FC2ブログ

最新の記事

ロシアより鉄愛を込めて(その1~ウラジオストク観光編) (11/21)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08) 

記事一覧はこちら

イングランド&スコットランド大縦断の旅その1

  1. 名前: K-01 2014/10/21(火) 00:57:25
    スコットランド独立記念!(大嘘)
    イングランド&スコットランド大縦断の旅!

    ということで、いよいよこの前の夏に行ってきた海外旅行の記事でも書きましょうですかね。

    前回、海外に行ったのはアメリカですが、(台湾?あれは余興みたいなものですよ)
    今回はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国、いわゆるUK。

    さて、何故にUKを選んだかというと…
    Youwakaran.jpg

    でもほら、よく日本のアニメとか漫画に英国人ってよく出てくるから…

    【代表的な英国人達】
    johnasan_nanisuru.jpg

    Dio_sake.jpg

    speedwagon.jpg

    f000f18c.jpg

    de_su.jpg

    reitondoudeshou.jpg

    robinmask.jpg

    kevinmask.jpg
    というわけで、そんな彼らが生まれ育ったUK見にいこうというわけです。

    ○8月9日(土)
    前日,仕事を早々に切り上げ,仙台から新幹線に乗って東京に前日入り。
    東京に下宿している弟のアパートに一泊して,成田空港へ。

    今回利用したのはアシアナッ!
    成田発仁川空港経由でパリのシャルル・ド・ゴール空港行き。

    ユナイテッドのマイレージを貯めてるので,スターアライアンス系の航空会社で色々見ていたところ,
    ここが費用や所要時間見ると一番コスパが良かったので。

    DSC_3942.jpg
    DSC_3943.jpg
    というわけで,午前9時に成田出発。

    DSC_3944.jpg
    およそ2時間半ほどで仁川空港到着。

    DSC_3947.jpg
    なんか大名行列みたいなのやってる。

    DSC_3949.jpg

    ここで2時間待ってCDG行き飛行機に乗り継ぎ。

    DSC_3950.jpg
    ロシアの大地。

    DSC_3951.jpg
    ポーランドの大地。

    DSC_3952.jpg
    ドイツの大地。

    大して変わり映えしねぇな…

    DSC_3953.jpg
    現地時間18時頃,CDGに到着。アレって…コンコルド?

    DSC_3954.jpg
    以前スペイン行ったときにCDGを経由しましたが,
    空港の外に出るのは初めて,実質初のフランス上陸であります。

    DSC_3955.jpg
    空港から市内へはこのロワッシーバスを利用。ロワッシーィィッ!!(非公式マスコット風に)
    しかし私がカメラ向けるや,運転手のこの様相。

    空港からは別にパリ北駅へのアクセス鉄道もあるんですが,
    どうも治安が悪いらしく,このロワッシーバスの方が安全で確実との事で、
    鉄的には仕方ないけどこちらに乗車。

    DSC_3957.jpg
    DSC_3959.jpg
    ハイウェイを飛ばして約30分。パリ・オペラ前に到着。

    ここでさる方と合流して日本料理店で会食。
    パリに来てわざわざ日本食…と,思われるかもしれませんが,
    あくまで今回のメインは英国。今回パリは前菜に過ぎないので特にこだわりもないのです。
    といいつつ、イギリスでも大したものは喰ってないんですが…

    枝豆やら唐揚げやらししゃも焼きやらアサヒビールやら,日本の居酒屋と何も変わらない食事の後,
    先方と別れてサン・ラザール駅近くのホテル,Opera Deauville Hotelへ。

    DSC_3962.jpg
    設備は可も不可もなく。しかしそれで日本円に換算して13K…
    設備や立地的にみて東京でも8Kくらいって感じなのに…
    まあ,元々ホテル代が高い上に円安のせいなんですが。
    本当に円安って何一ついいことないですな。
    ねぇ,民主党政権時代に「円高!円高!」って叫んでた方々?

    DSC_3960.jpg
    サン・ラザール駅。
    近郊列車メインで利用客も多いけど、TGVの発着がなくパリの中では地味な駅。
    日本でいうと…川崎駅?

    チェックイン時,フロントの兄ちゃんがどこから来たの?と聞いてきたので、
    「ジャパン」と応えたら,「日本の何処?」みたいなことをさらに聞かれたので
    「センダイ」と応えたら,「アァ~!センダイ!」と妙に反応。
    本当に仙台の事知ってるかどうかは怪しかったけど面白かた。

    そんなこんなで初日終了。

    ○8月10日(日)
    DSC_3964.jpg
    朝のホテル前。

    早速路線バスに乗って、パリ北駅に向かうわけですが,
    バス停で待っていると,現地の若い兄ちゃんが一人寄ってきて,何やらフランス語で語られる。

    パリは西洋の大都会ながらも,ジプシーの子供たちが集団で襲ってきたりと,
    なかなか物騒な場所だと聞いていたので,相当警戒したのですが,
    どうやらあちらのバス停の方が早く着くみたいなことを言っている模様。
    バスの路線図を見る限り,間違ったことは言ってはいないようなのですが…

    まあ,結局ここで待つみたいな事を身振り手振りで示したらいなくなりました。

    DSC_3966.jpg
    というわけで,パリ最大のターミナル「パリ北駅」に到着。

    ちなみに最初はこの駅の近くに宿をとってたんですが,
    親父殿が「パリ北駅近くはアカン!治安が悪い!」とやたらと警告するので
    先の宿に変えたわけですが,確かに現地に来て思ったのは夜だととても雰囲気が悪そうな感じ。

    しかし中に入ると…
    DSC_3973.jpg
    DSC_3974.jpg
    ウオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!

    まさに…まさにこれこそ夢にまで見た光景!
    欧州鉄道旅行のイメージどおりの駅なのであります。

    DSC_3967.jpg
    TGV!

    DSC_3969.jpg
    ユーロスター!…と見せかけて,TGV!

    DSC_3971.jpg
    いつぞやのベネルクス旅行でお世話になったThalys!

    DSC_3970.jpg
    そして…その横にいるのは本物のユーロスター!!

    今更ですがUK旅行なのに、何故フランスに入国しているのかといえば
    全てはこのユーロスターに乗ってドーバー海峡を越えたかったからなのであります。

    DSC_3972.jpg
    さて,このユーロスターに乗るためには出国検査をしなければなりません。
    まあ基本的に飛行場と同じなので,特に手間取ることもなく通過。

    続いて入国審査。
    ヒースロー空港とかUKの入国検査は厳しいと聞いていましたが,こちらも特にひっかかることなく通過。

    DSC_3976.jpg
    DSC_3978.jpg
    そしてユーロスター専用ホームへ。

    DSC_3977.jpg
    長い!東海道新幹線の16両も相当ですが,やはり20両編成は長い!
    先頭がホームの先っちょギリギリで写真撮れない!

    まあロンドンに着いてから撮ろうと思って自分の席に向かったのですが
    ここで思わぬ事態が!

    予約した席が進行方向反対で、しかも通路側で、しかもちょうど窓の間の部分!
    外の景色を見るには最悪の席!

    まあ欧州の鉄道だから,反対のテーブルなのは仕方ないとしてもこれは…
    やはり早割席だから仕方ないとあきらめが鬼なりつつも,列車は発車。

    DSC_3979.jpg
    車内。

    なんとか少しくらい景色が見えるんじゃ…
    やっぱ見えねぇじゃねぇかよ!!(写真なし)

    そんなこんなでドーバートンネルに突入して,やがてUKに上陸(写真なし)
    逆ノルマンディー上陸作戦。

    上陸記念に写真を撮ろうと思ったけど,お隣のパツ金ねーちゃんがいるからやっぱり撮れない(写真なし)

    そうこうしているうちに,イギリス側の高速新線HS1を疾走すること1時間。

    DSC_3981.jpg
    ようやくロンドン・セント・パンクラス駅に到着。

    DSC_3982.jpg
    DSC_3984.jpg
    パリで撮れなかったユーロスターを撮影。

    DSC_3985.jpg
    DSC_3986.jpg
    は~るばる来た~ぞロ~ンドン~♪
    駅内はこんな近代的なガラス張りですが、外は重厚な欧州らしいレンガ造り。

    昼食時だけどまずは宿へ。メシより宿!
    宿は駅からほど近いところに予約していた「Elmwood Hotel」

    DSC_3989.jpg
    部屋はほとんどのスペースをベッドが占めるシングル,8K也。
    ロンドンでしかも駅からのアクセスが超絶いい割には安い方ですかね。

    DSC_3990.jpg
    UKのコンセント。
    こんな形初めてだったので,持参のアダプターをどう接続していいか分からず少々パニくったり。
    早速,荷物を置いてロンドン観光に出かけるのです。

    DSC_3991.jpg
    その前に駅近くのマグダナルド(欧米的発音)で食事。
    もう,こちらのバーガーのサイズにも慣れてきました。

    さて,ロンドンといっても東京並みの超巨大都市なので1日2日ですべてを見て周るのは不可。
    というわけで,ベタにメインどころをさっと周ろうということで,まず向かったはロンドン塔。

    DSC_3993.jpg
    ロンドン名物「チューブ」こと地下鉄に乗車。
    ちなみにキップは一日乗車券を購入。
    オイスターカードというSuicaみたいなカードもあるのですが,
    使い終わった後の返金とか面倒なので,多少高くても使い方がはっきりしているこちらを利用。

    DSC_3992.jpg
    ロンドン地下鉄路線図。

    地下鉄を乗り継いで「Tower Hill station」で下車。
    って,外に出ると雨!駅乗るときは晴れていたのに…これがロンドン天気。

    えー、ちなみに私は自他共に認める雨男なのですが,これでUKにも雨を降らせたということでノルマ達成。
    まあこの後,至るところで雨に降られるわけですが…

    DSC_3996.jpg
    DSC_3997.jpg
    DSC_3998.jpg
    宮殿として造られ,その後監獄や銀行,果ては動物園だったこともあるロンドン塔。
    現在はロンドンを代表する観光地ということで大勢の観光客が訪れております。

    DSC_4000.jpg
    DSC_4007.jpg
    内部に突入。

    DSC_4008.jpg
    内部には色々な博物館があるわけですが,その中でも大人気なのがこの宝物館。
    イギリス王室の王冠が宝蔵されているということでエラい列です。
    やむを得ず私も並んだわけですが、ここで活躍したのが前回の台湾旅行から導入したXperiaZ1。
    これでDLしたスティールボールランを読みながら時間を潰して,サンドマンが敵だと判明した辺りで入場。

    お恥ずかしながら,まだ読んだことなかったんすよ第7部。
    どうせなら去年のアメリカ行く前に読んでおくべきでしたが…

    やたらと長い通路を通らされながら,ようやく王冠コーナーを見学。写真はご法度なので無し。
    まあこういうキラキラしたものは,シャドーラインの皇帝じゃなくとも惹きつけられてしまいますわな。

    DSC_4002.jpg
    DSC_4009.jpg
    DSC_4010.jpg
    次に入ったのは,武器博物館。表には武器博物館らしくキャノン砲ーッ!!が。

    DSC_4012.jpg
    DSC_4016.jpg
    DSC_4018.jpg
    DSC_4022.jpg
    DSC_4019.jpg
    中に入ると…とにかく甲冑だらけ!

    DSC_4020.jpg
    親子騎士。

    DSC_4015.jpg
    しかし妙に気になる出っ張り♂…

    DSC_4021.jpg
    甲冑に紛れてジャパニーズ・サムライ・アーマーも展示。

    DSC_4025.jpg
    DSC_4028.jpg
    二階は剣とか銃とか武器メイン。

    DSC_4024.jpg
    ビッグランサー。

    DSC_4026.jpg
    ここにもまたジャパニーズ・ソードが。

    DSC_4029.jpg
    金物ドラゴン。

    DSC_4032.jpg
    アヘ顔グリフォン(?)

    最後の方はよく分からない展示物が並べられていましたが、なかなか見ごたえありました武器博物館。

    DSC_4011.jpg
    カラス飼育舎。
    昔,占い師が「ロンドン塔からカラスがいなくなると英国滅ぶよ」とか言った事で,
    それ以後,ここでずっとカラスが飼われ続けている模様。
    このカラスの世話している人も,「レイヴンマスター」とかいう専門の王国衛士だとのこと。

    レイヴンマスター…
    なんだか厨二心をくすぐる響きですが、やってることはカラスの飼育。

    DSC_4034.jpg
    DSC_3999.jpg
    敷地内にいた動物たちのモニュメント。

    DSC_4033.jpg
    あと拷問器具展示館とか見て、ロンドン塔から撤収。


    お次に向かったのは,これまたロンドン名物…
    1342827788.jpg
    タワーブリッジッッ!!!

    間違えたこっち↓

    DSC_4035.jpg
    タワーブリッジ。

    昔,大型の船舶が往来していたときは、この跳ね橋もよく動いていたらしいですが、
    今で行き交うのは,ほとんど屋根が低いグラスボートばかりなので,一日に数回しか稼働しない模様。
    ワシも結局動いているところ見れなかったし。

    DSC_4004.jpg
    DSC_4036.jpg
    ロンドンを横断するテムズ川。
    基本こっちの川っていつも茶色く濁ってますね…
    ちなみに三角錐みたいな形をした尖ったビルは「ザ・シャード」というロンドンはおろかEU内で一番高いビル。

    しかし、ビッグ・ザ・武道はこんな川底に数十万年もいたとか…
    何故に自分の後継者を待つのにこんな場所を選んだのか?

    DSC_4038.jpg
    DSC_4039.jpg
    DSC_4040.jpg
    DSC_4041.jpg
    DSC_4042.jpg
    DSC_4043.jpg
    タワーブリッジを向こう岸まで行ってまた戻って観光終了。

    DSC_4044.jpg
    続いて近くの乗り場から水上バスに乗って,テムズ川下り。

    DSC_4045.jpg
    タワーブリッジの下もくぐって…

    DSC_4047.jpg
    ウォーターフロント再開発地のドッグランズも通り過ぎて…

    DSC_4048.jpg
    ロンドン塔からおよそ30分,グリニッジに到着。

    そう,グリニッジといえば…経度0 0' 0"
    グリニッジ子午線でおなじみグリニッジ天文台がある街です。

    というわけで,船着場から歩いて行ってみる。

    DSC_4049.jpg
    DSC_4050.jpg
    DSC_4051.jpg
    DSC_4052.jpg
    DSC_4061.jpg
    あの建物か~。

    DSC_4053.jpg
    なかなかいい景色。

    DSC_4059.jpg
    着いた。
    グリニッジ平均時を示す時計の前で記念撮影する観光客がチラホラ。

    DSC_4057.jpg
    これが世界の時計の基準になっている時計。

    DSC_4054.jpg
    既に閉演時間を過ぎて中には入れませんでしたが,ちょうどあの線が経度0 0' 0"の線。

    DSC_4060.jpg
    右半分が西半球,左半分が東半球してる人たちも…ちょっとしたあしゅら男爵ごっこ。

    DSC_4062.jpg
    グリニッジ天文台を見れれば後は用は無いということで,再び水上バスでロンドンへ。

    そろそろ夕食時ということで,
    せっかくだしロンドン名物バルに入ってみようということで突入。

    DSC_4064.jpg
    バル内部。飯を食うというよりは完全に酒を飲む場所って感じ…
    ビールだけをガバガバ飲んでると当然の如く酔いが早くこりゃいかんということで撤退。

    改めて店を入るのにも何だかなぁ~という気分だったので,
    セント・パンクラス駅構内の店で,Sushiを購入。

    DSC_4066.jpg
    いつぞやのオランダでもドイツでもスーパーのSushi喰ってましたが
    やはりヨーロッパ旅行には外せないスーパーのSushi!

    ホテルに戻ってモシャモシャと喰って就寝。これにて英国一日目終了。

    続きはまた次回。
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と