最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

ยินดีต้อนรับタイ王国その2

  1. 名前: K-01 2015/04/06(月) 00:35:27
    ○12月29日(月)
    本日も晴天&多湿なり。

    本日はある意味、タイでもっとも乗りたかった&見たかった路線,
    メークローン線を日帰りで行ってくるのです。

    このメークローン線、タイ国鉄の路線ではあるのですが,
    元は民営で作られた鉄道ということもあって
    タイ国鉄の他のどの路線にも接続していない飛び地路線なのであります。
    日本でいうとかつての仙石線とかそんな感じ?

    なので、始発駅のウォンウィエンヤイ駅も昨日見たファランボーン駅とは全然別の場所にあるというわけで
    まずはARLとBTSを乗り継いで駅に向かうのです。

    DSC_5386.jpg
    ARLで走っていたラッピング列車。
    海外でこういう萌え系ラッピング列車初めて見た…

    DSC_5387.jpg
    BTSのウォンウィエンヤイ駅で降りて、さらに徒歩15分。

    DSC_5388.jpg
    ここを潜り抜けた先に…

    DSC_5390.jpg
    駅がありました。市場真っ只中の駅。
    これが本当のエキナカ。

    DSC_5389.jpg
    2両編成のディーゼルカー。

    DSC_5392.jpg
    車内。

    ここから目的地のメークローンを目指すわけですが
    このメークローン線はチャオプラヤー川から分岐するターチン川を挟んで東線と西線に分かれておりまして
    まず目指すは東線の終点マハーチャイ駅。

    DSC_5394.jpg
    マハーチャイまで10バーツ。約35円。

    DSC_5395.jpg
    連結部。
    幌?んなもんねぇよ!

    DSC_5398.jpgDSC_5400.jpgDSC_5407.jpg
    DSC_5401.jpg
    市井感溢れる町並みの中を車体を超絶揺らしながら進行。

    DSC_5396.jpg
    駅の中に現国王のラーマ9世を祭ってる祭壇が。
    タイにいる間至るところで見たけど,凄い人気なんすね国王。

    DSC_5404.jpgDSC_5405.jpgDSC_5406.jpg
    こういう水辺の家ってとても好きなんだけど,スコールの日とかすぐ冠水しそう。
    あと蚊とか多そう。

    DSC_5408.jpgDSC_5410.jpg
    およそ1時間ほどで東線終点のマハーチャイ駅到着。

    DSC_5411.jpg
    あれ、これって…さっき通ってきた線路じゃね?
    あの線路市場って、ここマハーチャイでもやっていたのね。

    DSC_5421.jpg
    こんな線路スレスレのとこまで商品が…

    と、さっき乗ってきたDCが折り返し出発するみたいなので市場の中から観察。

    DSC_5413.jpg
    撤収準備。

    DSC_5412.jpg
    お,

    DSC_5414.jpg
    お…

    DSC_5415.jpg
    おお…

    DSC_5416.jpg
    おおおッ!!

    DSC_5417.jpg
    おおお…

    DSC_5418.jpg
    おお…

    DSC_5419.jpg
    お…

    DSC_5420.jpg
    そして何事もなかったかのように市場再開。

    実はメークローンまで行くのは、この線路市場を見るためだったのですが
    もう、このマハーチャイで見れてしまった…

    でも、せっかく来たからには
    引き続き西線にも乗ってメークローンまで行こうということでさらに西進。

    DSC_5423.jpg
    マハーチャイ駅正面口。
    さっきは駅のホームから直接市場に出て行ったのでここは通らず。

    DSC_5422.jpgDSC_5424.jpgDSC_5425.jpg
    駅から船着場への道の途中、海産物を売ってるお店がズラッと。
    こういう雰囲気大好き。

    DSC_5426.jpgDSC_5427.jpg
    船着場。
    ここからターチン川を渡河して対岸の西線の始発駅バーンナム駅へ。

    DSC_5428.jpgDSC_5429.jpg
    渡河中。

    DSC_5430.jpg
    バーンナムの船着場に到着。

    DSC_5431.jpg
    ここから駅まで徒歩10分。

    DSC_5433.jpg
    小学校。
    雨が多い国だからか、まるまる天井が覆っているダイナミックな校庭。

    DSC_5434.jpg
    バーンナム駅到着。
    先乗ってきた東線から打って変わって、物凄いローカル臭…

    dagasore.jpg
    だがそれがいい!

    okashisukikai.jpg
    「フフフ、ローカル線好きかい?」

    daisukisa.jpg
    「うん、大好きSA☆」

    フフフ、そうかね。

    こんなローカル臭がするのも当然。
    この西線は一日3往復しかない強豪ローカル線なのであります。
    ちなみに東線は15往復ちょいくらい。

    DSC_5436.jpg
    構内に留置されたDC。

    DSC_5437.jpg
    駅ホームに直結してる船着場。
    先はマハーチャイで降りて、しばらく辺りをうろついていたので乗れませんでしたが
    バーンナム駅の発車時刻に合わせて、マハーチャイの船着場から直接船がここにやってくるのです。

    DSC_5438.jpgDSC_5443.jpg
    きっぷ売り場。
    終点のメークローンまで、ここも10バーツ。やしゅい!

    ここできっぷを買おうと100バーツ札渡したら、「お釣りが無いからそのまま乗ってもいい」みたいなことを言われる。
    しかしお金払わないと乗った気がしないので、構内の売店でポテトチップとコーラを買ったお釣りで支払う。

    なんというか…実にのんびりとしてますなぁ。

    DSC_5440.jpg
    時刻表。見事に1日3往復。

    DSC_5439.jpg
    駅構内の一般的なタイ公衆トイレ。日本の和式トイレから金隠しを取り払った感じ。
    だからどっち向いて用を足せばいいのかよく分からない。
    あと紙はついていないので各自ご用意を。

    DSC_5441.jpg
    列車がやってくる。
    先乗った奴と同じタイプのDC。

    ふと周りを見ると、白人さんとか同じ日本人とか明らかに観光で来ている人たちが多いことに気づく。
    ガイドブックにも乗ってるくらいなので、何もおかしいことではないんですけど…

    DSC_5444.jpgDSC_5446.jpgDSC_5445.jpg
    出発して、またも市井感溢れる住宅街を通過していきます。

    DSC_5447.jpg
    まもなく湿地帯に突入。

    なんか窓の外からジャブジャブと水しぶきの音がするので窓から下を覗いてみると…

    DSC_5449.jpg
    ザブザブジャー!!
    普通に冠水した線路を行く列車。

    DSC_5450.jpg
    田んぼ。

    DSC_5451.jpg
    いつの間にか路面電車に移行。

    DSC_5452.jpg
    と思ったら、ジャングルに突入。

    DSC_5454.jpg
    再びザブザブジャー!!

    DSC_5455.jpgDSC_5456.jpg
    もう一体何処を走っているのか分からねぇなコレ。
    普通にコモドオオトカゲみたいなのが泳いでいたりしてるし…

    DSC_5457.jpgDSC_5458.jpgDSC_5460.jpg
    半分を過ぎた頃から現れる塩田地帯。
    実に長閑な光景。

    と,相も変わらずガタガタ揺れる車両の中でのんびりしてたら,
    いつの間にか終点メークローン間近なので、あわてて運転席前まで移動。

    DSC_5465.jpg
    ほら、見えてきたでしょう…?

    また元の席に戻って窓の外を見てみると…

    DSC_5467.jpg
    !?

    DSC_5468.jpg
    普通に店先の人と目が合ってしまうこの近さ。

    DSC_5473.jpgDSC_5469.jpg
    ということで、終点メークローンに到着。
    既に列車の中から見ましたが、ここがあの線路市場で有名なメークローン駅。
    これを見にタイに来たといっても過言ではないです。

    DSC_5475.jpgDSC_5479.jpgDSC_5483.jpg
    先のマハーチャイで既に線路市場は見てしまいましたが
    1日3本しかないということもあって、規模は断然こちらの方が上。

    DSC_5477.jpgDSC_5476.jpgDSC_5478.jpg
    線路のすぐ脇に所狭しと並べられた商品。

    DSC_5497.jpg
    ナマズ。

    DSC_5496.jpg
    タガメ。

    DSC_5481.jpg
    ヌコ。

    DSC_5482.jpg
    この左側の商店、無造作に商品を置くのにもほどがある…

    と、駅の方面からカーンカーンカーンと音が。
    さっき乗ってきた列車が折り返す合図。

    というわけで、片付けタイムよーいスタート!

    DSC_5484.jpg
    チャララララ、チャララララ

    DSC_5485.jpg
    チャララララララ、チーン!

    DSC_5486.jpg
    チャララララ、チャララララ

    DSC_5487.jpg
    チャララララララ、チーン!

    準備完了。

    DSC_5489.jpgDSC_5490.jpg
    そして駅からゆっくりとやってくる列車。

    DSC_5491.jpg
    眼前を通過中。

    DSC_5493.jpg
    行った…

    DSC_5495.jpg
    そして市場再開。

    DSC_5499.jpg
    ということで、線路市場の観光終了。
    いやー、昔「世界の車窓から」か何かで見て、是非行ってみたいと思っていた線路市場。
    この目で実際にて実に満足しました。メークローンまで来た甲斐があった!

    DSC_5498.jpg
    メークローンの街。

    で、帰りなんですが、1日三本しかないということで次バーンナムに行く列車は約4時間後。
    そこまで待てるか!ということで、帰りはバスでバンコクへ戻ることに。
    乗り場を事前にネットで調べていたのですが、相当分かりにくい場所ということで
    注意深く一軒一軒確認しながら進んでいったところ…

    DSC_5500.jpg
    …これか?
    おばちゃんが退屈そうに店番しているこの軒先。

    看板に「ヴィクトリアンなんとか」と書いてあったので、「戦勝記念塔まで行くの?」と聞いてみたら
    「そう」ということで、きっぷを購入。

    DSC_5501.jpg
    きっぷ。
    なんて書いてあるかさっぱり分からん。

    DSC_5502.jpg
    発車時間まで1時間ほどあったので、近くの屋台にてビールと簡単なつまみを食べながら時間つぶし。

    DSC_5503.jpg
    来ました。
    バスというよりハイエース。

    帰りはやたら広い国道と高速を飛ばして飛ばして、
    列車で約3時間ちょいかけてきた工程をわずか1時間でリターン。

    DSC_5507.jpg
    終点の戦勝記念塔。
    戦勝記念って一体何に勝った記念なのかと調べてみると
    1940年に勃発したタイ・フランス領インドシナ紛争でフランスから領土を取り戻した記念との事。
    ちなみにこの戦争の経緯を調べてみるとなかなか面白いことになってますねぇ。
    第二次大戦中の日本がタイとフランスの調停に入ったりとか…

    この戦勝記念塔からBTSに乗ってホテルへ帰還。

    DSC_5510.jpg
    途中で見かけた軍人さん達のライブ。
    タイって普通に軍人さん達が身近にいる感じ。
    まあ、軍が暫定政権をやってる最中ですからねぇ。
    国が落ち着いているなら、ずっと軍が政権握っていてもええんちゃうの?
    あのアラブの春の顛末見てると、民主主義なんてハゲみたいなもんやし…

    ホテルに到着して少しくつろいだ後、
    夕飯を喰いに行こうとするも、もう探しにいくのもめんどくさかったので
    また昨日のお店へ。

    DSC_5511.jpg
    今日もタイの地ビール。
    ラベルも勇ましい(でもメスライオン)リオビール。
    う~ちゅうに煌めくエメラルド~(エメラルド~)

    DSC_5512.jpg
    飯もほとんど昨日と同じ組み合わせ。
    普通に美味しいし。

    ということで,タイ2日目メークローン線&線路市場見学はこれにて終了。
    実に素晴らしい路線でした。

    しかしながらメークローン線の東線はともかく西線はいつ廃止になってもおかしくなさそうなので
    是非現地を見てみたい方はお早めに…

    明日は3日目、タイ国鉄ナムトク線に乗りにいくのです。
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。