最新の記事

KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島後編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(南島前編) (06/17)  KIA ORA!ニュージーランド紀行(北島編) (06/17)  北米大陸半横断の旅その4~シカゴ編~ (10/08)  北米大陸半横断の旅その3~エンパイア・ビルダー号編~ (10/06) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: K-01 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

北海道周遊紀行その1「日本のエネルギー事情」

  1. 名前: K-01 2007/09/20(木) 06:35:32
    俺、放置しすぎサーセンwwwwww
    なんかネタ自体は日々思い浮かぶんだけど、いざ書くとなるとなかなか気力が出ない。

    だが先週の連休で北海道に行ってきたので旅行記書いてやる。


    ●0日目

    13日、会社終わって寮に帰ってから色々身支度してS市行きのバスに乗車。
    S駅から寝台特急「北斗星」にて出発。
    北斗星は最近リニューアルされたってきいたけど、B寝台なんか臭かったぞwww
    まあ横になれれば基本どこでも寝られるが…
    というわけで青函トンネルに入ったことも気づかず北海道上陸。

    ●1日目
    9時過ぎ札幌到着。
    今回の旅行はかの青森旅行でもお馴染み、我が盟友F氏(北海道在住)と共に彼のテリトリーを巡るのが目的。
    というわけで札幌駅で合流していつも通りレンタカーを借りて西へ。

    で、いつもレンタカーは俺が運転してたけど、今回は色々あってF氏が運転。

    「先生!左!左にトンネルの壁が!」
    「先生!右!右にバスが!」
    「先s(ry」

    なんとエキサイティングな…(´д`;)

    小樽を抜けて積丹半島の入り口、余市にて昼食。
    彼の行きつけの食堂で、いくら丼&イカの切り身を食す…

    びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛!!!!(1hit)


    食事の後は積丹半島沿いに運転。
    かつてトンネルが掘られるまで(アッー!)本当に陸の孤島だった集落や
    日本海の荒波に削られて出来たであろう奇岩(下図参照)を通過。
    チ○コ岩1

    そして辿り着いたのは「神威岬」、つまりはゴッド岬(危ない)
    カムイ岬1
    カムイ岬2

    岬の先で「GODMAN!」とでも叫びたかったのですが、
    普通に観光客でごった返していて「危ない」ので自重。

    引き続き積丹半島の西側を疾走。
    するといきなり市役所とか小学校とか消防署など公共施設が妙に大きくて綺麗な村に突入。
    これはまさか…
    とまりん館1

    出ました!北海道電力最大の企業秘密!
    先の一連の公共施設もいわゆる原発マ(ry

    とりあえず前の青森の時みたく(HP旅行記参照)PRセンター見学。

    F氏「こんな壁で本当に大丈夫なんか?」
    K氏「だからよく漏れてニュースになってるじゃん」
    F氏「素晴らしいご指摘ですw」

    まあこんなこと言ってますが、私自身は原発推進政策については賛成なのですよ。
    だってこんなほとんど何の資源も取れない島国にとっちゃ、かなり重要なエネルギー源だし。

    しかし日本人ってのはいくら「安全」であっても、
    それがイコール「安心」にはすぐに結びつかない人種だから、なかなか理解も得られないもので…

    色々思うところはありますがそれはまた別のお話。
    あ、でも過剰報道しか能が無い日本のマス塵はまず死んだほうがいいと思います。

      _, ,_  しょおー
    ( ◎д◎)
      ⊂彡☆))Д´)


    ここで積丹半島も一周して再び小樽へ帰還。
    小樽で車返して列車にて札幌へ。
    夕飯は回転寿司。回転寿司とはいえここは北海道なのでいわずもがな。

    びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛!!!!(2hit)

    その後スーパー銭湯で疲れを癒し、今日もこれで就寝…
    「何勘違いしてんだ。俺のバトルフェイズはまだ終了していないぜ
    ドロー!モンスターカード(特急券)!」

    テラ利尻
    テラ183

    ええ、いまから稚内行きますが何か?

    というわけで、次回稚内編「北の大地に死の風は吹くか?」
    期待しなくても待て!
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(1) [旅な話]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  • (日本の文化を学ぶ。) 2007/09/29(土) 19:49:02
    銭湯(兵庫県高砂市)銭湯(せんとう)は料金を支払って入浴できるようにした施設。公衆浴場の一種。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。