FC2ブログ

最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

Velkomin!アイスランドその2

  1. 名前: K-01 2015/04/19(日) 23:47:26
    一気に仕上げちまう。

    ○3月1日(日)くもり
    今日はレイキャビーク市内観光。
    といっても現地ツアーとかじゃなくて,一人で適当にブラブラうろついていただけですが。
    それほど大きな街でもないし。

    ゲストハウスから出発して、まずは街のランドマークにもなっているハットルグリムス教会へ。

    DSC_5738.jpg
    ハットルグリムス教会。
    500ISKで塔のてっぺんまでエレベーターで行けるので当然行ってみる。
    やはり初めて来た街は高いところから一度,一望しないと…

    DSC_5739.jpgDSC_5740.jpgDSC_5741.jpg
    DSC_5742.jpgDSC_5743.jpgDSC_5744.jpg
    レイキャビーク市街地の風景。
    白い風景とカラフルな屋根のコントラストがいい感じ。
    それにしても高い建物が全然ない…

    DSC_5747.jpg
    ハットルグリムス教会正面。
    この教会の前に立っている像は,「レイフ・エリクソン」とかいう人で
    コロンブスよりもずっと500年前にグリーンランド経由でアメリカ大陸を見つけていたらしい人。
    wiki参照。

    ちなみにこの人の親父が「赤毛のエイリーク」という人で、
    西暦1000年頃、ノルウェーからアイスランドに初めて入植したヨーロッパ人らしい。
    あとグリーンランドを初めて発見した人。

    ワイが毎週日曜日に通っている近所の英会話教室のカナダ人のおっちゃんの母親方がアイスランドからの移住者らしくて
    おっちゃん曰く,全てのアイスランド人のルーツを辿るとこの赤毛のエイリークに行き着くとのこと。

    DSC_5750.jpg
    再び市内巡り。

    DSC_5751.jpg
    このホットドッグ屋。
    かのクリントン元大統領が「宇宙一うまいホットドッグ屋」と言ったことで
    レイキャビクのちょっとした観光スポットになっているところで,こんな感じに観光客も並んでいます。

    DSC_5752.jpg
    というわけで購入。350ISKとアイスランドにしては良心的なお値段。
    ドトールとかで200円で売ってそうなホットドッグだけど。

    しかしさすが元大統領が
    AJIOH.jpg
    こうなった店だけあって、シンプルながらもうまい!
    そうだよ,こういうのでいいんだよこういうので…

    DSC_5753.jpgDSC_5755.jpg
    このホットドッグ屋の近くの何でも市場みたいなところ。
    生鮮食品やら生活雑貨やら色んなものが売ってる。

    DSC_5754.jpg
    戦隊物のフィギュア発見。
    パッケージのイラストに書かれているのは、シンケンレッドとゴセイレッドと…誰?
    しかもフィギュアはシンケンジャーでもゴセイジャーでもないし…
    色の取り合わせ的にはライブマンとかゴーオンジャーだけど。

    DSC_5756.jpg
    港に停泊中の沿岸警備隊の船。

    DSC_5758.jpg
    誰かは知らない2人組の石像。

    DSC_5759.jpgDSC_5760.jpg
    レイキャビークでひときわ目立つガラス張りの建物。
    「ハーパー」というコンベンションセンターで,とりあえず入ってみる。

    ちょうど1階のホールで物産展みたいなのをやっていたので,
    ひとしきり見た結果,アイスランド産の乾燥昆布を買っていく。

    その後,海沿いをずっと歩いていく。

    DSC_5761.jpg
    ホエールウォッチングの遊覧船たち。
    お値段を確認したら,大人9000ISK。
    う~ん…沖縄とかでやっているのが5000円弱と考えると…
    あとこんなクソ寒い中,ずっと海の上って死ねますよね?

    DSC_5762.jpg
    というわけで,参加せずに代わりに近くにあったサガミュージアムというのに入ってみる(2000ISK)
    アイスランドにやってきたヴァイキングの入植の歴史が精巧な蝋人形を使って説明されています。
    意外と見ごたえはありました。

    DSC_5763.jpg
    シロクマー

    ミュージアムの近くにあったショッピングセンターにも入ってみる。

    DSC_5764.jpg
    こちらはホームセンターBYKO。

    DSC_5765.jpg
    こちらは大型スーパーコーナン…じゃなくてKronan。

    DSC_5766.jpg
    ここにもスーパーBONUS。
    休日親子連れで来ている様子は日本と変わらない光景。


    また市内中心部に戻って,今度は街中心部にあるチョトルニン湖に行ってみる。

    DSC_5770.jpg
    凍結中。
    ソリで遊んでいる人たちもいたらから,きっと大丈夫だろうと自分も湖の上を歩いて横断してみる。
    マリオ3の氷ステージの気分。

    DSC_5771.jpgDSC_5773.jpgDSC_5772.jpg
    湖の端の方は排水のせいか凍っていなくて,そこに白鳥やカモたちがひしめき合ってます。

    本屋に入ってみる。

    DSC_5775.jpg
    日本の漫画発見!ネギまにフェアリーテイルにCLAMP先生のも…
    まあ,こんなとこですよね。さすがにドイツほど,クールジャパンは浸透してはいない模様。

    ところで、アイスランドは世界で一番、人口一人当たりの本屋の数が多いということらしいのですが、
    全人口が30万人ちょいだから,それなりに本屋があればそりゃ一位にもなるでしょうよ。

    この後,夕食が取るためそれっぽい場所を探してウロウロ。
    1人で気兼ねなく,それでいてそれなりの料理が食べられる場所探すのって大変なんすよ。特に欧州は。

    DSC_5776.jpg
    というわけで入店。
    この海老とパンとサラダみたいなやつ…
    ビール込みで3800ISK。やっぱり高いなぁ。

    というわけで2日目のレイキャビク市内観光終了。
    引き続き3日目へ。

    ○3月2日(月)
    くもり。結局アイスランドにいた3日の内,晴れたのは初日だけでした。
    オーロラさんありがとー!

    さて,今日最終日はレイキャビーク近郊の自然の名所を見に行く通称「ゴールデンサークルツアー」に参加。

    DSC_5777.jpg
    というわけで,まだ夜も明けぬうちに出発。
    何故かまたUKやタイの時みたく,最終日に早起きする行程を組んでしまうワイ。

    オーロラツアーの時と同様、ミニバスでバスターミナルまで行った後,大型観光バスに乗り換える。

    DSC_5778.jpgDSC_5780.jpgDSC_5781.jpg
    レイキャビークの市内を抜けて雪原の中をひた走る。

    DSC_5789.jpg
    お馬さん。
    そんな裸でよくこんなクソ寒い場所に立ってられますね。

    およそ1時間半,まず着いたのが…

    DSC_5783.jpg
    何故かビニールハウス。

    DSC_5787.jpgDSC_5784.jpgDSC_5786.jpg
    アイスランドではとにかく温泉水が豊富なので,それを利用した温室栽培もやってますよ~というのを見に来たわけです。

    DSC_5785.jpg
    トメェーイトゥー。
    トマトスープも美味しく頂きました。

    次に向かったのが…ゲイ(意味深)シール。
    DSC_5813.jpgDSC_5791.jpgDSC_5814.jpg
    ゲイシール(Geysir)とは間欠泉のこと。
    実に火山国家のアイスランドらしい観光地なのであります。

    DSC_5790.jpgDSC_5793.jpgDSC_5794.jpg
    DSC_5802.jpgDSC_5806.jpgDSC_5805.jpg
    敷地の中にいくつか間欠泉があるのですが…

    DSC_5799.jpg
    その中でコイツが一番活発。

    DSC_5800.jpg
    フイタwwwwwwwwwwwwwww

    DSC_5796.jpgDSC_5795.jpg
    DSC_5803.jpgDSC_5804.jpg
    適度な間隔で噴いて観光客を沸かせる間欠泉の鑑。

    DSC_5809.jpg
    大きなビジターセンターがあるので,ここでお昼も食べる。

    ビジターセンター内にはアイスランドの地理についての展示もされていて,

    DSC_5812.jpg
    こんな風に海嶺がアイスランドを横切っていたりするのが分かる模型や,

    DSC_5811.jpg
    アイスランドの発電・送電網も展示されております。

    DSC_5810.jpg
    アイスランドの電源構成比。
    1番多いのは地熱と思いきや水力で2番目に地熱。
    ほぼ再生可能エネルギーで占められていて,わずかに化石燃料。

    まあ人口が30万人ちょいで,しかも水資源・地熱資源が豊富な国だから出来る芸当ですな。
    それなりに自然資源はあるけど,それ以上にアホみたいに人口のいる日本じゃ絶対無理。

    DSC_5815.jpg
    セクシーコマンドー部専用バス?

    間欠泉の次に向かったのはグトルフォス滝,アイスランド語で黄金の滝を意味するらしいです。

    DSC_5816.jpg
    駐車場から滝まで徒歩。寒い。

    DSC_5820.jpgDSC_5819.jpgDSC_5823.jpg
    出たァーー!!
    これがその黄金の滝。なかなかの迫力。
    というか寒い。

    DSC_5825.jpg
    滝壺から続くクレバス。
    落ちたら死ぬ。

    ここのゲストハウスでもしばし小休止した後に最後に向かったのはシンクヴェトリル国立公園。

    地理で習ったことのある大陸プレートが生まれる場所,海嶺が唯一国土を貫いている国がアイスランド。
    つまりこの国立公園は大地が裂けていく光景が唯一地上で見れる場所なのであります。

    DSC_5830.jpgDSC_5832.jpgDSC_5835.jpg
    駐車場でバスから降ろされて,各自歩き。

    DSC_5833.jpgDSC_5834.jpgDSC_5840.jpg
    既にこの光景自体が国立公園,つまり大地が裂けている地点。
    大地の裂け目「ギャオ」とかが見れます。

    DSC_5842.jpg
    小高い場所にあるビジターセンターまで登って一望できるシンクヴァトラヴァトン湖。
    大地の裂け目にあるアイスランド最大の天然湖でございます。

    ちなみにこのシンクヴェトリルが世界で初めて「アルシング」という民主的議会が開催された場所であるそうな…
    昔、全島集会がここで開かれて、その後中止や再開を繰り返して,今日までアイスランドの国会に至っているそうです。
    というわけで,ゴールデンサークルツアーもこれにて終了。

    DSC_5843.jpgDSC_5844.jpg
    レイキャビークに戻ってきて解散後,夕飯を食べに行く。
    新たに探しに行くのも面倒なので,また昨日のお店。

    最終日ということで奮発してラム肉を頼んでみる。
    アイスランドは羊がたくさんいる国なのでラム肉も有名なのです。
    しかもこの上ない最高の自然環境の中で育っている羊なので,日本でもアイスランド産ラム肉は高級食材。

    DSC_5847.jpg
    というわけで,ラム肉のグリル。

    AJIOH.jpg
    う,うまいぞー!!

    シンプルなグリルなのにこの濃厚な味!臭みも無い!
    これぞまさしく究極至高のラム!5000ISKしたけどな!

    そして今日はさらにデザート。

    DSC_5848.jpg
    スキールというアイスランドのヨーグルト。味はヨーグルトとチーズの相の子といった感じ。
    乳製品好きのワシとしては,実に好みな一品でした。
    1000ISKしたけどな!

    DSC_5852.jpg
    夕暮れのハットルグリムス教会。
    ホテルに戻って,アイスランド観光終了。

    ○3月3日(火)
    8:00発の便に乗るために早起き。

    DSC_5855.jpgDSC_5857.jpg
    既に何度も利用したバスターミナルからケプラヴィーク国際空港行きのバスに乗車。

    DSC_5861.jpgDSC_5862.jpg
    ケプラヴィーク国際空港から飛び発つ便。
    ヨーロッパのみならずアメリカに行く奴も結構ある。

    DSC_5879.jpg
    ケプラヴィーク発コペンハーゲン行きの便。オーロラ仕様。

    DSC_5868.jpgDSC_5869.jpg
    予定通り出発。

    DSC_5872.jpgDSC_5873.jpg
    さらばアイスランド。
    多分2,30年後くらいにまた来ると思う。

    DSC_5875.jpg
    コペンハーゲン国際空港に到着。

    DSC_5878.jpg
    ここから成田行きに乗り換え。
    行きの時にあったストライキもなく,予定通り成田へ向けて出発。

    …実はある一点が、"予定通り"ではなかったのですが…

    成田に着いたら,ANAの職員から荷物が届いていないといわれる。
    何でもまだコペンハーゲンにいるとか…
    ということで,荷物だけ1日遅れで成田を経由して仙台の家に届いたのでした。

    確かに乗り継ぎ時間が1時間で慌しかったこともあるけど,
    でも以前UK行くときに乗り継いだアシアナは仁川空港の1時間の乗り継ぎで
    ちゃんとやってくれましたけどね。

    DSC_5876.jpg
    やっぱり欧州人の仕事はどこか当てにならない…


    ということで,アイスランド旅行はこれにて終了。

    最大の目的だったオーロラは無事鑑賞できたし
    ブルーラグーン,ゲイシール,シンクヴェトリルといったアイスランドならではの観光地もなかなか面白かったのです。

    時期を選べば,意外と安く行けるということも分かったので、御興味のある方はお勧めしておきますアイスランド。

    しかしやはりネックとしては物価が高いこと…まあヨーロッパ全般に言えることでもありますが。
    間接税が高くてその分社会保障が充実してるといっても旅行者にはかんけーし(松岡君)
    免税店とかありますけど,レストランでもパスポート見せれば、間接税分は除去されるというのがあればいいんですけどねぇ。

    あとやっぱり鉄道が無いのが個人的には物足りなかった…
    まあ,それを承知で行ってるわけですが。


    というわけで,次回予告!
    やはり欧州といえば鉄道の旅!ということで,GWフランスへ旅立ちます。

    あくまでメインは鉄道で観光は申し訳程度!
    これまでのヨーロッパ旅行の集大成として,フランスを中心にスイス,イタリア,スペインにも足を伸ばして
    これまでの海外旅行の中でも最長狂気の8連泊!

    果たして私の体は持つのか!?
    そして行程通りSNCFの列車は動いてくれるのか!?

    K-01先生の次回作にご期待ください。
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。