最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

北米大陸半横断の旅その1~バンクーバー編~

  1. 名前: K-01 2016/06/08(水) 01:14:56
    そろそろGWから一か月が過ぎようとしているので、細かいこと覚えてるうちにこの前行った北米大陸の旅の記事を書き始める。
    例によって写真の整理に時間がかかった…

    今回の行程はこんな感じ。

    2016NorthAmerica.jpg
    バンクーバーから入って、Amtrakのカスケード号でシアトルへ、そして同じくエンパイア・ビルダー号で丸2日かけてシカゴへ。
    今までの旅に比べると巡っている都市は少ないけど、列車乗車時間は今までの比にならないくらい長い…

    まあ今回は大陸横断鉄道(厳密には横断してませんけど)に乗るのが一番の目的なので。
    というわけで、2016GW北米大陸半横断の旅、どうぞ。

    ○4月29日(金)
    今回は仙台空港から発着。
    仙台空港からANAで成田へ。

    DSC_2963_R.jpg
    DSC_2964_R.jpg
    17:00発バンクーバー行き。出発が夕方だから仙台からも余裕をもって来れるけど、到着は当日の朝10:00…
    とても…レッドアイです。

    DSC_2965_R.jpg
    搭乗するエア・カナダの飛行機。
    エア・カナダは今回初利用。

    DSC_2966_R.jpg
    ユナイテッド航空「おい、まだかよ」
    GW初日だけあって込み合う滑走路。

    DSC_2967_R.jpg
    そんなわけで8時間後、北米大陸上空に侵入。
    実に3年ぶり。

    DSC_2969_R.jpg
    DSC_2970_R.jpg
    DSC_2972_R.jpg
    バンクーバー上空。

    DSC_2975_R.jpg
    DSC_2976_R.jpg
    バンクーバー国際空港到着。

    DSC_2977_R.jpg
    空港の至る所にトーテムポールめいたオブジェが置いてましたが…何これ?(後に判明)

    DSC_2979_R.jpg
    無事入国検査も終え、中心市街地に向かうスカイトレインの駅へ。
    ちなみに今年の3月からカナダに空路や海路で入国する際、電子渡航認証(eTA)の登録が必要となりました。
    アメリカのESTAと同じように事前にネットで申し込んでおく奴です。登録料は7カナダドル。
    ESTAの14ドルに比べたらまだ良心的な料金ですが、これからこういうのが広がっていくんでしょうね。

    DSC_2981_R.jpg
    国際空港にアクセスしてる割にはこじんまりとしてる駅…
    仙台空港駅の方が大きく見える。

    DSC_2982_R.jpg
    スカイトレイン。バンコクのスカイレールとほとんど同じような感じ。
    車両は韓国の現代ロテム製。

    DSC_2983_R.jpg
    初めはその名の如く高架を走っていたもののすぐに地下に突入。
    こういう初めての場所は電波入らないと不安になるというのに…

    DSC_2984_R.jpg
    というわけで中心部到着。

    DSC_2985_R.jpg
    こちらではトロリーバスも現役。

    「トローリー!」 「オー!」(1回目)

    DSC_3172_R.jpg
    これがバンクーバー滞在中のホテル「Barclay Hotel」
    個室シャワートイレ付きで2泊7,000円!実際安い!
    まあ、値段相応というか音はダダ漏れでしたけどね…夜の3時くらいに白人のおっさんたちの笑い声が響いたり…

    map2012_metrovan01.jpg
    ちなみにバンクーバーの街はこんな感じ。
    紫の点がホテルの場所。

    この地図で言うと2のDのところにあるバンクーバー国際空港から
    青い線のスカイトレインに乗ってダウンタウンまで来たわけです。

    で、ホテルに着いたもののまだチェックイン出来る時間ではなかったので荷物預けて市内へ観光しに行く。
    クッソ眠い…

    DSC_2986_R.jpg
    DSC_2988_R.jpg
    北米らしく整然とした街。

    とりあえずお昼を食べに徘徊。

    DSC_2989_R.jpg
    DSC_2990_R.jpg
    橋だ!海だ!

    フラフラ歩いていたらいつの間にかグランビルアイランド対岸まで来ていた模様。
    先の地図で言うと2Cと3Cの合間辺りにある半分島みたいな場所。
    むかし造船工場とかあったところを再開発して、ショッピングモールやフードコートを作った観光地です。

    グランビルアイランドに行くには目の前の海を渡らないといけないのですが、
    先の写真の通り、橋が高いところにあるのでアレを渡るには入り口まで結構引き返し重点…

    しかしそんなめんどくさいことしなくてもこんな交通手段があるのです↓
    DSC_2993_R.jpg
    DSC_2992_R.jpg
    なんだこの可愛い船!?
    渡し賃は必要ですが、こんなので海を渡ってみるのもまた一興。

    DSC_2997_R.jpg
    フードコート。実際シーフードを初めとして色々な食材が売ってます。

    DSC_2996_R.jpg
    オイスター大好き!

    DSC_2998_R.jpg
    まあ、こんなところで買っても食べようがないので、海外旅行でお約束のSushiを購入。
    Sushiはニポンのモータルにとって貴重な優れたエネルギー補給食なのだ!

    で、買ったのはサーモンとダイナマイトロール。
    サーモンはともかくダイナマイトロールなるものは初めて見たので試しに買ってみた次第。
    味は…ダイナマイトです…

    DSC_2999_R.jpg
    エネルギー補給も終えたところでグランビルアイランドよりほど近い、バンクーバー博物館に行ってみる。
    先の地図で言うと2Cの右端当たり。

    DSC_3000_R.jpg
    この世界忍者戦ジライヤの宇宙忍デモストの頭みたいな形をした建物がバンクーバー博物館。

    DSC_3001_R.jpg
    入り口の前にいたメタル・カニ。

    内部の展示は…まあそれなり。バンクーバーから大陸横断鉄道の開通までの歴史の紹介は少し面白かったけど。

    せっかくなので、今度はさらに西進して、人類学博物館なるところへ行ってみる。
    トリップアドバイザーでもバンクーバー人気観光地で1位だし…

    さすがに徒歩で行くのは遠いので、本旅初のバス利用。

    DSC_3002_R.jpg
    DSC_3003_R.jpg
    バンクーバーのバスは前払い。
    ちょっとビバリーちっくなヒルズっぽいところを延々と走ること30分。

    DSC_3004_R.jpg
    さらに徒歩で10分。

    DSC_3005_R.jpg
    到着。

    DSC_3006_R.jpg
    エントランスからいきなり出迎えるトーテムポールめいたオブジェたち。

    空港にも似たような奴がありましたが、一体なんでバンクーバーにこんなトーテムポールめいたものがたくさんあるのかというと、
    そもそもここがトーテムポール発祥の地だったからとのこと。

    wikiにも書いてますが、北米大陸の太平洋に面した北西沿岸部に住む先住民が作ってきた柱状の木の彫刻がトーテムポール。
    北米大陸の太平洋北西沿岸部というと当然このブリティッシュコロンビア州も入ってるわけです。

    しかしここに来て今さらトーテムポールの起源を知るという…
    世の中のトーテムポールブームから乗り遅れていたわけですね、私は。

    DSC_3007_R.jpgDSC_3008_R.jpgDSC_3017_R.jpg
    DSC_3016_R.jpg
    それにしてもクッソデカいのやらバランスが悪そうなのや色んなトーテムポールがあるものですね。

    DSC_3014_R.jpg
    貝でモータルを押しつぶそうとしているイーグル。コワイ!

    DSC_3015_R.jpg
    先住民らしき人。

    なお、"人類学"博物館だけあって、北米以外の各地の文化についても紹介されています。

    DSC_3010_R.jpg
    ブッダ!

    DSC_3011_R.jpg
    ハーレー!(藁製)

    DSC_3013_R.jpg
    ジャパニーズ・サムライ・アーマー!

    こういう雑多な感じがいかにも北米の博物館っぽい感じですね。
    しかしボリュームはありました。

    続いてこの博物館から歩いてほど近くに「NITOBE GARDEN」なるものがあるので行ってみることに。
    先の地図にも乗ってますね。

    DSC_3018_R.jpg
    ここが入り口。

    NITOBEとはあの一昔前の5千円札に乗ってた新渡戸稲造さん。
    何でこんなところに新渡戸さんの名を冠した庭園があるかというと、氏の死没した地がこのブリティッシュコロンビア州の州都ビクトリアだったから…
    じゃあなんでバンクーバーじゃなくて、ビクトリアに作らなかったんだ…?

    DSC_3020_R.jpg
    まごうことなき新渡戸稲造さん。

    DSC_3024_R.jpg
    DSC_3025_R.jpg
    DSC_3026_R.jpg
    DSC_3027_R.jpg
    DSC_3028_R.jpg
    DSC_3029_R.jpg
    DSC_3030_R.jpg
    DSC_3031_R.jpg
    DSC_3032_R.jpg
    日本から技師を呼び寄せて作っただけあって、なかなか立派な庭園。

    DSC_3021_R.jpg
    DSC_3022_R.jpg
    茶室もある。

    というわけで、本日の観光はここまで。
    またバスでダウンタウンに戻ります。

    DSC_3033_R.jpg
    DSC_3034_R.jpg
    バス停に向かう途中、ブリティッシュコロンビア大学構内を通過。
    いわずと知れたカナダ屈指の超名門大学であります。

    現カナダ首相のジャスティン・トルドー氏の母校でもあります。
    レッツゴージャスティーン!

    DSC_3035_R.jpg
    またもビバリーなヒルズっぽいところを走って…

    DSC_3036_R.jpg
    DSC_3037_R.jpg
    DSC_3039_R.jpg
    先、グランビルアイランドの対岸から見上げてた橋を渡ってダウンタウンにリターン。

    DSC_3043_R.jpg
    今度は北側の海岸沿いに出てみる。
    先の地図のC3の小さな文字で「water front」と書かれてるあたり。

    DSC_3040_R.jpg
    デカい船が停泊中。

    DSC_3044_R.jpg
    DSC_3045_R.jpg
    日本ではあまり見ない水上飛行機もいるでよ。

    DSC_3047_R.jpg
    この付近で見つけたバーで夕食。地ビール頼んだけど名前忘れた。

    DSC_3048_R.jpg
    目の前のモニターでトロント・ブルージェイズの試合が。
    ホモリンこと川崎選手いるかと思ったら、もうこの時点で契約解除されていたんですね。悲しいなぁ…

    DSC_3170_R.jpg
    帰り道、ホテルの近くに日本コンビニ?というかスーパー発見。

    DSC_3169_R.jpg
    こんな風に割高ですが日本の食品が売ってます。
    ホテルでは朝飯が出ないので、ここでカップうどんとかおにぎりとか買い出しして帰還。

    DSC_3171_R.jpg
    先の店で買ったサーモンとスパイシーサーモン。
    どういう違いなんだろうか…?

    続いて二日目。

    昨日は南側を攻めたので、本日は北を攻めてみます。

    というわけで、一日パスを買ってバスに乗車。

    DSC_3049_R.jpg
    DSC_3050_R.jpg
    DSC_3051_R.jpg
    DSC_3052_R.jpg
    DSC_3053_R.jpg
    DSC_3054_R.jpg
    バスを乗り継いで到着したのは、グラウス山ロープウェー乗り場。
    ロープウェー…乗るべし!

    DSC_3055_R.jpg
    なかなか大きい。

    DSC_3059_R.jpg
    おおー!

    DSC_3060_R.jpg
    おー!

    DSC_3063_R.jpg
    お…

    DSC_3064_R.jpg
    ………
    樹が邪魔…

    DSC_3071_R.jpg
    グラウス山頂上に到着。

    DSC_3066_R.jpg
    地図。ご覧の通り、スキー場です。

    DSC_3067_R.jpgDSC_3070_R.jpg
    DSC_3068_R.jpg
    チェンソーアート達。
    このおじさんだったらサイバスターも彫れる…?




    DSC_3069_R.jpg
    5月に入ったばかりなので雪もまだ残る。

    DSC_3073_R.jpg
    DSC_3075_R.jpg
    DSC_3076_R.jpg
    またロープウェイに乗って降る。
    確かにバンクーバーの街は一望できましたけど、結構樹が邪魔でした…

    ロープウェイを降った後は再びバスに乗って山を下る。
    その途中で下車。

    DSC_3079_R.jpg
    バンクーバーの有名な観光地の一つ、キャピラノ吊り橋。
    先の地図のB3の左上あたり。

    吊り橋を初めとして、森の中に様々な遊歩道が敷設された大人向けのアスレチック公園みたいなところです。

    DSC_3082_R.jpg
    DSC_3083_R.jpg
    またもトーテムポール。

    DSC_3084_R.jpg
    そして早速その吊り橋が。

    DSC_3085_R.jpg
    これはなかなかの長さ。

    しかしまず橋は通り過ぎて、最近出来たというクリフウォークなる場所へ。

    DSC_3088_R.jpg
    DSC_3090_R.jpg
    これがクリフウォーク。
    崖の岩盤に杭を打ち込んでそこからこんな風に通路が支えられているというわけです。

    DSC_3089_R.jpg
    下。

    続いて本命の吊り橋。
    DSC_3095_R.jpg
    これが揺れる揺れる。
    人がたくさん渡っていると特に。

    入り口には橋を監視している人がいて
    わざと揺らしているような馬鹿がいると、すぐにスピーカーで注意をするのですが
    それでも揺れる揺れる。

    DSC_3096_R.jpg
    DSC_3097_R.jpg
    DSC_3113_R.jpg
    DSC_3114_R.jpg
    橋からの光景。キヨミズ!

    DSC_3098_R.jpg
    橋を渡った対岸には、樹の上にこんなキャットウォークめいた通路が。
    悔しいけど…こういうの見ると昇りたくなっちゃうんだよな。

    DSC_3100_R.jpg
    DSC_3101_R.jpg
    DSC_3103_R.jpg

    他遊歩道をウロウロ。
    DSC_3104_R.jpg
    DSC_3105_R.jpg
    DSC_3107_R.jpg

    DSC_3108_R.jpg
    DSC_3110_R.jpg
    橋の下をくぐる。
    結構色々配線されてますね。

    DSC_3112_R.jpg
    また吊り橋を渡って入り口に戻る。

    DSC_3115_R.jpg
    当時の資料とか…

    DSC_3116_R.jpg
    またまたバスに乗って

    DSC_3123_R.jpg
    バンクーバーの北岸側のロンズデールに到着。
    地図のB3の右下あたり。
    対岸のウォーターフロントからシーバスが出てます。

    DSC_3120_R.jpg
    DSC_3127_R.jpg
    バンクーバーダウンタウンを望む。
    ちょっとマンハッタンっぽい…マンハッタンっぽくない?

    DSC_3118_R.jpg
    ここで昼食。ピザとコーラ。3.5カナダドル。
    典型的アングロサクソン的ランチ。

    DSC_3124_R.jpg
    ここにも昨日のグランビルアイランドみたいなフードコートがあります。

    DSC_3125_R.jpg
    DSC_3126_R.jpg
    ここからシーバスに乗って対岸まで。

    DSC_3127_R.jpg
    DSC_3130_R.jpg
    やっぱりマンハッタンっぽい…マンハッタンっぽくない?

    DSC_3131_R.jpg
    行きのバスで通っていったライオンズゲートブリッジ。

    DSC_3133_R.jpg
    DSC_3134_R.jpg
    DSC_3135_R.jpg
    DSC_3136_R.jpg
    昨日巨大客船が停泊していた埠頭を横目に対岸に入港。

    このウォーターゲート埠頭からは、スカイトレインのウォーターゲート駅に直接接続できるので
    せっかくバスもシーバスもスカイトレインも乗れる一日パスも持っているので、
    スカイトレイン乗り潰し開始。

    DSC_3138_R.jpg
    スカイトレインは無人運転ですが、なんと運転席のごとく真正面からかぶりつき出来る席が設置されてまして
    誰も座ってないことをいいことに早速搭乗。
    まあ、しばらくは地下ですけど…

    DSC_3140_R.jpg
    地上に出た。

    DSC_3141_R.jpg
    DSC_3142_R.jpg
    DSC_3143_R.jpg
    DSC_3144_R.jpg
    DSC_3145_R.jpg
    DSC_3146_R.jpg
    DSC_3147_R.jpg
    ダウンタウンから郊外へ。

    DSC_3148_R.jpg
    DSC_3149_R.jpg
    終点のキングフォード駅に到着。
    先の地図のE6の真ん中上あたり。

    DSC_3150_R.jpg
    DSC_3151_R.jpg
    近くにショッピングモールがあったので潜入。

    DSC_3156_R.jpg
    これは…如何にもゾンビが溢れかえりそうなモールですね。

    DSC_3153_R.jpgDSC_3155_R.jpg
    タートルズは未だ現役。
    こっちではパワーレンジャー・ダイノチャージ(キョウリュウジャー)やってるんですね。

    DSC_3160_R.jpg
    帰りは別ルートで。

    DSC_3157_R.jpg
    あの下の橋、可動橋ですかね。

    ダウンタウンに到着。
    夕飯を探しに街をフラフラ。

    DSC_3165_R.jpg
    サイエンスワールド。

    DSC_3166_R.jpg
    バンクーバーのフットボールチーム、BCライオンズのBCプレイススタジアム。

    DSC_3162_R.jpg
    DSC_3163_R.jpg
    ゴ、ゴウランガ!
    ネオサイタマではお馴染みの巨大バイオスズメがバンクーバーにいたとは…

    というわけで、近くで見つけたシーフードバーに入店。

    DSC_3167_R.jpg
    店員「ふふふ、オイスター好きかい?」
    私「うん、大好きSA!」

    生牡蠣とカキフライを地ビールと一緒に食べてバンクーバーの晩餐は終了。

    DSC_3168_R.jpg
    ホテルへの帰り道で見つけた讃岐うどんや。
    色々海外の都市を見てきたけど、讃岐うどん屋は初めて見た…

    さて、明日はバンクーバーを発って、アメリカに入国。
    ワシントン州はシアトルに向かいます。

    …やっぱり鉄分が少ないとテンションが上がらないなぁ。
    スカイトレインではちょっと不十分。
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。