から近鉄に代わり、新たに養老鉄道が運行し始めたわけですが
    車両とかは近鉄のまま。というか所有は今も近鉄で、それを借り受けて運行しているわけですが。

    DSC_3166.jpg
    全身マルーン色ばかりかと思いきや、こんな色のやつも…

    そんなわけで、大垣まで到着して今日はここまで。
    しかし大垣駅、駅周りにコンビニが一軒もないとは…たまげたなぁ

    ○4月14日(月)
    引続き養老鉄道乗り潰し再開。

    DSC_3168.jpg
    またマルーン色じゃない奴がいた。

    DSC_3169.jpg
    線名の由来になってる養老山地。

    およそ1時間ほどで桑名駅に到着。
    鈍行で1時間だからよっぽど退屈するかなと思ったけど、意外にもそれなりに楽しめた感じ。

    DSC_3171.jpg
    続いて三岐鉄道攻略開始。
    まずは西桑名から阿下喜まで。

    DSC_3172.jpg
    近鉄に養老、JR、そして三岐鉄道となかなか賑やかな桑名駅。
    まあ養老もこの三岐鉄道北勢線ももともと近鉄のものでしたがね。

    DSC_3173.jpg
    前回乗った近鉄内部・八王子線と同様にここも762mmナローゲージ。

    DSC_3174.jpg
    DSC_3175.jpg
    路線のメインカラーはイエローだけど、こんな色の奴も。

    DSC_3176.jpg
    およそ1時間で阿下喜駅に到着。

    DSC_3177.jpg
    近鉄から譲渡後、整備された新駅舎。

    DSC_3179.jpg
    DSC_3180.jpg
    線路のすぐ横に状態保存されていた車両。
    昔、この路線を走ってた奴みたい。

    さて、ここから三岐鉄道のもう一つの路線、三岐線に向かうわけですが、
    今回利用したのは、この駅が所在するいなべ市が運行しているコミュニティバス。

    なんと無料で乗れるのですが、本数が一日3本でしかも平日のみ運行というレアバス。
    まあこれを使わなくても歩いて接続できないこともないんだけど、奇遇にも(?)今日は月曜でしかもバスもすぐやってくる!

    ということで、それに乗って三岐線の終着駅、西藤原駅へ。

    平日の日中のみ運行ということで、メイン利用者であるご老人方に囲まれながらバスに乗ること15分。

    DSC_3182.jpg
    SLを模した駅舎が特徴な西藤原駅に到着。

    DSC_3181.jpg
    駅名の由来になっている藤原岳。
    太平洋セメントの石灰石発掘の鉱山でもあるので、一部斜面が抉れちゃってますが。

    そもそもこの三岐鉄道三岐線はその太平洋セメントで作ったセメントを運ぶために作られた路線。
    かつて秩父鉄道やら先の樽見鉄道でもセメント列車を運行してましたが、それも廃止されて今やセメント列車が走っているのはこの三岐鉄道のみ。

    DSC_3183.jpg
    駅横にはこんな広場が。日曜日になるとミニSLとかが走ったりするらしいです。

    DSC_3186.jpg
    DSC_3185.jpg
    DSC_3184.jpg
    かつて三岐鉄道で活躍した車両たち。

    何気に三岐鉄道って、一地方私鉄にしては昔から続く結構重要な路線だったり…

    DSC_3187.jpg
    まあ終着駅は、ご多分に漏れずこんな長閑なとこですが…
    駅前もやたら年季の入ったスナックが一軒ある以外、何もないし…

    DSC_3189.jpg
    ということで、いよいよ最後に残った三岐線に乗車。

    DSC_3193.jpg
    途中でセメント輸送列車とすれ違い。

    DSC_3194.jpg
    近鉄富田駅に到着。
    これにて三岐鉄道、そして中京地区の路線フィニッシュ!

    帰りは近鉄四日市まで出て、そこから特急にて難波まで行って南海で関西空港まで。
    そしていつもどおりpeachで仙台まで帰りましたとさ。

    名鉄やら近鉄やら市営地下鉄やら、なんとも手のつけようがない中京地区でしたが
    なんとかチビチビ潰してなんとかここまでありつけました。
    関東や関西と違って実家とか拠点がないから、その分気合を入れて乗りまくったってのもあるけど…

    まあ何にしろ、まだまだ先は長い…
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [鉄な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。