FC2ブログ

最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~

  1. 名前: K-01 2016/10/06(木) 00:03:05
    前回から大分空いてしまった…
    すまん…すまん…

    ○平成28年5月2日(月)

    さて,シアトルを定刻どおりに出発したエンパイア・ビルダー号。
    まずは駅を北進,昨日カスケード号で通ってきた線を通っていきます。

    s-DSC_3446.jpg
    s-DSC_3447.jpg
    s-DSC_3449.jpg
    西日の海岸沿いを悠然と走っていく列車。

    s-DSC_3451.jpg
    s-DSC_3459.jpg
    その間に荷物の整理して、くつろぎスペース確保。

    s-DSC_3458.jpg
    s-DSC_3460.jpg
    s-DSC_3461.jpg
    またまたエバレット。ようやくここからカスケード号が通ってきた線路から分かれて内陸部へ。

    s-DSC_3462.jpg
    馬ー

    ここいらでシャワールームへ。

    s-DSC_3463.jpg
    ここが共用シャワールーム。
    各車両に1つずつ設置されてます。

    s-DSC_3464.jpg
    タオルはここに山積みになっているのを自由に使っていいのです。
    お湯の出もまず上々。

    s-DSC_3470.jpg
    s-DSC_3471.jpg
    s-DSC_3475.jpg
    部屋に戻ったら,山岳地帯に入ってました。
    もうロッキー越えかと思っていたら,ここはまだまだその手前のベイカー=スノコルミー国立森林公園。

    s-DSC_3476.jpg
    山岳地帯合間の集落。
    林業とかで生計立ててるんですかねぇ。

    s-DSC_3478.jpg
    貨物列車とすれ違い。
    これから飽きるほど見ることになります。

    s-DSC_3482.jpg
    川。

    s-DSC_3485.jpg
    s-DSC_3486.jpg
    s-DSC_3487.jpg
    先より大きな集落。

    s-DSC_3488.jpgs-DSC_3490.jpgs-DSC_3492.jpg
    山間部をグネグネと走るエンパイア・ビルダー号。
    窓に電気コードが移り込んでしまう…

    s-DSC_3501.jpg
    ここもまた実にアメリカンな光景。

    s-DSC_3516.jpg
    夕食。

    寝台車利用客は飯代も込みになっているので、
    3食追加料金なしで食堂車で食えます。

    朝、昼は時間内の好きな時に。
    夜はあらかじめ時間を聞きに来るので、その時間に行けばいいのです。
    で、次の夜にちょっとしたトラブルがあったのですが…

    s-DSC_3518.jpg
    というわけで、暗くなってきたので就寝。

    ○平成28年5月3日(火)
    人生初ずっと列車に乗っている日。

    s-DSC_3519.jpg
    s-DSC_3525.jpg
    目が覚めたらそこは高原っぽいところ…
    GoogleMapで確認すると既にロッキー山脈に突入している模様です。

    s-DSC_3526.jpg
    s-DSC_3528.jpg
    s-DSC_3530.jpg
    「ロッキー山脈に昇る…朝陽です 百万円!クイズハンターハンターチャンスワン!」

    hunterchanceone.jpg

    このエンパイアビルダー号の最大のハイライト『グレイシャー国立公園』ははもうすぐ。

    s-DSC_3535.jpg
    貨物列車とすれ違い。

    s-DSC_3538.jpg
    朝食喰ってる間に到着したウェスト・グレイシャー駅。ここからいよいよグレイシャー国立公園。

    s-DSC_3545.jpg
    s-DSC_3549.jpg
    s-DSC_3550.jpg
    s-DSC_3551.jpg
    それっぽくなってきました。

    s-DSC_3561.jpg
    貨物列車を追い越し。

    そういえばいつの間にかこのエンパイア・ビルダー号。
    ポートランド側から出てきた編成と連結してますね。

    s-DSC_3563.jpg
    牽引機のジェネシスも重連になってるし。

    s-DSC_3565.jpg
    途中の山中の駅に停車。
    ホームから完全にはみ出てるのはいつものことです。

    s-DSC_3567.jpg
    迎えの車に乗り換える客。
    どうでもいいですがあの赤いシャツのおっさん、昨日食堂車で相席になったカナダ人ですね…

    s-DSC_3568.jpg
    こんなコテージみたいなのが沿線にチラホラ。

    s-DSC_3577.jpgs-DSC_3587.jpg

    なんか自分の部屋とは反対側の方の方が景色が良さげになってきたので、廊下に出て撮影開始。

    s-DSC_3615.jpg
    各寝台車両の廊下に設置されているコーヒーメーカー。

    s-DSC_3588.jpg
    そして飲み放題のオレンジジュース。
    遠慮なくいただきながら,グレイシャー国立公園を撮りまくる。

    s-DSC_3592.jpg
    s-DSC_3595.jpg
    s-DSC_3596.jpg
    この辺りからグレイシャー国立公園のハイライト。

    s-DSC_3597.jpgs-DSC_3598.jpg
    ゆったりとカーブしながら進んでいくエンパイア・ビルダー号。

    s-DSC_3600.jpg
    s-DSC_3601.jpg
    s-DSC_3603.jpg
    s-DSC_3606.jpg

    s-DSC_3607.jpg
    保線のおっちゃんたち。
    アメリカみたいな広大な路線の保線とか大変そう…

    s-DSC_3608.jpg
    s-DSC_3609.jpg
    s-DSC_3610.jpg
    s-DSC_3612.jpg
    s-DSC_3614.jpg
    雄大としか言いようがない景色。

    s-DSC_3618.jpg
    分岐線。一体何処に行くんですかね?

    s-DSC_3620.jpg
    なんか落ちてきてますね。

    s-DSC_3622.jpg
    s-DSC_3624.jpg
    s-DSC_3628.jpg
    s-DSC_3631.jpg
    s-DSC_3634.jpg
    s-DSC_3639.jpg
    s-DSC_3640.jpg
    s-DSC_3642.jpg
    s-DSC_3646.jpg
    s-DSC_3647.jpg
    s-DSC_3648.jpg
    そろそろ平坦部まで降りてきました。ロッキー山脈横断完了。

    s-DSC_3651.jpg
    荒野の街っぽい…街っぽくない?

    s-DSC_3656.jpg
    s-DSC_3657.jpg
    s-DSC_3661.jpg
    s-DSC_3662.jpg
    s-DSC_3664.jpg
    s-DSC_3665.jpg
    ここら辺りからグレートプレーンズ。
    後ろにロッキーの山々が遠ざかっていきます。

    s-DSC_3669.jpg
    s-DSC_3671.jpg
    s-DSC_3673.jpg
    s-DSC_3674.jpg
    s-DSC_3676.jpg
    s-DSC_3677.jpg
    s-DSC_3678.jpg
    見渡す限り荒野。

    s-DSC_3680.jpg
    s-DSC_3681.jpg
    s-DSC_3682.jpg
    憐れ、たった一日一本の旅客列車の踏切待ちに捕まってしまった車。

    s-DSC_3683.jpg
    モンタナ州の片田舎街シェルビーに到着。
    少し停車時間があったので,ここでシアトルから乗車以来,およそ十数時間ぶりに降りてみる。

    s-DSC_3688.jpg
    s-DSC_3689.jpg
    牽引機のジェネシス。重量感あるよな。

    s-DSC_3692.jpg
    Amtrakのロゴマーク。

    およそ15分ほど停車した後,再び出発。

    景色も単調になってきたので車内探検に行ってみる。

    s-DSC_3694.jpg
    座席車。
    前も書きましたが,これに乗れば寝台車よりも遥かに安上がりにシカゴまで行くことは出来ます。
    48時間座席車に耐えれれば…の話ですが。

    案の定,大泉さんやミスターみたいな顔をした乗客がゴロゴロいました。

    nerenai.jpg

    s-DSC_3730.jpg
    ラウンジカー。

    s-DSC_3857.jpg
    この階下には売店が。
    座席客はレストランで食う以外にここで軽食を買って済ますことも出来るわけです。

    s-DSC_3714.jpg
    そして食堂車。
    4人掛けテーブルに来た人からどんどん詰め込んでいきます。
    つまり相席不可避。

    s-DSC_3695.jpg
    またラウンジカーに戻って。しばらくここで外の景色を眺める。

    s-DSC_3696.jpg
    s-DSC_3698.jpg
    s-DSC_3703.jpg
    s-DSC_3706.jpg
    s-DSC_3707.jpg
    全然変わり映えしねぇ…戦場は荒野。

    s-DSC_3705.jpg
    s-DSC_3711.jpg
    s-DSC_3712.jpg
    もう貨物列車との交換も見飽きた。

    というわけで,景色はよそにスマホにDLしてきた忍殺と俺ツイを読みながら時間消化。

    s-DSC_3718.jpg
    s-DSC_3720.jpg
    お昼。
    体を全く動かしていないのでサラダとプリンだけ。
    見た目通り不味いプリンでした。

    s-DSC_3723.jpg
    s-DSC_3726.jpg
    s-DSC_3731.jpg
    s-DSC_3732.jpg
    再びグレートプレーンズ。

    s-DSC_3733.jpg
    s-DSC_3735.jpg
    s-DSC_3736.jpg
    さっきからあんな風にループ状の線路に貨物車が並んでいる光景を見るのです。
    サイロから飼料を入れる線路に,わざわざこんな無駄に敷地を使う辺りさすがアメリカ。

    s-DSC_3738.jpg
    s-DSC_3737.jpg
    s-DSC_3739.jpg
    s-DSC_3740.jpg
    s-DSC_3741.jpg
    ワゴ~ンマスタ~いそげよ幌馬車~

    DLしてきた忍殺も俺ツイも読破してしまったので,
    自分の部屋に戻って夕食の時間まで就寝。

    私が予約した時間は18時…

    半分夢心地の中で、一回アナウンスが「18時に予約した人,食堂車に来て」と言ったような気がするのですが
    時計を見てまだ17時だったので,しばらくベッドで横になっていた時…

    ふと,水曜どうでしょうのアメリカ横断で東進すればするほど、
    時差で残された時間が短くなっていって焦る一行を何故か思い出した私。

    「あ、時差だ!」

    思わず叫んで慌てて食堂車へ。

    america_jisa.jpg
    この図で言うと、「MOUNTAIN TIME ZONE」から「CENTRAL TIME ZONE」に既に突入していたということです。

    1時間遅刻してしまい,食堂車のおばちゃんから怒られてしまいました。

    「ちゃんと時計合わせておかなかったの!?」
    「すまぬ…すまぬ…」

    s-DSC_3749.jpg
    ともかく夕食。

    s-DSC_3751.jpg
    沈む夕日。
    初めての海外だったオーストラリアもそうだったけど,大陸系は夕陽と朝陽は本当にきれい。

    s-DSC_3754.jpg
    というわけでおやすみ。

    ○平成28年5月4日(水)
    朝起きたらまもなくミネソタ州最大の街,ミネアポリス近郊。

    s-DSC_3755.jpg
    「ミネアポリスに昇る…朝陽です 百万円!クイズハンターハンターチャンスワン!」

    hunterchanceone.jpg

    s-DSC_3758.jpg
    s-DSC_3759.jpg
    ミネアポリス到着。

    さて,シカゴまであと半日。

    s-DSC_3766.jpg
    川。
    何の川?と思っていたら,アナウンスでミシシッピ川との案内。

    メキシコ湾にそそぐあの川が既にこんなところから流れているんですね。
    どうでもいいですがミシシッピ川といえば,ミシシッピ殺人事件。

    ua.jpg

    s-DSC_3772.jpg
    デカい(確信)

    s-DSC_3798.jpg
    コンボイもデカい。

    s-DSC_3776.jpg
    s-DSC_3786.jpg
    s-DSC_3787.jpg
    s-DSC_3791.jpg
    s-DSC_3794.jpg
    s-DSC_3795.jpg
    昨日は途中からずっと荒野で飽きてましたが,
    今日は川沿いを長時間走っていてなかなか好。

    s-DSC_3796.jpg
    タグボートを押していく船。

    s-DSC_3802.jpg
    s-DSC_3803.jpg
    s-DSC_3805.jpg
    s-DSC_3815.jpg
    s-DSC_3816.jpg
    s-DSC_3817.jpg
    s-DSC_3818.jpg
    s-DSC_3822.jpg
    s-DSC_3823.jpg
    s-DSC_3824.jpg
    水門。

    s-DSC_3827.jpg
    ミシシッピ川沿いの街,ウィノナに到着。青々としたいい感じの駅。

    s-DSC_3832.jpg
    s-DSC_3833.jpg
    停車時間が少しあったので,また十数時間ぶりに下車。

    s-DSC_3834.jpg
    s-DSC_3835.jpg
    s-DSC_3836.jpg
    またしばらくミシシッピ川沿いを行く。

    s-DSC_3839.jpg
    s-DSC_3842.jpg
    s-DSC_3845.jpg
    このまま川を降っていくのかと思いきや,ここで川を横断。
    ミシシッピ川から離れて内陸部へ。

    s-DSC_3847.jpg
    s-DSC_3848.jpg
    もはや見飽きるくらい見た貨物列車。
    でも赤いのは初めて。

    s-DSC_3853.jpg
    最後の昼食。

    s-DSC_3852.jpg
    s-DSC_3855.jpg
    s-DSC_3856.jpg
    なんか曇ってきました…
    今回の旅行、バンクーバーについてから快晴続きだったのですが、
    もはやこれまで?

    s-DSC_3859.jpg
    s-DSC_3860.jpg
    シカゴより一つ手前のミルウォーキー到着。
    いよいよ次は終点のシカゴ。

    s-DSC_3864.jpg
    ラストスパート。

    s-DSC_3869.jpg
    通路に貼ってあった路線図。
    カナダとの国境線に近い一番上の赤い線をずっと辿ってきたわけですね。

    s-DSC_3874.jpg
    向こうに何やら高層建築群が見えてきました。あれが…シカゴ?

    s-DSC_3878.jpg
    s-DSC_3880.jpg
    s-DSC_3881.jpg
    シカゴ近郊で運行している鉄道事業者Metraの車庫。
    いよいよシカゴ感が出てまいりました。

    s-DSC_3886.jpg
    あの一際高い高層ビルはかつて高さ世界一だったこともあるウィリスタワー(442m)。

    s-DSC_3890.jpg
    シカゴ市街地に突入。

    s-DSC_3893.jpg
    そして…シアトル・キングストリート駅から48時間,ついにシカゴ・ユニオン駅に到着。
    疲れた…

    s-DSC_3896.jpg
    地下駅です。

    s-DSC_3897.jpgs-DSC_3899.jpg
    地上に出ると、さっき列車の中からもよく見えたウィリス・タワーが目の前に。

    s-DSC_3898.jpg
    あの川のすぐ横にあるのがユニオン駅。
    川が増水したら、すぐ冠水しそうなんですが…

    っていうかサムゥイ!
    日も照っていない上に、もともとミシガン湖からの風がよく吹く街だからサムゥイ!
    短パンと半袖シャツではちょいとキツい…

    というわけで,まずは寒さをしのぐべく今宵の宿目指しそそくさと駅から撤収するのでした。

    次回,最終章シカゴ編なのです。
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。