FC2ブログ

最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編)

  1. 名前: K-01 2017/06/17(土) 18:09:00
    最終章です。

    〇2月8日
    今日は南島最南端を経由しつつ、ダニーデンという街を目指します。

    DSC_6095s.jpg
    ホントにこっちの道は気持ちいい。

    DSC_6099s.jpgDSC_6101s.jpgDSC_6102s.jpg 
    羊羊羊…

    DSC_6100s.jpg 
    羊!
    今日は人生で一番羊を見る日になりそうです。

    DSC_6103s.jpg 
    それにしてもいい天気です。

    DSC_6106s.jpgDSC_6107s.jpg
    こっちに気づいてすぐ遠ざかっていく羊たち。
    ぼっちにしないでー

    DSC_6108s.jpg 
    それにしても実にいい天気です。

    DSC_6110s.jpgDSC_6113s.jpg 
    ホントにトロけそうなほど長閑です。

    DSC_6120s.jpg 
    スロープポイント、この先がニュージーランド南島最南端です。

    DSC_6121s.jpg 
    牧場の中を延々と歩いていきます。

    DSC_6123s.jpgDSC_6124s.jpg
    南米にいなければ世界最南端の羊たち。

    DSC_6125s.jpg 
    もう少しです。

    DSC_6126s.jpg 
    到着。

    DSC_6129s.jpg 
    最南端とは言ってもこの看板が立っているだけ。

    ちなみにNZ最南端はここではなく、スチュワート島という島です。

    DSC_6127s.jpg 
    運が良ければペンギンが見れるそうですが、今日は不在のようで…

    DSC_6128s.jpgDSC_6130s.jpg
    南極見れるかなーとか思いましたが、ここから4800kmも離れていては見れる訳もありません。

    DSC_6131s.jpgDSC_6132s.jpg
    この荒涼感が実に素晴らしい。

    DSC_6133s.jpg 
    ポツーンと立ったこの錆びた灯台よ。

    DSC_6138s.jpgDSC_6139s.jpg
    また羊たちの間を通り抜けて戻っていきます。

    DSC_6142s.jpgDSC_6146s.jpgDSC_6147s.jpg
    あー長閑ですねー

    DSC_6150s.jpg
    イルカに触れないでね。

    DSC_6151s.jpg
    サーファーたちが喜びそうな海岸。

    DSC_6152s.jpgDSC_6153s.jpg
    この辺りも運が良ければペンギンが見られるそうですが生憎留守のようです。

    DSC_6157y.jpg 
    ん?あそこにチョビチョビいる豆みたいなのは…?

    KemonoF.jpg 
    ketsudekaP.jpg
    前期の2大覇権アニメ(大嘘)にも登場した彼らですね。
    一応この目で見ることが出来ました。

    DSC_6155s.jpg 
    また海岸ギリギリまで羊がいますね。

    DSC_6164s.jpg 
    どこも風光明媚過ぎて、徐々に飽きてきます。

    DSC_6169s.jpg 
    ナビ通り進んでいたら、こんな道まで通らされる。

    DSC_6170s.jpg 
    SUV車で良かった。

    DSC_6199s.jpgDSC_6177s.jpg 
    ナゲット岬といういい感じの灯台があるというので降りてそこまで行ってみる。

    DSC_6179s.jpg 
    あれですか。

    DSC_6180s.jpg 
    確かにこれは良さげな灯台。

    ふと道の途中で通行人が崖の下を指しながらザワザワしているので
    私もそちらを見てみたら…

     DSC_6182s.jpg
    なんか岩盤の上でまた豆のようなものがモゾモゾしてますね。

    DSC_6181y.jpg 
    もしかしてこれは…

    Robimama.jpg 
    ロビ!ロビじゃないか!

    DSC_6185s.jpg DSC_6188s.jpg

    DSC_6190s.jpg
    到着。

    DSC_6191s.jpg 
    ナゲット岬。あの先端の岩がナゲットに見えなくも…なくもない。

    さて、今宵の最終目的地ダニーデンを目指します。

    DSC_6202s.jpg 
    もう十分堪能しました。

    DSC_6208s.jpg 
    ダニーデン市街地に突入。

    DSC_6211s.jpg
    今宵の宿「Law Courts Hotel」
    今回の宿で一番安いけど、一番満足したホテルでした。

    DSC_6225s.jpgDSC_6227s.jpg
    ダニーデンはクライストチャーチと違って、
    スコットランド系の移住者の街らしく、こんな感じの古めかしい建物が目立ちます。

    DSC_6213s.jpg
    ホテルからほど近くにダニーデン駅。

    DSC_6214s.jpgDSC_6217s.jpgDSC_6218s.jpg
    定期旅客用としては使われてはいない駅ですが、タイエリ鉄道という観光列車がここから出ているので駅舎は立派です。

    DSC_6230s.jpg 
    また怪しげな日本料理店…
    こういうネオサイタマちっくな装飾をしてる店ほどオーナーは日本人じゃない。

    DSC_6224s.jpg 
    さすがに2連続でこういう店に入るのはどうかということで、
    今日はホテル近くの海鮮レストランでホタテのホワイトソース煮を喰う。

    DSC_6231s.jpg 
    さらにテイクアウトでつまみを買ってホテルで喰う。
    オレンジラフィーとかいう日本では聞いたこともない魚のフライ。美味しかったですけど。
    ワインは近くのスーパー…
    DSC_6235s.jpg 
    この「COUNT DOWN」で買ったミニワイン。
    ニュージーランドを旅してる間、至る所で見ました。

    DSC_6238s.jpg 
    夜のダニーデン駅。
    それではおやすみなさい。

    〇2月9日
    今日はこのダニーデン駅から、タイエリ渓谷鉄道に乗車します。

    DSC_6242s.jpg 
    朝!

    DSC_6244s.jpg 
    停車中の列車。

    DSC_6246s.jpgDSC_6245s.jpgDSC_6250s.jpg
    三菱製ディーゼル機関車。

    DSC_6252s.jpg 
    横を貨物列車が通過。

    DSC_6243s.jpg 
    座席。ノーザン・エクスプローラーよりは狭いです。

    タイエリ渓谷鉄道は一度廃線になった路線を復活させて、自治体や議会が中心になって観光列車を走らせている保存鉄道の一つです。

    発車。

    DSC_6254s.jpg 
    車庫。

    DSC_6256s.jpg 
    競馬場?

    DSC_6261s.jpg 
    デッキから。

    DSC_6263s.jpg 
    徐々に町を離れて…

    DSC_6269s.jpgDSC_6274s.jpgDSC_6276s.jpg
    山の中へ。

    DSC_6278s.jpg 
    途中に駅はあるんですが、誰も降りる気配はありません。
    というかこんな一日2,3本の観光列車の路線で途中で降りてどうすんだという…

    DSC_6289s.jpgDSC_6292s.jpgDSC_6295s.jpg
    川沿いをグネグネ。
    なんか予土線みたい…

    DSC_6296s.jpg 
    また駅。

    DSC_6297s.jpgDSC_6303s.jpgDSC_6306s.jpg
    徐々に渓谷めいてきました。

    DSC_6308s.jpgDSC_6309s.jpgDSC_6311s.jpg

    DSC_6310s.jpg
    こう川を渡っているときって下を撮りたくなりません?

    DSC_6315s.jpgDSC_6318s.jpgDSC_6321s.jpg

    DSC_6326s.jpgDSC_6329s.jpgDSC_6335s.jpg
    なんか似たようなアングルばかりですが、座った席がちょうどいいポジションだったので…

    DSC_6348s.jpgDSC_6349s.jpg
    渓谷を抜けて高原地帯へ。

    DSC_6350s.jpg
    対向列車とすれちがい。

    DSC_6355s.jpg 
    多分あの観光バスでやってきた客が乗り込んだ列車だと思います。

    DSC_6356s.jpgDSC_6357s.jpgDSC_6358s.jpg
    終点のプケランギ駅に到着。
    列車はさらに奥地のミドルマーチというところまで運行もしているのですが時期限定なので今回は辿りつけず。
    まあ、ここまでで十分車窓は堪能できましたが。

    DSC_6359s.jpgDSC_6361s.jpgDSC_6362s.jpg
    DSC_6363s.jpgDSC_6364s.jpgDSC_6368s.jpg
    機関車の付け替え中。

    DSC_6370s.jpgDSC_6371s.jpg
    停車中、駅付近を徘徊する乗客たち。
    出店も数軒出店してました。

    DSC_6369s.jpg
    しかし周りは基本的にこんな荒野。

    DSC_6375s.jpgDSC_6376s.jpg
    待ち合わせ小屋の中。

    DSC_6373s.jpg 
    約30分の停車後、ダニーデン目指して出発。

    DSC_6377s.jpgDSC_6378s.jpg
    列車が離れていくと同時に即座に店じまいを始める出店。
    この辺りに住んでいるんですかね?

    DSC_6380s.jpgDSC_6383s.jpgDSC_6387s.jpg
    来た線路をリターン。

    DSC_6392s.jpgDSC_6395s.jpg

    DSC_6396s.jpg 
    なんか下に狼みたいなのがいました。

    DSC_6403s.jpg 
    え?ここ駅?

    DSC_6397s.jpgDSC_6401s.jpgDSC_6405s.jpg

    DSC_6410s.jpgDSC_6413s.jpgDSC_6414s.jpg

    DSC_6416s.jpg
    え?ここも駅?

    DSC_6419s.jpgDSC_6420s.jpg
    なんか見覚えのある植樹の山。

     DSC_6422s.jpg
    平野部に戻ってきました。

    DSC_6425s.jpg
    斜面を下って…

    DSC_6426s.jpg 
    新種の生物?と思ったら、毛を剃られた羊でした。

    DSC_6427s.jpg 
    散々見慣れたNZの光景。

    DSC_6428s.jpg 
    見覚えのある競馬場?

    DSC_6430s.jpgDSC_6432s.jpgDSC_6433s.jpg
    ダニーデン市街地に突入。

    DSC_6435s.jpg 
    到着。

    DSC_6437s.jpg 
    いやー、今回全体的に鉄分が少ない中、なかなかいい補給が出来ました。

    DSC_6439s.jpgDSC_6440s.jpg
    ダニーデン駅近くに状態保存されてた蒸気機関車。

    ダニーデンを離れる前に少し街を散策。

    DSC_6443s.jpg 
    リヴァイアサンホテル?
    中二病心をくすぐるホテルですね。

    なんだか街中で目立つ尖塔があったので
    そちらの方へ行ってみると…

     DSC_6453s.jpg
    案の定教会でした。

    DSC_6449s.jpg DSC_6451s.jpg
    オタゴ・ファースト教会。

    DSC_6452s.jpg
    ステンドグラス。

    ここから駐車場に置いていたレンタカーに乗ってクライストチャーチに帰ります…が、その前に。

    DSC_6454s.jpg 
    今回最後の目的地、ボールドウィン・ストリート。

    一体この通りが何かといいますと…

    DSC_6455s.jpgDSC_6457s.jpg 
    よくTVでも取り上げられてた世界一急な坂です。
    ダニーデン市街地から車で10分くらいのところにあります。

    DSC_6459s.jpg 
    脇の家もご覧の通り。

    DSC_6460s.jpg DSC_6472s.jpg
    なんか樹も電柱もおかしい…

    DSC_6469s.jpg 
    車もこんなんです。

    DSC_6462s.jpg 
    ザ・スティーペスト・ストリート(直球)

    DSC_6463s.jpg 
    徒歩でなんとか昇って…

    DSC_6464s.jpg 
    頂上に到着。

    DSC_6465s.jpg 
    坂はここで終わりというわけではなく、90度に折れてまだ続きます。

    DSC_6467s.jpgDSC_6471s.jpg
    今度は下り。こんな急な坂だからホント危ないです。

    DSC_6477s.jpg 
    下に着きました。ホントなんて坂だ…

    DSC_6478s.jpg 
    そもそもこんな急な坂が出来たのは、当時ここに街をつくる時に地形のことを考えずただ直線に道路を引いてしまったから。
    チャールズ・ケトルという設計士が悪いみたいです。
    ボールドウィンさんが悪いわけではないです。

    Gaerio.jpg 
    ※この人はボードウィンさんです。

    DSC_6484s.jpg
    さて、いよいよクライストチャーチに帰ります。

    DSC_6496s.jpg 
    途中、ようやく走行中の貨物列車に遭遇しました。
    旅客は衰退しても貨物は盛況だそうです。

    DSC_6500s.jpg 
    無事クライストチャーチ空港に到着、車を返却。 

    DSC_6499s.jpg 
    3日間おつかれさまでした。
    なお、このホールデンというメーカー、オーストラリアの自動車メーカーらしいです。
    初めての外車がBMWとかアウディとかプジョーではなくホールデン…

    DSC_6501s.jpg 
    最後のホテル、空港近くの「JUCY Snooze Christchurch」

    DSC_6502s.jpg 
    夕食はもう面倒だったので近くのマクドで買ってきた奴。

    それではおやすみ。

    〇2月10日
    おはようございます。朝5:00です。

    DSC_6503s.jpgDSC_6504s.jpg
    早朝のクライストチャーチ空港。

    DSC_6506s.jpg 
    オークランド行き。

    DSC_6509s.jpg 
    到着。

    DSC_6510s.jpg 
    国際線ターミナルへ。

    DSC_6524s.jpg 
    関空行きは10:30分発。

    DSC_6511s.jpgDSC_6514s.jpgDSC_6518s.jpg
    出発するまで離発着する飛行機を眺める。
    この手前のキャセイ・パシフィックの機種が分からなかったけど、後で調べてみたらこれがエアバス社の新型機A350XWBだったんですね。

    DSC_6515s.jpgDSC_6516s.jpgDSC_6523s.jpg
    あの黒い模様好きですね。
    あとニュージーランド航空の模様はマオリ族の伝統模様をモチーフにしていることを初めて知りました。

    DSC_6531s.jpg 
    またあのふざけた安全ビデオを見て離陸。

    DSC_6532s.jpg 
    さらばNZ!

    DSC_6533s.jpg 
    10時間後、無事に関空に着きました。

    というわけで、ニュージーランド旅行終了です。
    とにかく羊だらけの国だった…

    今回初めてレンタカーを利用しましたが、まずは無事に行程を終えることが出来て何より。
    ニュージーランドは日本と同じ左側通行で、交通量も全然少ないので海外レンタカー初心者向けの国だと思います。
    鉄道では行けないようなロケーションにも行けて、いつもと違う旅が楽しめました。
    というか、そもそもこの国は公共交通手段だけじゃ観光は無理です。

    一方で鉄道は、行く前に地震で路線が不通になったり、行ってる最中に山火事で運航休止になったりと何かとついていない旅になってしまいました。

    これはまたリベンジしろということなのでしょうか?

    さて、次はスペイン&ポルトガルの記事だ…
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [未分類]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。