FC2ブログ

最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

Bienvenue!!フランスとか鉄道重点旅行 ♯3

  1. 名前: K-01 2015/07/16(木) 23:07:54
    ○5月4日

    !重点!
    france-railway-map-2.jpg
    本日の移動ルートな。
    モン・サン・ミシェルからそのまま来たルートでパリに戻って、そしてさらにまたTGVでスイス国境にほど近い街、ミュールーズへ。
    実際移動日。

    DSC_0274_2015070600521213f.jpg
    朝のモン・サン・ミシェル。
    オタッシャデー!

    DSC_0276_20150706005232627.jpg
    来た時と同じバス。

    DSC_0278_20150706005248bc6.jpg
    近くのローカル線。
    列車だけ使って来れなくもないかもしれない…

    DSC_0281.jpg
    レンヌ駅に到着。

    DSC_0279_20150706005246877.jpgDSC_0280_201507060052514d8.jpg
    フランス国鉄SNCFのRER(普通列車)たち。

    DSC_0282_20150706005346d97.jpg
    モンパルナス駅行きのTGV。

    DSC_0283.jpg
    さらにもう一本。ここで連結してモンパルナスへ。

    DSC_0284_20150706005339bd6.jpgDSC_0285.jpgDSC_0286.jpg
    ブッダ・スピードめいて駆け抜けるTGV。

    DSC_0289.jpgDSC_0290_201507060056019ce.jpg
    モンパルナス駅に到着。

    DSC_0291_20150706005602e8a.jpg
    モンパルナス駅から地下鉄に乗車。

    DSC_0292.jpg
    地下鉄ですが高架。

    DSC_0296.jpgDSC_0298_20150706010045362.jpg
    パリ・リヨン駅に到着。
    リヨンやマルセイユを初めとした南東方面へのTGVが発着するスゴイ・オオキイ駅。

    DSC_0305_201507060102030a6.jpg
    ゴウランガ!見よこのTGV軍団を!

    DSC_0300_20150706010049018.jpgDSC_0301_2015070601005230a.jpg
    主に南東線で使用されるお馴染みの銀塗装のTGV。

    DSC_0303_20150706010052111.jpgDSC_0304.jpg
    主にスイス乗り入れに使用されるTGVリリア。

    DSC_0308.jpgDSC_0309_20150706010157760.jpg
    乗車するのはこのチューリッヒ行きのTGVリリア。

    DSC_0310_201507060102480e0.jpg
    ブッダファック!またピラー横の席だ!

    DSC_0317_201507060103059d7.jpg
    荷物置き場がすぐ横にあるのは良かったけど…

    DSC_0312_20150706010308725.jpg
    リヨン駅から発射。
    しばらくパリとおさらば。

    DSC_0314_201507060103025b2.jpgDSC_0316_20150706010300d85.jpgDSC_0318_20150706010356794.jpg
    こちらのTGVもブッダスピードめいて駆け抜ける。


    DSC_0319_20150706010405cd0.jpgDSC_0322_201507060104186ac.jpg
    LGV南東線とLGVライン-ローヌ線を経由して、およそ2時間半でミュールーズに到着。

    DSC_0321_201507060104201f8.jpgDSC_0323_2015070601042174f.jpg
    駅前からイかしたLRTが発着。

    DSC_0324_201507060105192ae.jpgDSC_0325_20150706010529b0b.jpg
    駅から徒歩10分ほど…

    DSC_0326_20150706010532fec.jpgDSC_0327_201507060105276a5.jpg
    今宵のホテル「Hôtel De Bale (ホテル ドゥ バル)」
    パリみたいにやたら高いわけでもなく地方都市的な良心的お値段。

    DSC_0328_201507060105367ea.jpg
    夕飯がてらちょっと散歩。

    DSC_0330_2015070601063230b.jpg
    ALAS!なんと奥ゆかしい停留所か!

    DSC_0329_20150706010558026.jpg
    路線図。
    たくさん路面電車が走っているように見えますが、
    実際軌道線なのは黄色と緑と黄緑の太い線の3線のみ。
    あとはバス路線。

    DSC_0333_20150706010641649.jpg
    変なブルドック・スタチュー。

    DSC_0332.jpg
    フランス電力「EDF」の事業所。

    DSC_0335_20150706010640ea3.jpg
    一昨日、昨日と肉を食ったので、さすがにもう肉は飽きた…
    しかしここは内陸なので魚料理など期待すべくも無し
    そんな感じで夕食を摂る場所について逡巡しさ迷っていたところ、ある店が目につく。

    DSC_0336_20150706010726e4d.jpg
    フランスの…寿司屋!

    海外の寿司屋なんてほとんどがはずれみたいなものだけど、とにかくスシが喰いたかったので入店。
    スシはニンジャのみならず我々モータルにとっても実に効率的な優れたエネルギー補給食なのだ!
    c18a54e0-s.jpg

    DSC_0337.jpg
    如何にもそれっぽく日本的にしました的アトモスフィアめいた店内。
    「虚事」や「平事」とか、どういう意図でこれらの言葉が壁に書かれているのか気にしてはいけない…イイネ?
    「事虚」とか「事平」とか言葉として意味を為してないものが混じっていても気にしてはいけない…イイネ?

    DSC_0338_201507060107308fe.jpg
    マグロはいまいちだったけどサーモン、エビは普通に美味しかった。
    あとこのミュールーズが位置するアルザス地方はワイン作りも盛んな場所なので
    アルザスワインの白も一緒に。

    というわけで、本日も終了。

    (#3終わり #4へ続く)
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [鉄な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。