最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

イングランド&スコットランド大縦断の旅その4

  1. 名前: K-01 2014/10/29(水) 00:37:18
    スコット鉄太朗…あ、間違えた。
    scottetsutaro.jpg

    ○8月13日(水)
    起床。

    DSC_4379.jpg
    ホテルをチェックアウトして,早速エディンバラ駅へ。

    DSC_4380.jpg
    さわやかな朝のエディンバラ。
    最後の最後に晴れるとかふざけんじゃないよ!
    まあ、私の旅にはよくあることですが…

    DSC_4383.jpg
    到着したときは右も左も分からなかったけども,
    2日も経てば裏道使いこなすほど勝手知ったる街に。

    DSC_4386.jpg
    駅の電光表示板。
    目的のインヴァネス行きの列車が,なかなか出てこないので
    またもキングスクロス駅の悪夢が過ぎりましたが,無事表示されました。

    DSC_4385.jpg
    ロンドン行きのクラス125。

    DSC_4387.jpg
    私が乗るのはこっち。
    8:34発インヴァネス行きディーゼルカー。
    昨日,フォース橋見に行くときに乗った奴と同じタイプ。
    時刻通り,インヴァネスを目指して出発。

    DSC_4388.jpg
    エディンバラ空港。

    DSC_4320.jpg
    昨日降りたダルメニィ駅を通過して,フォース橋にさしかかる列車。

    DSC_4389.jpgDSC_4390.jpg
    おおおおお…

    DSC_4334.jpg
    昨日湾内停泊してた豪華客船。まだいた。

    DSC_4336.jpg
    沖から見えた砦の廃墟みたいなの。

    DSC_4324.jpg
    フォース橋を渡って,そのまま北進。

    DSC_4392.jpgDSC_4393.jpg
    少し海沿いを走った後内陸へ。

    DSC_4394.jpgDSC_4395.jpg
    いい感じの集落。
    日本の田舎の集落もいいですが,こちらの集落も様になりますねぇ。

    DSC_4398.jpg
    牛やら羊の牧場もよく見かけるようになってきました。
    時々お馬さんも。

    DSC_4400.jpg
    小洒落た駅。

    DSC_4397.jpg
    突然ですが、これが指定座席票。

    DSC_4396.jpg
    こんな風に指定された席にはこれがささっています。
    これがさされていない席、もしくはここに書かれている乗車区間外を走っているのであれば、
    どこに座ってもいいわけですが、大体いい席は先約が入っています。

    しかしただでさえ長閑なスコットランドな風景に、さらに輪をかけて長閑な風景…
    DSC_4401.jpgDSC_4404.jpgDSC_4407.jpg
    DSC_4409.jpgDSC_4411.jpgDSC_4414.jpg

    DSC_4415.jpg
    列車交換で停車。

    DSC_4417.jpg
    周りなぁんもねえ。

    DSC_4421.jpg
    対向列車がやってくる。コレと同じタイプの車両。

    DSC_4423.jpgDSC_4424.jpgDSC_4425.jpg
    DSC_4426.jpgDSC_4429.jpgDSC_4430.jpg
    湿地帯を通過。

    DSC_4438.jpgDSC_4442.jpg
    徐々に家もポツポツと現れ始めて…

    DSC_4444.jpg
    エディンバラからおよそ3時間。
    スコットランド北部ハイランド地方の中心都市インヴァネスに到着。

    は~るばる来た~ぞイ~ンヴァネス~♪


    DSC_4445.jpg
    インヴァネス駅構内。
    日本に例えると釧路駅とか網走駅なイメージ?

    DSC_4446.jpg
    インヴァネス駅概観。ホテルも併設してるなかなか立派な駅です。

    DSC_4447.jpg
    人口3万人ほどの街だけど、駅前はそこそこ人通りも多い。
    ここから今宵の宿を目指すわけですが,その途中に…

    DSC_4449.jpgDSC_4450.jpg
    つり橋。

    DSC_4451.jpgDSC_4452.jpg
    インヴァネスの街を横切るネス川。
    あのネス湖から流れ出ている河川です。

    DSC_4453.jpgDSC_4455.jpg
    ここを渡って、さらに住宅街の中をえっさーえっさーと歩くこと15分。

    DSC_4456.jpg
    ホテル「Ardmeanach House」に到着。
    見た目普通の家っぽい。

    DSC_4454.jpg
    この辺りには似たような宿が軒並み並んでいて,
    空室か満室かを表示した看板がズラッと。

    DSC_4458.jpg
    いい部屋ジャネーノ。

    DSC_4559.jpg
    ロビールームもこんなにオサレ。

    ひとまず荷物を置いて,再び駅へ。
    駅で昼食をとったのち,向かう先は…ネス湖!

    kawaguchihiroshi.jpg
    「ネッシーは果たして見つかるのか!?」

    DSC_4460.jpgDSC_4461.jpg
    ネス湖ツアーの老舗「ジャコバイト社」の現地ツアーを申し込んでいたので,
    インヴァネス駅のバスターミナルより出発。

    DSC_4462.jpgDSC_4464.jpg
    ネス湖までの道は特に何の変哲も無いちゃんと舗装された地方道。

    fujioka05.jpg
    「だが決して油断するなッ!」

    DSC_4468.jpgDSC_4469.jpgDSC_4470.jpg
    ネス湖とご対面。
    ネッシーの話がなければ何の変哲も無いただの閑静な湖です。
    UKの中で一番大きな淡水湖ではありますが。

    DSC_4471.jpg
    乗ってきたバス。
    運転席にいるのが隊長…じゃなくて運転手兼ガイドのおばちゃん。

    fujioka01.jpg
    隊長はこっち。

    ここから船に乗り換えということで船着場へ。

    その時、我々の目の前に現れたのは!?

    fujiokashiroshi.jpg

    DSC_4472.jpg
    ………

    fujioka06.jpg
    (大嘘)

    DSC_4474.jpg
    船着場。

    DSC_4475.jpgDSC_4476.jpg
    この遊覧船に乗ってネス湖を遡上していきます。

    DSC_4477.jpg
    出航。

    DSC_4480.jpgDSC_4481.jpg

    ネス湖。

    fujioka02.jpg
    「いいかお前たち!よく目を凝らすんだ!」

    DSC_4482.jpgDSC_4484.jpg
    ………

    DSC_4488.jpgDSC_4489.jpg
    ネッシーは見つかりませんが,古城が見えてきました。

    13世紀頃に造られたアーカート城。
    大体ネス湖とセットになっているのが定番となってます。

    DSC_4489.jpgDSC_4491.jpgDSC_4493.jpg
    アーカート城を回り込むように接岸。

    ということで,見学開始。

    DSC_4494.jpgDSC_4498.jpgDSC_4496.jpg
    12世紀に建てられたものの17世紀には既に荒れ城となっていたアーカート城。

    DSC_4515.jpg
    アーカート城の生い立ち。

    DSC_4500.jpgDSC_4502.jpgDSC_4505.jpg
    DSC_4503.jpgDSC_4501.jpgDSC_4510.jpg
    DSC_4520.jpg
    城内。

    DSC_4506.jpgDSC_4507.jpgDSC_4514.jpg
    この光景が今回の旅のベストショット。
    湖と古城はやはり絵になりますねぇ。

    DSC_4517.jpgDSC_4512.jpgDSC_4518.jpg
    しかし船舶はよく行き交うも、やはりネッシーはいない。

    fujioka04.jpg
    「何故だ…何故見つからないんだ…?」

    DSC_4511.jpg
    バグパイプおじさんはいたけど。

    DSC_4519.jpg
    スコットランドの旗。
    やはりユニオンジャックではなく、こちらの旗の方がよく掲げられてました。

    DSC_4521.jpg
    牢屋。寒そうだなぁ…

    と、およそ30分ほどうろついているうちに、バスの時間が迫ってきたので撤収。

    DSC_4526.jpg
    アーカート城遠景。

    DSC_4523.jpgDSC_4525.jpg
    アーカート城を狙っている投石器。

    DSC_4524.jpg
    ここにもタマが3つ(意味深)

    DSC_4530.jpg
    ネス湖ビジターセンター駐車場。
    ここから来たときのバスに乗って,インヴァネスに帰還。

    fujioka03.jpg
    「ネッシーこそ見つからなかったが、何世紀も昔から続くネス湖と古城がある光景…
     これこそがスコットランドの宝なのかもしれないな」

    そう感慨に耽る我々の目の前に突然現れたのは!?

    fujiokashiroshi.jpg

    DSC_4533.jpg
    (↑首が稼働しています)

    fujioka06.jpg
    (大嘘)

    ということで、藤岡弘探検ごっこはここまで。
    ちなみに世代的には、川口浩よりも藤岡弘ですねやっぱり。

    DSC_4537.jpg
    インヴァネス市内に到着。

    ここからほど歩いたところに、今は裁判所として使われているインヴァネス城があるので行ってみる。

    DSC_4538.jpgDSC_4545.jpg
    インヴァネス城。
    中には入れませんが、小高い丘の上に建っているのでインヴァネス市街地が一望できます。

    DSC_4539.jpgDSC_4540.jpgDSC_4542.jpg
    インヴァネス市街地。

    DSC_4546.jpgDSC_4549.jpg
    街中散策。
    しかしまだ18時で明るいというのに、次々と閉店していく店。
    まあ今は夏だからこんな感じですけど、冬だともう15時くらいには暗くなってしまうからなんでしょうね。

    DSC_4547.jpg
    1ポンドショップ。いわゆる100円ショップのUK版というところですか…

    ということで、夕食タイム。
    インヴァネス駅にほど近いレストランへ。
    DSC_4550.jpgDSC_4551.jpg
    例のごとく地ビールと共に。

    DSC_4555.jpg
    夕暮れのネス川。

    DSC_4557.jpg
    ホテルまでふと遠回りして帰る途中に発見したコンビニ。
    というか、UKで初めてコンビニに遭遇した…
    ロンドンでもヨークでもエディンバラでも見なかったというのに…

    DSC_4560.jpg
    そこで珍しそうなコーラを買ってホテルで飲む。

    昨日までいたエディンバラのホテルと違って、シャワーの湯の出も快調。
    スッキリしたところで就寝。

    明日はいよいよグレートブリテン島の最北の地、ジョン・オ・グローツを目指します。
    また次回!
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。